日光白根山ロープウェー

日光白根山ロープウェー

日光白根山ロープウェー

湯元温泉を通り過ぎて金精道路をドンドン進んでいくとその途中に菅沼・丸沼などを通り過ぎます。その先に丸沼高原スキー場があります。菅沼・丸沼は沼という名前から小さいものを想像しますが、大きさは湯の湖より大きいのです。
その先に丸沼高原スキー場があり、周囲にはペンションなど観光施設もたくさんあります。一年中アウトドアスポーツを楽しめる環境になっています。

白根山登山

スキー場の中に「 日光白根山ロープウェー 」という大きなロープウェーがあります。夏でも営業しています。
白根山は2578メートルの山で、関東では最高峰の山ですが、このロープウェーを使うと、山頂駅まで2000メートルなので、あと、578メートル登ればいいので楽ですよね。
でも、登山って一番上が一番ハードなのだから、あと578メートルって言っても決して侮ってはいけません。

山頂駅ハイキング

本格的な登山はちょっと無理っていう方にお勧めなのが、一周45分の「自然散策コース」と一周2時間の「史跡散策コース」です。地図も用意されているし、分岐点に標識も整備されているようです。ちょっと、お手軽バージョンですが、でもすでに標高が2000メートルまで上がっているので、咲いている植物の高山植物なので、きっと下界では味わえないハイキングができると思います。
ただし、一つ注意したいのは、このあたりの天候が変わりやすいので、できれば早めにゴンドラに乗って山頂駅まで行って余裕をもってお散歩しましょう。

天空の足湯

「天空の足湯」
天空の足湯の足湯につかる子供たち。 すっかり大きくなりました。

お散歩が終わったら、疲れた足を「天空の足湯」で癒してあげるのも楽しいと思います。
しかも、標高2000メートルの足湯はなかなか面白い経験です。
料金は無料ですが、タオルなどのご用意はないのでロープウェーに乗る前に用意していくことをおすすめします。

山頂駅の二荒山神社

山頂駅の二荒山神社
2003年に二荒山神社にお願いして建設したそうです。

男体山など奥日光の山々は勝道上人が発見して以来、信仰の聖地として山伏達が修業の場としていました。白根山の山頂にも1429年に白根山神社が祀られたそうです。ご祭神二荒山神社と同じ大己貴命(おおなむちのみこと)すなわち、大国主命(おおくにぬしのみこと)です。老朽化したので、2003年(平成15年)に二荒山神社にお願いして山頂駅に新しく建立したそうです。

ロックガーデン(山頂駅の植物園)

ロックガーデン
山頂駅には高山植物がいろいろ、植わっています。

山頂駅には足湯があるだけではなく、高山植物の植物園があり、白根山にしかじせいしていない「シラネアアイ」のほか、様々な珍しい高山植物があります。

おすすめ新着記事