教旻僧都の墓

教旻僧都の墓(きょうびんそうずのはか)

教旻僧都(きょうびんそうず)の墓はお墓を動かそうとすると事故が起きる不思議なお墓です

教旻僧都(きょうびんそうず)の墓はお墓を動かそうとすると事故が起きる不思議なお墓です

日光東照宮新社務所のすぐそばに勝道上人十大弟子のひとり、教旻僧都(きょうびんそうず)のお墓があります。ガイドさんがいてくれないと通り過ぎてしまう場所ですが不思議な場所です。お墓を動かそうとすると人が死んだり、災難が起こったりするそうです。不思議ですよね!今ではお墓はそのままにしています。

不思議 な現象

教旻僧都(きょうびんそうず)は日光開山の祖、勝道上人を一緒に日光に入り、大谷川で蛇の橋を渡った弟子の一人です。そのお墓を動かそうとすると、きまって人が死んだりして災難が起きるので今では動かすことをやめにしたそうです。
夏に聞くと、何となく涼しくなるお話ですね。

関連記事

  1. 牛石 は石に変えれれてしまった「牛」の事です。

    牛石

    女人近世(にょにんきんせい)神社・寺院・霊場・修行場などで、女性の出入りを禁じたものです。日光では山…

  2. 男性(陽)と女性(陰)を表している自然の石です。こちらも安全祈願でお詣りしていかれる方も多いそうです。

    陰陽石

    陰陽石 (おんようせき)産の宮のそばに「 陰陽石 (おんようせき)」という名称の石があります…

  3. 1600年の関ヶ原の戦いで徳川家康公がお乗りになった馬を悼む石碑です。

    神馬の碑

    神馬の碑 (しんめのひ)神馬の碑 (しんめのひ)というのは、徳川家康公が関ヶ原の戦いで乗った…

  4. 金谷ホテルの元のなった「金谷武家屋敷」は、一般公開の準備中です。隣に金谷ベーカリの出店があります。

    金谷武家屋敷

    金谷武家屋敷金谷武家屋敷 は350年くらい前に建てられた、もともと武士の家でした。しかも、「忍者…

  5. 徳川家康公の側室、お六の方のお墓と水戸頼房の母、英勝院のお墓があります。もとは水戸藩の僧坊があり、松尾芭蕉も日光に来た時に宿泊しています。

    養源院 跡

    養源院跡(ようげんいんあと)養源院 跡というのは、徳川家康公の側室「お六の方」( 陽源院…

  6. 日光は東照宮や大猷院など、家康公や家光公のお墓だし、文化財としても貴重なものだったので、特別に火災から守る「火消隊」を編成しました。殉職なされた方を弔うために1834年、防火隊碑が浄光寺に建立されました。

    防火隊碑

    八王子千人同心(はちおうじせんにんどうしん)江戸時代も現代も火災はとても怖いものです。特に、…

  7. 日光植物園の近く、国道120号線上を挟んで日光植物園の反対側あたりに「夜泣き石」はあります。日光の「夜泣き石」は夜泣きする赤ちゃんを連れて行ってお願いすると赤ちゃんの夜泣きが泊まるというものです。

    夜泣き石

    夜泣き石 (よなきいし)「夜泣き石」という検索キーワードで検索すると、全国各地の「夜泣き石」…

  8. 男体山登頂を目指していた勝道上人が道に迷っていたらお地蔵さまがでてきて導いてくれたという場所です。

    空烟地蔵

    空烟地蔵行者堂から坂道を下っていくと、3代将軍徳川家光公の霊廟、大猷院に到着します。その手間…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP