御仮殿

御仮殿 (おかりでん)

御仮殿 (おかりでん)は本社を修理するときに、一時的に神霊をお移しする建物の事です。ご神体を一時的に移動されること「遷宮(せんぐう)」と言います。2013年(平成25年)は出雲大社で平成の大遷宮が行われ、さまざまな神事が執り行われます。

御仮殿 (おかりでん)は一時的なもの

通常、 御仮殿 (おかりでん)はその役目が終わったら、取り壊されますが、日光東照宮では本社の修理が頻繁なため御仮殿(おかりでん)は常設な建物になっています。
御仮殿 (おかりでん)は通常は一般公開されていませんが、お正月とか祭礼のある時に不定期に特別公開されます。日光に行くときは事前に東照宮社務所に問い合わせてい見るといいと思います。
日光東照宮のホームページはこちらです。

御仮殿 (おかりでん)の作り

御仮殿 (おかりでん)の作りは本社と同じように「拝殿・相の間・本殿」の三つの建物がつながっている権現造りです。
御神体が御仮殿に移っている間はすべての神事が御仮殿で執り行われるそうです。

御仮殿 (おかりでん)が必要な理由

本殿を修理したりする間、ご神体を安全な御仮殿に御移り頂くことが理由ですが、ではなぜ修理する必要が出てくるのでしょうか?そこには日本の建築物が木造作りなので、定期的に修繕が必要だということの他、「神は清らかな環境を好み、穢れを嫌う」という、宗教的な理由もあります。

御仮殿 で御朱印

御仮殿は通常は非公開となっていますが、無料特別公開させるときがあるそうです。御朱印もあるので、今度、日光に行った時はぜひ、行ってみたい場所です。

日光の自然

関連記事

  1. 弘法大師空海が高野山から苗を運んできた槇の木も今では「老木」になっています。

    高野槇

    弘法大師空海が植えた「高野槇(こうやまき)」「 高野槇 」とは樹齢1200年を超える槇の老木…

  2. 大猷院殿の仁王門を抜けると左側に4代将軍家綱公が自ら植えたという「槇」の老木があります。

    槇の木(まきのき)

    徳川家綱公(4代将軍)お手植えの「槇の木」徳川家綱公(4代将軍)が自ら植えたという「槇」の古…

  3. 街灯もあまりない時代でユラユラ灯籠の光が光っていたら切り付けられますよね。

    化け灯籠

    化け灯籠(ばけどうろう)「 化け灯籠 (ばけどうろう)」と呼ばれる灯篭は、唐銅製の灯篭で、日…

  4. 清滝寺

    清滝寺(きよたきじ)

    清滝寺とは 清滝寺の千手観音菩薩像「清滝観音」は、日光山中禅寺の「立木観音」と同じ桂の木で作られ…

  5. 徳川家光公の後と追って、自殺した家臣や、徳川幕府の忠臣だった人のお墓が並んでいます。

    殉死の墓

    殉死の墓殉死の墓 は徳川家康公の後を追った家臣や徳川家光公の後を追った家臣の墓です。江戸時代…

  6. 日光二荒山神社の神輿舎の左隣にある小さな朱塗りの本殿が日枝神社の本殿です

    日枝神社

    日枝神社日枝神社 は848年慈覚大師(794~864)によってつくられました。慈覚大師という…

  7. 日光開山の祖「勝道上人」が大谷川を渡るために神様が投げてくれた蛇の橋が「神橋」です。正面に勝道上人たちを渡らせてくれた神様を祀るお堂があります。

    神橋

    神橋(しんきょう)日光に来てまず目に入るのが「 神橋 」です。ちょうど、日光山の入口にあり、…

  8. 三仏堂の中に入ると、とても大きな3体の仏像がいらっしゃいます。

    三仏堂

    三仏堂(さんぶつどう)三仏堂 とは三体の本地仏(ほんじぶつ)を祀っているので、「 三仏堂 」…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP