赤沼(あかぬま)

赤沼(あかぬま)は男体山の蛇と赤城山のムカデが中禅寺湖を取り合って戦いを繰り広げた中でも、赤城山のムカデの血で真っ赤になったという場所です。現在では、駐車場になっています。また、中禅寺湖の千手ヶ浜に行く「低公害バス」の発着点にもなっています。日光のハイシーズンの時は暗いうちから駐車場が混雑することでも有名です。

ピックアップ記事

関連記事一覧