青龍神社

青龍神社

青龍神社

「 青龍神社 (せいりゅうじんじゃ)」は弘法大師空海の弟子が京都の醍醐(だいご)の青龍神を移し祀ったと言われています。 青龍神社 入り口から霊気があふれるとてもパワーの強い神社です。東照宮、二荒山神社の例大祭の時、晴天を祈って祈晴祭が行われています。

青龍神社 のご祭神

青龍神社は弘法大師空海の弟子が仏法の守護として、京都醍醐の青龍神を移し祀ったといわれています。今では大海津見命(おおわたつみのみこと)で海の神様です。大海津見命(おおわたつみのみこと)はとても位の高い神様です。

青龍神社 の清龍神

青龍権現というのは良い竜で、弘法大師空海が中国より日本に帰国する際の船の中に現れて弘法大師空海が密教を守ることを誓ったので、一緒に日本に来たそうです。

青龍神社 のご祭神が海の神様にかわった理由

青龍権現は神仏習合の時代は主に密教のお寺に守護神として祀られていましたが、明治元年年の神仏分離令で 青龍神社 ご祭神を大海津見命(おおわたつみのみこと)としたそうです。

青龍神社 の入り口

青龍神社は晴天を祈願する神社です。江戸幕府は日光東照宮の大祭が行われる時に、当日の晴天を祈願していたそうです。
青龍神社は晴天を祈願する神社です。江戸幕府は日光東照宮の大祭が行われる時に、当日の晴天を祈願していたそうです。

青龍神社 の入り口は国道120号線に面していており、大きな樹木たちが鬱蒼と生い茂って、細い参道は一の鳥居の奥が見えなくなっています。子供たちはこの奥は「怖くて行かれない」と言って、今回は 青龍神社 の入り口だけでした。

青龍神社 の狛犬

青龍神社 の参道を進んでいくと、本殿の前には「狛犬」があるそうです。そして、その 青龍神社 の狛犬は日光では一番古い狛犬だという事です。なので、 青龍神社 の奥まで行くと、きっとパワーを頂けること間違いないので、次回行ったときはぜひとも、 青龍神社 本殿まで行ってこようと思っています。

おすすめ新着記事

Comment on Facebook