教旻僧都の墓

教旻僧都の墓(きょうびんそうずのはか)

教旻僧都(きょうびんそうず)の墓はお墓を動かそうとすると事故が起きる不思議なお墓です

教旻僧都(きょうびんそうず)の墓はお墓を動かそうとすると事故が起きる不思議なお墓です

日光東照宮新社務所のすぐそばに勝道上人十大弟子のひとり、教旻僧都(きょうびんそうず)のお墓があります。ガイドさんがいてくれないと通り過ぎてしまう場所ですが不思議な場所です。お墓を動かそうとすると人が死んだり、災難が起こったりするそうです。不思議ですよね!今ではお墓はそのままにしています。

不思議 な現象

教旻僧都(きょうびんそうず)は日光開山の祖、勝道上人を一緒に日光に入り、大谷川で蛇の橋を渡った弟子の一人です。そのお墓を動かそうとすると、きまって人が死んだりして災難が起きるので今では動かすことをやめにしたそうです。
夏に聞くと、何となく涼しくなるお話ですね。

関連記事

  1. 日光は東照宮や大猷院など、家康公や家光公のお墓だし、文化財としても貴重なものだったので、特別に火災から守る「火消隊」を編成しました。殉職なされた方を弔うために1834年、防火隊碑が浄光寺に建立されました。

    防火隊碑

    八王子千人同心(はちおうじせんにんどうしん)江戸時代も現代も火災はとても怖いものです。特に、…

  2. 1600年の関ヶ原の戦いで徳川家康公がお乗りになった馬を悼む石碑です。

    神馬の碑

    神馬の碑 (しんめのひ)神馬の碑 (しんめのひ)というのは、徳川家康公が関ヶ原の戦いで乗った…

  3. 牛石 は石に変えれれてしまった「牛」の事です。

    牛石

    女人近世(にょにんきんせい)神社・寺院・霊場・修行場などで、女性の出入りを禁じたものです。日光では山…

  4. 日光奉行所は3代将軍徳川家光公の側近「梶定良」の屋敷を奉行所にしていました。江戸幕府が終わり、明治政府になった時に建物も取り壊されてしまったそうですが、金谷ホテルの武家屋敷のように残っていれば一般公開できたのに残念です。

    日光奉行所

    日光奉行所日光奉行所 は3代将軍徳川家光の家臣「梶定良」のお屋敷だったそうです。梶定良は滝尾…

  5. 男性(陽)と女性(陰)を表している自然の石です。こちらも安全祈願でお詣りしていかれる方も多いそうです。

    陰陽石

    陰陽石 (おんようせき)産の宮のそばに「 陰陽石 (おんようせき)」という名称の石があります…

  6. 滝尾神社のご祭神、田心姫命(たごりひめのみこと)が、お手をかけたといわれています。学問の神様、菅原道真公を祀った「北野神社」をお参りした後に、この「手掛け石」に手をかけてお願いすると文字が上達するという事です。

    手掛け石

    手掛け石(てがけいし)手掛け石 (てがけいし)とは、昔、滝尾神社のご祭神の田心姫命(たごりひ…

  7. この先は滝尾神社という、神様の領域に入っていくので不浄はいけませんという石碑です。

    大小便きんぜい

    大小便きんぜいの碑滝尾神社へ向かう石畳を歩いていくと「大小便きんぜいの碑」という文字が刻まれ…

  8. 男体山が山岳信仰の聖地として賑わっていたころは女人禁制だったため、女性は中禅寺湖まで行くことができませんでした。ある「巫女さん」が自分なら神様にお仕えする巫女さんだから大丈夫だろうと、上ったところ牛さんと同じに石になったという言い伝えがあります。中禅寺湖湖畔の大鳥居のそばに、巫女石はあります。

    巫女石

    ペトリフィカストタルス「石になれ」ハリーポッターの中で時々出てくる呪文で相手を石にしてしまう呪…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP