朽ちた桟橋

「もう一つの日光」と呼ばれる滝尾神社のコース寂光寺のコースを歩いていると、時間がタイプスリップしたしまったかなって錯覚におちいる時がありますが、中禅寺湖畔を歩いていると、時が止まったかなって思う場面に出合います。

時間の流れ

神社や仏閣などもその建てた時の職人さんたちの息吹きを感じたりするのと同じように、湖の岸部に今は使われることもなく、朽ちてしまった桟橋を眺めていると、桟橋にボートがつけれれて、避暑に来た外国の方が桟橋の上におりてくる。なんとなく、「ハーレクィンロマンス」に出てくるような、そして昔の少女漫画に出てくるような、金髪の物憂げな少年が下りてくるような錯覚にとらわれたりもします。
ちょっと、それはマンガの読みすぎですって言われるだけですが、実際に日光は外国文化と深いかかわりがありました。

中禅寺湖畔の華やか頃

明治初期から外国人が日光を訪れていて、ローマ字の発案者「ジェームズ・カーティス・ヘボン」なども日光を愛した外国人の一人です。また、日光の気候が避暑に最適だったことから、だんだんと、日本に住む外国人が避暑に日光を使うようになり、一時期中禅寺湖の湖畔は外国の別荘で賑わっていたそうです。
日光にある日光真光教会は関東では一番古い石造りの教会です。今でもちゃんと、礼拝もあり、結婚式も挙げることができるそうです。
話が桟橋からずれてしまいましたが、私がこの朽ちた桟橋を眺めるときになんとなく感じる外国の雰囲気は決して勝手な妄想というわけではなく、日光は神社仏閣だけの街ではなく、外国の雰囲気もある、とっても深みのある場所だということです。見方を変えれば、この朽ちた桟橋には、もっと違うストーリーがあると思います。
そんな、訪れる人の見方一つで自在に変化してくれうのが日光の魅力の一つとも言えるでしょう。

パワースポット探し

自分の中に時の流れを感じて、想像の翼を広げてみれば、自由自在に過去にタイプスリップできるような感覚を刺激してくれるような大地や自然の力が「パワースポット」と呼ばれる力の一つだと私は思います。
日光にあなたの パワースポットを探し に行きませんか?

関連記事

  1. 松平正綱が日光に杉並木を植えたことを記念して4つの街道入口と神橋のわきに記念碑がたっています。

    杉並木寄進の碑

    神橋付近の杉の木日光には杉の木がたくさんありますが、神橋のそばには太郎杉と呼ばれる杉の巨木と…

  2. 日光東照宮で将軍しか入れない部屋、明治になってからも徳川宗家しか入ることのできないお部屋が「将軍着座の間」です。日光東照宮では、そんな将軍しか入れないお部屋に入って特別祈祷が受けられるツアーがあります。

    「 将軍着座の間 」特別祈祷 行ってきました!

    集合場所は日光東照宮社務所です。将軍体験 ができる「 将軍着座の間 」特別祈祷の集合場所は日…

  3. 「日光の花325」はコンパクトで日光を歩くときに携帯するのに、ピッタリです。

    日光の花325

    日光の花325戦場ヶ原、小田代が原を歩いていると、本当「このお花の名前は何かしら?」「このお花の…

  4. 徳川家康公没後400年を迎える400年忌

    徳川家康公 400年回忌

    徳川家康公 400年回忌徳川家康 公は1616年4月17日に亡くなりました。2015年(平成27…

  5. 赤沼駐車場から戦場ヶ原に入っていくみち。

    夏の戦場ヶ原を歩く

    戦場ヶ原の夏奥日光ハイキングは1年を通して楽しむことができます。ですが、 夏の戦場ヶ原 、小…

  6. 日光の渋滞に「コリゴリ」なんて、ならないように日光が大好きな管理人が日光の 渋滞を回避 する方法を押します。

    日光の紅葉2014そして 渋滞を回避 する方法

    渋滞を回避 しよう!日光の紅葉と同じくらい有名ですごい日光の渋滞!!初めて行った日光で渋滞に…

  7. 神仏分離と廃仏毀釈運動のあおりで日光の貴重な文化財(特に仏教的施設)は壊滅的被害を受けていました。そこで、日光の貴重な財産を守るために明治天皇に直訴した人が落合源七と巴快寛です。二人の功績をたたえて日光総合会館の玄関に石碑が立っています。

    落合源七の碑

    神仏習合から神仏分離へ明治政府は1868年4月5日、日本の宗教は「神道」だとして、今までのよ…

  8. 400年式年例大祭 3日目

    日光観光ライブ情報局さんの動画です。…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP