日光山中禅寺一覧

日光山中禅寺一覧

784年に男体山登頂を成功した勝道上人は、中禅寺を建立し修業の場としました。本堂には「十一面千手観世音菩薩(じゅういちめんせんじゅかんのんぼさつ)」が祀られています。勝道上人が西の湖(さいのこ)に行ったときに千手観音が現れたことから、勝道上人自らが菩薩像を彫ったそうです。
中禅寺は最初は、今の二荒山神社中宮祠の方にありましたが、明治35年の大山津波で、現在の歌が浜の場所に移転しました。
境内には、愛染堂、波之利大国天堂(はしりだいこくてんどう)、五大堂などがあります。また、奥日光にある温泉寺も中禅寺の管轄です。

立木観音
波之利大黒天(はしりだいこくてん)
愛染堂
身代わりの瘤と五大堂
吉祥天像
温泉寺(おんせんじ)

おすすめ新着記事