西の湖

西の湖

西の湖(さいのこ)


西の湖が干上がっているのでいつもは行かれないところまで行かれました。
西の湖が干上がっているのでいつもは行かれないところまで行かれました。


西の湖が干上がっているのでいつもは行かれないところまで行かれました。

西の湖 (さいのこ)は中禅寺湖の西側にあり、昔は中禅寺湖とつながっていたそうです。782年(男体山に奥宮を建てた年)に、日光開山の祖、勝道上人が発見したそうです。
西の湖は西の湖自体に流れ込む大きな河川がないため、降水量によって湖が干上がったり、溢れたりしています。
2012年9月に西の湖に行ったときにまるで、水たまりのように小さくなった西の湖を見てビックリしたものです。いつもは水があって行かれないところまで歩いて行くことができました。
反対に周囲が水没するくらい水が増える時もあるそうです。

西の湖 への行き方


低公害バスに乗る
西の湖へは一般車両の乗り入れが禁止されているので、赤沼から低公害バスに乗っていくのが一番便利です。

バス停からもまだ少しこんな秋色の中を歩きます。
バス停からもまだ少しこんな秋色の中を歩きます。


以前は車がたくさん止まっていただろうと伺われる駐車場のそばにハイブリッドバスの停留所があります。
低公害バスはさらにその先の千手ヶ浜まで続きます。

歩いて行く


「ここは道かな?」って思っていると標識があったから「大丈夫!」っとまた歩き始めます。
「ここは道かな?」って思っていると標識があったから「大丈夫!」っとまた歩き始めます。


ハイキングコースがあるのでもちろん歩いて行くこともできます。結構歩くので、たいていは低公害バスを使いますが、一度あまりにも朝早く行ってしまったので、低公害バスがなくて歩いたことがありました。
最初はバス通りを歩いていたのですが、途中で「西の湖」の看板を見つけたので、アスファルトを抜けて山道へ行ってみました。途中で、「どっちだろ~?」って思うところになんとなく看板がありました。
また、たまにハイカーの人にもいたので、「やっぱり、こっちで良かったんだね!」などとハイキング超初心者の私たちですが、何とか西の湖まで行くつくことができました。
ですが、西の湖に到着する予定でしたが、最初に到着したのは「西の湖バス停」だったので、多少、道が違ったのかもしれません。

西の湖 は穴場です


西の湖は静かでずーっといたいと思う場所です。
西の湖は静かでずーっといたいと思う場所です。


西の湖 は紅葉シーズンでも人が少なく、のんびりと静かに過ごしたい方にはおすすめです。静かに水をたたえる西の湖の周囲に木の根っこに腰かけて、ぼーっとしている時間が私は好きなので、少し歩いても西の湖は行きたい場所の一つです。

西の湖のあたりはシロヨメナがいっぱい!


カスミソウのように白く咲いているシロヨメナ
カスミソウのように白く咲いているシロヨメナ


西の湖 から千手ヶ浜までは道もわかりやすいので、歩いて行くことができます。もちろん、低公害バスの時間があえば、バスに乗っていくこともできます。 西の湖周辺にはシロヨメナがたくさん咲いています。
西の湖周辺も「シカ」によって、植物が食べられたりして被害が広がっていますが、「シロヨメナ」はシカが食べないので、たくさん咲いています。9月ころ行ったときにあたり一面白い花が咲いていてとてもきれいでした。

秋休み


子供たちが小さいときは「秋休み」があって、その時期がちょうど奥日光の紅葉にピッタリだったので毎年、日光に行くことができました。
子供も大きくなり、また3学期制の学校などは秋休みがないので、最近ではゆっくり奥日光を歩くことも少なくなりました。