丸石

丸石(まるいし)

「 丸石 」は大国殿の前におかれています。多くの人になでられて丸くなっています。看板には「人の心も丸くあれ。角立てず穏やかに生きれば、自然と人は幸せになれます。」と書いてあります。二荒山神社にお参りにった際にはぜひ、「 丸石 」をなでて、心穏やかな日々をお過ごしください。

なでると丸くなるという丸石をなでる子供たち

なでると丸くなるという丸石

小さい時からなでている割にはみんなの性格、丸くないです。

丸石 の後ろの建物は大国殿

大国殿のご祭神は「招き大国様」で、幸運を招くと言われています。しかも、幸運を招き、良縁をも見つけてくれるという、ありがたい神様です。
大国主命(おおくにぬしのみこと)とも言って、因幡の白ウサギを助けてあげた心やさしい神様です。

関連記事

  1. 大猷院殿の仁王門を抜けると左側に4代将軍家綱公が自ら植えたという「槇」の老木があります。

    槇の木(まきのき)

    徳川家綱公(4代将軍)お手植えの「槇の木」徳川家綱公(4代将軍)が自ら植えたという「槇」の古…

  2. 源泉の奥に温泉寺の建物が見えます。温泉寺ではその名の通り、温泉に入ることのできるお寺です。

    温泉寺で温泉

    温泉寺(おんせんじ)「日光山 湯元・ 温泉寺 」(おんせんじ)は、世界遺産「日光山 輪王寺」(に…

  3. 江戸時代までは「星の宮」といって虚空蔵菩薩を祀っていました。神仏分離令で岩裂神社となりました。

    岩裂神社

    岩裂神社(いわさくじんじゃ)いつごろできたかはわかりませんが、昔は「星の宮」と称して「虚空蔵…

  4. 地獄めぐりのしたという覚源上人の墓は寂光川を渡ったところにあります。1950年代(昭和30年代)発見されました。

    覚源上人 の墓

    地獄めぐりをした「覚源上人」覚源上人 のお話は日本昔話にのっています。日本昔話によると、 …

  5. 徳川家光公は「辰年」生まれだったことと風水的に「白竜」が随所に用いられています。

    大猷院の唐門

    大猷院の唐門大猷院の唐門 は東照宮の唐門と違って一般公開されているので誰でも通行することがで…

  6. 日光東照宮の神與舎(しんよしゃ)には神様の乗り物「お神輿」を保管してあります。天井に天女の絵が書いてあって「ささやき」が聞こえるそうです。一度、聞いてみたいです。

    神與舎

    神輿舎陽明門を入ると左側に「神輿舎(しんよしゃ)」という3基の御神輿(おみこし)が納められて…

  7. 唐銅鳥居 は陽明門、そして家康公の眠る奥宮への結界です。

    唐銅鳥居

    パワースポットー唐銅鳥居パワースポットとして有名な東照宮の御水舎で手と口を清めて進むと、鳥居…

  8. 陽明門を挟んで一対の建物です。昔は時を告げることもあったのではないでしょうか。

    鐘楼 と鼓楼

    日光東照宮の時を告げていた鐘楼と鼓楼陽明門の手前にある櫓(やぐら)のような二つの建物、向かっ…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP