日光のパワースポット

日光のパワースポット は強力です

パワースポット研究 といえば、神道の研究、陰陽道、五行説、風水などなど、さまざまな研究に加えて、霊能力のある方が「霊力」のある神社、場所などを研究しています。
そのような パワースポット研究 の大家の先生方が口をそろえて、日光はとても強力なパワースポットだそうです。

日光のパワースポット はなぜ強力なのか

戦乱の世を平定した「徳川家康公」が自らの霊廟として、そして自分が神となり、日本の弥栄(いやさか)を祈り続けるために選んだ地が「日光」だということで、 日光のパワースポッ トがいかに強力なものなのか想像できそうです。

なぜ、徳川家康公は「日光」を選んだのでしょうか?

徳川家康公に「日光」の地が最高のパワースポットであると推薦した「天海僧正」の銅像は神橋の反対側に日光山に向かう形で立っています。

徳川家康公に「日光」の地が最高のパワースポットであると推薦した「天海僧正」の銅像は神橋の反対側に日光山に向かう形で立っています。

それは、山岳信仰の聖地として栄えた日光の山々には、神が宿る霊気に充ち溢れていたからに違いありません。しかも、徳川家康公の霊廟である「日光東照宮」を建てるときに当時のパワースポット研究家たちがこぞって、あらゆる方法で日光のパワースポットを検証し、 日光のパワースポット の中でも大事な「気」がきちんと流れるように作ったからです。

日光は江戸城の真北に位置しています。

真北を象徴するものは「北極星」であり、北極星は宇宙全体を束ねる「天帝」とされていたので、自らが神となること欲した徳川家康公は「真北」という事にこだわりました。しかも、日光は古くから山岳信仰の霊場として栄えていたことも日光が選ばれた理由です。

日光東照宮の配置

日光東照宮の配置を見ると、陽明門、唐門、本殿、そして家康公の霊廟がある奥宮の真後ろに北極星が位置しています。そして、その反対側、南に面しては江戸城があります。このようにすべてが家康公を神として祀るために十分な配置になっています。

日光のパワースポッ トの強さはは地相からも証明されています。

日光の地相はとても強力なパワーを持っているそうです。
東に川、西に道、南に池か海、北に山を持つ地形はとても、運の強い大吉の地形だそうです。日光東照宮の東に稲荷川、西に中禅寺道、南に大谷川、そして北には山々がそびえています。

日光の鬼門封じ

日光の歴史 に大きくかかわった、勝道上人のお墓がここにあります。

日光の歴史 に大きくかかわった、勝道上人のお墓がここにあります。

「鬼門(きもん)」とは「東北」にあたり邪悪な鬼が出入りする場所として嫌われてきた場所で反対ばわの南西は「裏鬼門」と言って、やはりよくないことが起きる方角として恐れられてきました。鬼門には「鬼門封じ」が施されます。日光も鬼門に当たる場所には日光の開山の祖勝道上人のお墓を置き、反対側の裏鬼門は天海僧正のお墓を置いて、万全の守備を固めています。

パワースポットとは

パワースポットとは霊的な力が満ちている場所で、その霊的な力の感じ方は訪れた人によって様々な感じ方があります。
また、霊的な感じ方から、精神的な癒しという観点の感じ方までパワースポットの力は様々です。たとえば、日光の自然を通してやる気を得るという場合もやはり、パワースポットです。
私は日光に行くようになってから10年以上たちますが、最初のころは、「奥宮」がとても強力なパワースポットなどとは思わずに、自らの先祖に会いに行くような「懐かしさ」「嬉しさ」を持ってお参りに行っていました。そして、日光の山々や、自然に出会うと、不思議な安らぎを得て、大満足でした。そのような自分にとって「癒し」の場所をさがしあてることもパワースポットでは一番大事なことなのではないでしょうか。

関連記事

  1. 赤城の山の神様と日光の山の神様が中禅寺湖をめぐって戦ったそうです。

    赤城山と日光の戦い

    中禅寺湖をめぐる神話日本昔話に中禅寺湖の神話が載っていました。赤城山の神様は中禅寺湖のお水…

  2. 見ざる、言わざる、聞かざる の三猿の彫刻が壁面を飾る神厩舎

    日光東照宮の 神馬

    神馬とは 神社には「馬」はつきものだそうです。今でも神社にお酒、お米などを奉納するように、む…

  3. 日光東照宮で将軍しか入れない部屋、明治になってからも徳川宗家しか入ることのできないお部屋が「将軍着座の間」です。日光東照宮では、そんな将軍しか入れないお部屋に入って特別祈祷が受けられるツアーがあります。

    「 将軍着座の間 」特別祈祷 行ってきました!

    集合場所は日光東照宮社務所です。将軍体験 ができる「 将軍着座の間 」特別祈祷の集合場所は日…

  4. 寂光の滝の近くには、覚源上人のいらした「寂光寺」がありました。今では「若子神社」になっています。寂光の滝では多くの僧が修業をしたそうです。

    覚源上人 (かくげんしょうにん)

    覚源上人(かくげんしょうにん)覚源上人 (かくげんしょうにん)は日光の歴史に中でも抱えない人物の…

  5. 松平正綱が日光に杉並木を植えたことを記念して4つの街道入口と神橋のわきに記念碑がたっています。

    杉並木寄進の碑

    神橋付近の杉の木日光には杉の木がたくさんありますが、神橋のそばには太郎杉と呼ばれる杉の巨木と…

  6. 常行三昧を行うためのお堂。ご本尊は阿弥陀如来像です。

    常行堂 阿弥陀如来像修理記念行事

    勝道上人が日光に四本竜寺という小さなお堂を開いてから1250年の月日が経ちました。現在、日光で…

  7. 紅葉シーズンになると、どうしても渋滞してします「いろは坂」です。混んでない時は日光市まで20分くらいで到着できますが、ひどいときは2時間くらいかかる時もあるそうです。

    渋滞を避けて関越道

    奥日光は冬支度の真っ最中!昨日、玄関のポストに電気料金のお知らせが入っていました。昨年の9月に比…

  8. やっぱり、今年の秋は早そうです!昨日の夜、川崎でもずいぶんと涼しいので、これはもしかしたら?って思ったら、やっぱり奥日光、戦場ヶ原では 初霜、初氷 だったそうです。

    戦場ヶ原で 初霜、初氷

    奥日光戦場ヶ原で 初霜、初氷NHKのニュースで、9月21日の朝奥日光戦場ヶ原で初霜、初氷が観測さ…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP