眠り猫

眠り猫

眠り猫

眠り猫 の先には徳川家康公が眠る霊廟「奥宮」があります。とすると、 眠り猫 は徳川家康公の霊廟の守り神なのでしょうか?
作者は「左甚五郎」だと、伝えられています。
伝説的な人物だったようで、「左」というのも「左きき」だったからそれから呼ばれた性だそうです。実際に東照宮の 眠り猫 の修繕の時の調査で左ききの人間が彫ったものという診断が出ているそうです。

眠り猫 は奥宮を守っています~眠り猫 の裏側

この彫刻の裏側に雀の彫刻があり、「猫がのんびり眠っていられるほど平和の世の中なので、スズメも安心していられる」という平和を表しているとも言われています。
徳川政権が長き、徳川幕府のもとでの天下泰平を祈って彫られたものだと言われています。

眠り猫 は本当に寝ているか?

猫を飼ったことのある人なら疑問に思うでしょうが、「 眠り猫 」と言いながらも、体勢的にあの猫ちゃんは寝ていないのでは?っという疑問を持つでしょう。前足に力が入って構えている体勢で、眼だけつむっているような印象です。

眠り猫 は実は寝ているのではなくて、目をつむっているだけで、いつでも戦闘態勢に入れるよっていう、徳川幕府のメッセージではないでしょうか?だから、裏側もスズメも猫は承知して遊ばせているだけにすぎないということです。

また、牡丹花下眠猫児(ぼたんかかすいびょうじ)という禅問答があり、これは、「ボタンの花の下で寝ている猫の子が、人の気配で起きて逃げてしまった。この猫は寝ていたのか、それとも寝ているふりをしているだけなのか」という禅問答をあらわしたという説もあります。

*
*
* (公開されません)