教旻僧都の墓

教旻僧都の墓

教旻僧都の墓(きょうびんそうずのはか)

教旻僧都(きょうびんそうず)の墓はお墓を動かそうとすると事故が起きる不思議なお墓です

教旻僧都(きょうびんそうず)の墓はお墓を動かそうとすると事故が起きる不思議なお墓です

日光東照宮新社務所のすぐそばに勝道上人十大弟子のひとり、教旻僧都(きょうびんそうず)のお墓があります。ガイドさんがいてくれないと通り過ぎてしまう場所ですが不思議な場所です。お墓を動かそうとすると人が死んだり、災難が起こったりするそうです。不思議ですよね!今ではお墓はそのままにしています。

不思議 な現象

教旻僧都(きょうびんそうず)は日光開山の祖、勝道上人を一緒に日光に入り、大谷川で蛇の橋を渡った弟子の一人です。そのお墓を動かそうとすると、きまって人が死んだりして災難が起こるのです。最初は偶然かとも思いましたが、何度も同じような 不思議 な現象が起こるので動かさずにこの場所においてあります。

不思議 な現象が起こる理由

なぜ、教旻僧都はお墓を動かされたらいやだったのでしょうか?交霊術のできる人に聞いてみたいような気がします

教旻僧都(きょうびんそうず)の墓は東照宮の新社務所のそばにあります。

教旻僧都(きょうびんそうず)の墓は東照宮の新社務所のそばにあります。

*
*
* (公開されません)