日光奉行所

日光奉行所

日光奉行所


日光奉行所 は3代将軍徳川家光の家臣「梶定良」のお屋敷だったそうです。梶定良は滝尾神社の運試しの鳥居や神馬の碑を奉納した人です。1871年に(明治4年)日光県が廃止されて 日光奉行所 の建物も取り壊されてしまったそうです。現在では「 日光奉行所 跡」という石碑が立っているだけです。

日光奉行所 の建物


日光奉行所
日光奉行所 の建物は今はなく石碑がたっているだけです。


日光奉行所 の建物は3代将軍徳川家光の家臣「梶定良(かじさだよし)」のお屋敷でした。梶定良は、家光の側近でした。家光の死後、日光で家光のお墓の守番を命じられたそうです。毎朝4時に起きて身を清めて大猷院にお詣りしたそうです。死んだ後もお墓は家光のお墓のそばにあるそうです。

日光奉行所 は日光県の建物


明治維新で藩から都道府県になった時に、一時期「日光県」というものができたそうです。管轄は今の栃木県とほぼ同じだったそうです。その時の「日光県」の建物は 日光奉行所 の建物引き続き使ったそうです。
明治4年に日光県が廃止されたので、日光奉行所 の建物も廃止されました。