日光東照宮五重塔初重内部 公開レポート

日光東照宮五重塔初重内部 公開レポート

日光東照宮五重塔初重内部特別公開

日光東照宮の400年祭(2015年・平成27年)のプレ企画として平成24年から始まった「日光東照宮五重の塔初重内部特別公開」を今回、見学しました。日光東照宮の五重塔は塔の中心に芯柱(しんばしら)が据えられて、それが基礎から10センチくらい浮いていて耐震構造になっているそうです。
今までは外から見ることしかできなかった日光東照宮五重塔ですが、その内部が初めて公開されました。

日光東照宮五重塔初重内部 は畳張りです。

今回は残念ながら雨でしたが、見学する人は大勢いました。

今回は残念ながら雨でしたが、見学する人は大勢いました。

受付で所定の料金を払って入り口から入ります。裏側の扉を開放してあるので周りの彫刻を見ながら裏まで回ります。初重の周りには干支の動物の彫刻が施されています。
今回の日光旅行は雨とご縁があって、日光東照宮に行った日は朝から土砂降りでした。なので彫刻を見る元気もなくて、写真もあまり撮らずに裏側に回って日光東照宮五重塔初重内部を拝見しました。
びっくりしたことに、中は「畳張り」でした。中央には金箔の「芯柱」がり、その周りに4体の仏像が設置されていました。金箔の仏様で蓮の花の台座にお座りになって、後には「光背(こうはい)」と呼ばれる後光を表した彫刻を背負っています。
畳も縁取りが金銀の刺繍がしてある高そうな畳でした。
写真撮影は不可なので、記憶とだいぶ違っていたらごめんなさい。

日光東照宮五重塔初重正面の干支の彫刻

日光東照宮五重塔初重正面には、龍・兎・虎の動物の彫刻があります。

2代将軍「秀忠」の干支は兎です。

2代将軍「秀忠」の干支は兎です。

3代将軍の干支は龍です。

3代将軍の干支は龍です。

家康公の干支は虎です。

家康公の干支は虎です。

虎は徳川家康、兎は徳川秀忠、龍は徳川家光の干支になります。
中央に徳川家康公の干支、虎が来るのではと思いましたが、なぜか、中央は2代将軍秀忠公の兎になっています。一番左が3代将軍家光公なので右から順番になっているのでしょうか。
正解はよくわかりません。これも日光東照宮の七不思議の一つでしょう。

日光東照宮五重塔初重内部 芯柱を見る

日光東照宮五重塔の芯柱は基礎から10センチくらい浮いています。日光東照宮五重塔初重内部公開で背面に回ってのちに、下の方を覗いてみると、隙間から宙に浮いている「芯柱」を見ることができます。
このイベントも期間限定なので、日光東照宮に訪れた際には是非とも一度は日光東照宮五重塔初重内部をご覧ください。わたくしも次回、雨の土砂降りではない日にもう一度見学したいと思います。

*
*
* (公開されません)