ニッコウキスゲとレオン

ニッコウキスゲとレオン

ニッコウキスゲが咲き乱れる中レオンと1445段の階段を上る


キスゲ平園地の1445段の階段を全部登る
キスゲ平園地の1445段の階段を全部登る


6月の終わりころにキスゲ平園地に行ったときは全く咲いていなかったニッコウキスゲですが、7月10日(火)に行ったら、とてもきれいに見ごろを迎えていました。

6月17日ではまだまだ、つぼみだらけのキスゲ平園地
6月17日ではまだまだ、つぼみだらけのキスゲ平園地


ニッコウキスゲが咲き乱れるキスゲ平園地
ニッコウキスゲが咲き乱れるキスゲ平園地


日光市霧降高原キスゲ平園地のホームページを見ると2017年のニッコウキスゲ7月5日より見ごろを迎えてそうです。7月12日でもまだまだ、十分見ごろが楽しめるように書いてありました。

ニッコウキスゲ


ニッコウキスゲはユリ科の多年草で、ぜんてぃか(禅庭花)という名前もあるそうです。でも、この名前を知っている人は少ないでしょう。
ニッコウキスゲは朝咲いて、夕方にはしぼんでしまう一日花です。関東各地はもとより日本全国に咲いていますが、日光の霧降高原、尾瀬が原、霧ヶ峰などの群生が有名です。
花は黄色いラッパ状で、葉の緑とのコントラストがとてもきれいです。

ニッコウキスゲの花の開花期は6月から7月です。去年は6月中に見ごろをむかえていましたが、2017年は7月に入ってから見ごろを迎えています。日光市霧降高原キスゲ平園地のホームページには花の見ごろが発表されるので、お出かけの時の参考にしてください。

毎年、7月前後には多くの観光客がニッコウキスゲを愛でようと朝早くからキスゲ平園地に訪れます。キスゲ平園地は、遊歩道と天空回廊と呼ばれる1,445段の階段が整備され、ゆっくり眺望や草花を楽しみながら歩いて園内を散歩できるようになっています。また、ペットも連れて入ることできます。(もちろんリードを付けてください)