三神庫

想像の象 は最近修理が終わったのでとてもきれいです。
上神庫の象
三神庫 の中でも最も重要な上神庫には「ご神宝」を補完しています。

三神庫(さんしんこ)は神様のお道具箱です。

日光東照宮の表門を抜けて、右側に下神庫があります。

日光東照宮の表門を抜けて、右側に下神庫があります。

三神庫 は表門(仁王門)を抜けるとすぐ目の前に入っていきます。三神庫 は上神庫、中神庫、下神庫という、3つの建物からなっています。仁王門の正面辺りが下神庫、そしてその隣が中神庫、ちょうど、「神厩舎」の前くらいに位置するのが上神庫です。

三神庫 は「庫」という文字が使われているだけあって、神様のお道具を入れる倉庫です。三神庫 には東照宮の春季・秋季例大祭に使われる道具や装束を保管しています。

三神庫 の作り

日光東照宮の表門を抜けると、真正面にあるのは中神庫です。

日光東照宮の表門を抜けると、真正面にあるのは中神庫です。

三神庫 の作りはその役割が「倉庫」なので、通気性がよい「校倉造り(あぜくらづくり)」となっています。校倉造りで代表的なものは「正倉院」です。正倉院も平安時代からずっと、倉庫としての役割がありました。また、北米で多くみられる「ログハウス」は丸太を使用していますが、工法としては「校倉造り」と同じです。

三神庫 には階級があります。

三神庫 の中でも上神庫は一番重要なご神宝をしまっておくところです。
中神庫や下神庫には千人武者行列や東照宮のお祭りに使う道具などがしまってあります。

三神庫 は入れますか?

三神庫 は神様のお道具をしまっておくところなので、中に入ったりすることはできませんが、春・秋のお祭りの1週間くらい前からは準備のために扉を開けているので中をのぞくことはできます。
ですが、「倉庫」とはいえないほど立派な建物です。また、最近、修繕が終わったばかりなので、建築当初のまばゆいばかりの黄金に光り輝いています。

三神庫 の中の想像の「象」

上神庫の側面には2匹の象の彫刻があり、狩野探幽の作だそうです。象の絵といっても当時の日本には象はいなかったので「想像の象」だそうです。狩野探幽が人から聞いたり、文献を読んだりして想像した「象」なので、実際の「象」とは違いますが、見たことがない人が作ったと思うと意外とリアルな感じはします。
また、東照宮の彫刻は、ほとんどは想像上の動物です。
想像上の動物は「霊獣」といって、神秘的な力を持つと考えられていて東照宮には様々な霊獣が出てきます。

日光東照宮に関する他の記事

関連記事

  1. 神様のいらっしゃる場所なので、きちんと挨拶をします。

    本殿・拝殿・神楽殿

    二荒山神社中宮祠のご祭神二荒山神社中宮祠のご祭神は日光市内にある新宮(日光東照宮の隣)と同じ…

  2. 参拝者のご祈祷に使われるほか、結婚式も執り行われます。

    祈祷殿

    祈祷殿では護摩焚きがありました祈祷殿 は日光東照宮の眠り猫の左側にあります。江戸時代までは…

  3. 日光開山の祖「勝道上人」が大谷川沿いに790年、本宮神社を立てました。

    本宮神社

    本宮神社(ほんぐうじんじゃ)四本龍寺を建立した勝道上人はその隣に日光山の神々を祀る小さな神社…

  4. 浄光寺の境内の中に、石の笠をかぶったお地蔵さまがいらっしゃいます。そのお地蔵さまに期限を切ってお願いするとその願いがかなうので、「菅笠日限地蔵(すげがさひぎりじぞう)」といいます。

    菅笠日限地蔵

    菅笠日限地蔵(すげがさひぎりじぞう)縁日は24日菅笠日限地蔵(すげがさひぎりじぞう)の縁日は…

  5. この下に徳川家康公が眠っているそうです。徳川埋蔵金も一緒に埋まっているのでしょうか。

    宝塔 (ほうとう)

    宝塔宝塔 には神君家康公の神柩(しんきゅう)が納められています。 宝塔 は最初は木造、後に石…

  6. 陽明門を挟んで一対の建物です。昔は時を告げることもあったのではないでしょうか。

    鐘楼 と鼓楼

    日光東照宮の時を告げていた鐘楼と鼓楼陽明門の手前にある櫓(やぐら)のような二つの建物、向かっ…

  7. 日光東照宮美術館は以前は東照宮の社務所ですが、1997年(平成7年)に美術館としてオープンしました。

    日光東照宮美術館

    日光東照宮美術館 は旧社務所でした。日光東照宮美術館は以前は東照宮の社務所でしたが、1995…

  8. 二荒山神社の境内に酒樽が積みあがっています。

    献酒樽

    献酒樽(けんしゅたる)日光二荒山神社の境内の脇には酒樽が積みあがったところがあります。二荒山…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP