花石神社

花石神社

花石神社由来

日光開山の祖「勝道上人」が蓮華石に座って日光連山を遥拝して18神を祀ったそうです。
山の霊を一か所に集めて祀った「十八王子」がこの花石神社の始まりです。
3代将軍徳川家光が社殿を改築したそうです。明治政府の神仏分離令で「花石神社」と社号を変更しました。
[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Image_Widget”][/siteorigin_widget]
[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Image_Widget”][/siteorigin_widget]
[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Image_Widget”][/siteorigin_widget]
[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Image_Widget”][/siteorigin_widget]

花石神社の祭礼

正月三が日後の最初の日曜日、五社祭が行われます。
五社とは

磐裂神社
青竜神社
八幡神社
花石神社
久次良神社

の、五つの神社のことです。

花石神社の例祭は原則として9月19日です。

花石神社の大ケヤキ

花石神社の境内にある樹齢800年の大ケヤキです。
日光市指定の文化財で、天然記念物です。
[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Image_Widget”][/siteorigin_widget]
[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Headline_Widget”][/siteorigin_widget]
[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_PostCarousel_Widget”][/siteorigin_widget]