目的別検索 日光で温泉に入る

日光開山の祖「勝道上人」が湯元温泉を発見し、 薬師如来 を祀る堂を建てました。
日光湯元温泉にある足湯は「あんよの湯」という可愛いネーミングです。子供たちが小さい頃にできました。「あんよの湯」の底の石がデコボコになっているところがあって、歩くと足裏マッサージのような効果があります。泉質は日光湯元温泉なので、白く白濁した単純硫黄泉です。
「天空の足湯」は標高2000メートルの日光白根山ロープウェーの山頂駅にある足湯です。
男体山登頂を成功させた後に日光開山の祖「勝道上人」は日光湯元温泉を発見しました。そして薬師如来を祀りました。温泉としての効果も絶大で、その後多くの人が日光湯元温泉に湯治にきました。現在では湯の湖での釣りをはじめ、スキー場もあり、温泉だけでなく奥日光の観光地として人気があります。
源泉の奥に温泉寺の建物が見えます。温泉寺ではその名の通り、温泉に入ることのできるお寺です。
日光湯元温泉源泉は「湯の平湿原」にあります。温泉寺から行くとわかりやすいです。奥に見える小さな小屋のようなものは各旅館の源泉になっています。