青龍神社

青龍神社

「 青龍神社 (せいりゅうじんじゃ)」は弘法大師空海の弟子が京都の醍醐(だいご)の青龍神を移し祀ったと言われています。 青龍神社 入り口から霊気があふれるとてもパワーの強い神社です。東照宮、二荒山神社の例大祭の時、晴天を祈って祈晴祭が行われています。

青龍神社 のご祭神

青龍神社は弘法大師空海の弟子が仏法の守護として、京都醍醐の青龍神を移し祀ったといわれています。今では大海津見命(おおわたつみのみこと)で海の神様です。大海津見命(おおわたつみのみこと)はとても位の高い神様です。

青龍神社 の清龍神

青龍権現というのは良い竜で、弘法大師空海が中国より日本に帰国する際の船の中に現れて弘法大師空海が密教を守ることを誓ったので、一緒に日本に来たそうです。

青龍神社 のご祭神が海の神様にかわった理由

青龍権現は神仏習合の時代は主に密教のお寺に守護神として祀られていましたが、明治元年年の神仏分離令で 青龍神社 ご祭神を大海津見命(おおわたつみのみこと)としたそうです。

青龍神社 の入り口

青龍神社は晴天を祈願する神社です。江戸幕府は日光東照宮の大祭が行われる時に、当日の晴天を祈願していたそうです。

青龍神社は晴天を祈願する神社です。江戸幕府は日光東照宮の大祭が行われる時に、当日の晴天を祈願していたそうです。

青龍神社 の入り口は国道120号線に面していており、大きな樹木たちが鬱蒼と生い茂って、細い参道は一の鳥居の奥が見えなくなっています。子供たちはこの奥は「怖くて行かれない」と言って、今回は 青龍神社 の入り口だけでした。

青龍神社 の狛犬

青龍神社 の参道を進んでいくと、本殿の前には「狛犬」があるそうです。そして、その 青龍神社 の狛犬は日光では一番古い狛犬だという事です。なので、 青龍神社 の奥まで行くと、きっとパワーを頂けること間違いないので、次回行ったときはぜひとも、 青龍神社 本殿まで行ってこようと思っています。

関連記事

  1. 釈迦堂はたびたびお引越しをしている建物です。最初は東照宮のお仮殿の場所にありましたが、1621年に仏岩に移されて、その20年後に現在の田母沢御用邸の前に移されました。7月15日には輪王寺僧侶によるお施餓鬼法要が行われます。

    釈迦堂

    釈迦堂殉死の墓を目指して歩いて行くと、正面に「釈迦堂」があります。その奥に、「殉死の墓」があ…

  2. 江戸時代までは「星の宮」といって虚空蔵菩薩を祀っていました。神仏分離令で岩裂神社となりました。

    岩裂神社

    岩裂神社(いわさくじんじゃ)いつごろできたかはわかりませんが、昔は「星の宮」と称して「虚空蔵…

  3. しめ縄がしてある、滝尾神社のご神木。このあたりは木々はパワースポットとして有名です。

    無念橋

    滝尾神社ご神木滝尾神社の後ろに3本の杉の木があり、しめ縄がしてあり、正面には石の鳥居と塀で結…

  4. 岩裂神社を後にして石畳の道を歩いていくと浄光寺(じょうこうじ)に突き当たります。浄光寺は天台宗のお寺としては日光では一番古いです。勝道上人のお墓があるあたりの「仏岩」がまだ、その名の通りの仏様の姿をしていたころまで遡れるそうです。

    浄光寺

    浄光寺 (じょうこうじ)浄光寺 の歴史は非常に古く8世紀頃(日光開山の祖、勝道上人が稲荷川沿…

  5. 日光開山の祖「勝道上人」が大谷川を渡るために神様が投げてくれた蛇の橋が「神橋」です。正面に勝道上人たちを渡らせてくれた神様を祀るお堂があります。

    神橋

    神橋(しんきょう)日光に来てまず目に入るのが「 神橋 」です。ちょうど、日光山の入口にあり、…

  6. 日光開山の祖「勝道上人」が建立した四本龍寺の観音堂。白木作りです。

    四本龍寺観音堂

    観音堂本宮神社の向こう側に観音堂と三重塔があります。勝道上人が千手観音を祀った観音堂です。観…

  7. 逍遥園は京都からいらした宮様の為に作られました。逍遥園のお庭を散策されて京都を思い出していたでしょうか。

    逍遥園

    逍遥園 (しょうようえん逍遥園 (しょうようえん)は江戸時代に作られた庭園です。池が真ん中にあっ…

  8. 護摩壇

    護法天堂(ごほうてんどう)

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP