身代わりの瘤

身代わりの瘤

身代わりの瘤

日光山中禅寺の境内の中に大きな瘤が出来ている木があります。私たちの悪いところ、痛いところの代わりになってくれます。
毎日多くの人が、子の瘤にお願いするので、だんだんとこのように大きな瘤になってしまったそうです。

日光山中禅寺の身代わりの瘤には毎日、多くの人がご自分の痛いところ、つらいところをお願いしに来ます。

日光山中禅寺の身代わりの瘤には毎日、多くの人がご自分の痛いところ、つらいところをお願いしに来ます。

五大堂(ごだいどう)

五大堂(ごだいどう)から中禅寺湖を眺めることができます。

五大堂(ごだいどう)から中禅寺湖を眺めることができます。

五大堂 (ごだいどう)は勝道上人開山1200年を記念して建てられた比較的新しい建物です。5大明王が安置さているので「五大堂(ごだいどう)」と言います。
五大明王は東照宮境内護摩堂に安置されていたものだそうです。五大堂(ごだいどう)の天井には東照宮の「鳴き竜」のような竜の絵がかいてあります。
五大堂は日光山中禅寺の一番高い場所に建てられています。なので、五大堂から中禅寺湖が一望できます。

*
*
* (公開されません)