夫婦杉

夫婦杉(めおとすぎ)

日光二荒山神社は「恒例山」という山の南麓にあり神社にふさわしい杉の巨木がたくさんあります。「 夫婦杉 」は根を一つにした夫婦円満の御神木で、祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)と田心姫命(たごりひめのみこと)です。お二人は「 夫婦杉 」の名前にぴったりな御夫婦の神様です。二荒山神社は縁結びでとても有名です。

夫婦杉 はご神木です。

ご神木とは簡単に言うと、神社の境内でしめ縄がかけられている「木」です。どんな木にでもしめ縄をかけるわけではありません。神様が宿っている聖なる木なのでしめ縄がかけられています。ご神木とはその名の通り、神が宿っているとして「木」そのものを神格化し、崇めたり心のよりどころとして祈りの対象にするものです。

夫婦杉 の神様

夫婦杉

根元が一つで幹が二つに分かれていて、夫婦のようだから夫婦杉というそうです。3本のご神木は親子杉と言います。

夫婦杉 の根っこは一つになっていますが二本の大きな杉の木が天に向かってはえています。
夫婦杉 の神様は

  • 大己貴命(おおなむちのみこと)
  • 田心姫命(たごりひめのみこと)

のお二人です。
大己貴命(おおなむちのみこと)は日本書紀に出てくる神様の一人で出雲の国を平定したそうです。名前がいろいろあって、「大国主命(おおくにぬしのみこと)」という名前がよく知られています。日本書紀に出てくる神様は複雑で私にはちょっとよくわからに部分が多いのですが、田心姫命(たごりひめのみこと)は大国主命(おおくにぬしのみこと)の奥さんで、味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)と下光比売命(したてるひめのみこと)の二人の御子様をもうけたそうです。そんな、ご夫婦の神様のご神体である「 夫婦杉 」は縁結びのご利益が抜群でしょうね。

関連記事

  1. 五重塔(ごじゅうのとう)は仏教の建物ですが「神仏習合」だった日光では東照宮の敷地内に五重の塔があります。

    五重塔

  2. 弘法大師空海が滝尾神社のそばの湧き水を汲んで神様に捧げた水でお酒を造ったらとっても美味しいお酒ができたという事です。

    酒の泉

    酒の泉弘法大師空海がこの泉の水を汲み、神にささげたという事です。そして、そのお供水が酒の味が…

  3. 現在、慈眼堂(じげんどう)は一般公開されていないので、これより先は入ることができません。

    慈眼堂(じげんどう)

    慈眼堂 (じげんどう)常行堂と法華堂の間に道があります。上り坂になっていて「延命坂(えんめい…

  4. 日光開山の祖「勝道上人」が大谷川沿いに790年、本宮神社を立てました。

    本宮神社

    本宮神社(ほんぐうじんじゃ)四本龍寺を建立した勝道上人はその隣に日光山の神々を祀る小さな神社…

  5. 釈迦堂の近くに、赤い建物(お堂)があります。延命地蔵尊と呼ばれる像が収められています。一般的に「延命地蔵尊」とは新しく生まれた命を守り、その寿命を延ばしてくれる地蔵尊です。短命・若死を免れるために信仰されています。

    延命地蔵堂

    延命地蔵堂釈迦堂近くにある赤いお堂は「延命地蔵堂」と呼ばれています。中には「延命地蔵尊」とい…

  6. 唐銅鳥居 は陽明門、そして家康公の眠る奥宮への結界です。

    唐銅鳥居

    パワースポットー唐銅鳥居パワースポットとして有名な東照宮の御水舎で手と口を清めて進むと、鳥居…

  7. 日光東照宮の神厩舎(しんきゅうしゃ)は神馬のいる場所です。猿は馬の守り神だそうです。

    神厩舎

    神厩舎(しんきゅうしゃ)神厩舎(しんきゅうしゃ)と言っても、ほとんどの人はピンときませんが、…

  8. 3代将軍家光公の霊廟である「大猷院殿」

    大猷院殿 とは

    大猷院殿徳川 家光 公は1651年4月20日、江戸城で亡くなりました。遺言で徳川 家光 公は…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP