表門

日光東照宮の表門

日光東照宮の石鳥居を過ぎると「表門」があります。
 表門は左右に「阿吽」の 仁王像 を安置しているので別名、「仁王門」とも呼ばれています。本来 仁王像 がおかれた仁王門は寺院の門のグループに入るのですが、やはり「神仏習合」の流れで東照宮の門として建造されました。

日光東照宮、表門を警護している 仁王像
狛犬も金箔が施されてすっかりきれいになりました。

狛犬も金箔が施されてすっかりきれいになりました。

関連記事

  1. 逍遥園は京都からいらした宮様の為に作られました。逍遥園のお庭を散策されて京都を思い出していたでしょうか。

    逍遥園

    逍遥園 (しょうようえん逍遥園 (しょうようえん)は江戸時代に作られた庭園です。池が真ん中にあっ…

  2. 親地蔵御首(おやじぞうおんくび)というのは1902年(明治35年)の大洪水で流されてしまったお地蔵さまの首です。大谷川の川底に沈んでいるのを地元の人が見つけて助け出しました。今では浄光寺の境内に祀られています。

    親地蔵御首

    憾満が淵の地蔵群憾満が淵の地蔵群、「化け地蔵」、「並び地蔵」、「百地蔵」などの名前がついてい…

  3. 街灯もあまりない時代でユラユラ灯籠の光が光っていたら切り付けられますよね。

    化け灯籠

    化け灯籠(ばけどうろう)「 化け灯籠 (ばけどうろう)」と呼ばれる灯篭は、唐銅製の灯篭で、日…

  4. 日光二荒山神社の本殿は2代将軍徳川秀忠公の寄進したもんで、現存する日光の建物の中では一番古いです。

    本殿・渡殿

    日光二荒山神社本殿二荒山神社の本殿 は1619年に完成し、現在もまだ大規模な修復の手を入れる…

  5. 日光開山の祖「勝道上人」のお墓は、この開山堂の裏手にあるものだけでなく、中禅寺湖にある上野島こうづけじまと、竜頭りゅうずの滝近くの瑠璃ガ壺(るりがつぼ)の3か所に分骨してあるそうです。

    勝道上人のお墓

    勝道上人のお墓日光山を開いたといわれている勝道上人は817年3月1日に亡くなりました。男体山…

  6. 二荒山神社にも「縁結びの笹」があり、夏には良い縁まつりも行われます。

    縁結び ーよい縁まつり

    良い縁まつり縁結び の神様として有名な「二荒山神社」では、毎年夏から秋にかけて、「良い縁まつ…

  7. 登拝門とは登山口にあたります。神社の中にあって、神社の境内からその山にのぼることができる門です。

    登拝門

    二荒山神社の境内「境内(けいだい)」と聞いて、どんな場所を想像しますか?たいていの場合、神社…

  8. 神さま専用のトイレなので、一般の方は使用できません。内部公開もされていません。

    神様のトイレ

    神様のトイレは神様がお使いになるトイレです。「トイレにはきれいな女神様が住んでいる」という歌…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP