犬と一緒に日光を楽しむ方法-その1

犬と一緒に日光を楽しむ方法-その1

夏の日光を日帰りで楽しもうーその2(犬と一緒に行く日光)

夏の日光を楽しみ方、第2弾としては「犬と行く日光」を考えてみました。
うちのワンコ「レオン」君は日光に行くのが大好きです。彼はコリー犬なので出身がイングランドだから夏の暑さが大の苦手で、お散歩も暑いときは「行きたくないアピール」が半端ないです。
でも、関東の冷蔵庫という異名をとるだけある日光は涼しい中お散歩できるので日光に来ると大はしゃぎです。

日光湯元温泉園地でお散歩しよう!

湯の湖の周りで大はしゃぎのレオン
湯の湖の周りで大はしゃぎのレオン

戦場ヶ原などは前にも書きましたが、クマが出没することがあるのでワンちゃんを連れて行くのは危険だと思います。
日光湯元温泉園地なら昼間はお散歩できると思います。(夜は鹿さんとかがお散歩しているそうなので、やはりワンちゃんは車の中が無難だと思います。)

巻き取り式のリードを持っていこう!

奥日光に来ると広々としていますが、ドックランではないので必ずリードをつけましょう。でも、せっかく広い場所に来たのだから、巻き取り式の長いリードをつけてあげるとワンちゃんも楽しいのでは?
実際、うちのレオンも湯元温泉園地を長いリードで好きなところを歩くと大喜びです。

湯の湖で遊ぼう!

都会のワンちゃんはこんな大きな湖を見たことないので、最初はしり込みするかもしれませんが、すぐにバシャバシャ大はしゃぎです。
ただし、湯の湖は魚つりをしている方も大勢いるので、あまりワンちゃんがバシャバシャやって魚がいなくなるといけないので、その辺は臨機応変にお願いします。

ロープウェイで白根山に登ろう!

白根山ロープウェイ
白根山ロープウェイ

湯元温泉から金精道路を通って日光白根山ロープウェイに行ってみましょう。このロープウェイは人間だけでなくワンコも乗れます。(ちゃんと料金表の中にペットは1匹600円と明記されています。)

日光白根山は、片品村の北東部、群馬県と栃木県の県境に位置する日光火山群の主峰です。標高2,578m、関東以北では最も高く、景観にすぐれ、高山植物も豊富なことから、昭和32年に日光国立公園の特別保護地区に指定されました。

こんな高い山ですがロープウェイを使うとまず2000メートルまではいかれます。あと600メートルくらいを自力で登るということでしょうか。
私は、白根山には登ったことがないですが、ロープウェイで山頂駅まで行ってその周辺を散策してきました。
山頂駅周辺には「天空の足湯」という足湯、山頂喫茶「しらね」があるのでお弁当などなくても安心です。

「山頂喫茶しらね」で食べた山菜そば
「山頂喫茶しらね」で食べた山菜そば

ロープウェイで山頂駅まで行けば、自然散策コースと史跡散策コースの2種類の整備された散策コースがあります。(整備されていると言っても標高2578メートルの白根山の散策コースなのでハイキングができる服装、靴がいいと思います。ロープウェイで山頂駅までなら普通の恰好で大丈夫です)

標高の高い白根山ならではアート
標高の高い白根山ならではアート

日帰り温泉に入ろう!

散策コースをワンコと歩いて疲れて帰ってきたらセンターステーションの2階にある立ち寄り湯に入るのもおすすめです。(ワンちゃんは入れません)

いかがですか?
ワンちゃんと一緒に奥日光を満喫できましたでしょうか?
日帰りでなくても、白根山ロープウェイからまた、金精道路を通って日光湯元温泉で一泊するのも楽しいと思います。
湯元温泉にはワンちゃんと一緒に泊まれるお宿があります。 

おすすめ新着記事

Comment on Facebook