夏の戦場ヶ原を歩く

戦場ヶ原の夏

奥日光ハイキングは1年を通して楽しむことができます。ですが、 夏の戦場ヶ原 、小田代が原は花盛りで歩いていてもとても気持ちのいいシーズンです。木々のむせかえるような香りやミツバチがブンブン言う中を歩いていると、標高1400メートルの気持ち良い暑さを味わうことができます。奥日光の夏はみじかいので花たちは日々変化しています。

夏の戦場ヶ原 はいつ?

夏の戦場ヶ原 ですがとても短いです。ピークは7月後半から8月のほんの前半、10日より前くらいが一番華やかです。とはいってもお休みを 夏の戦場ヶ原 のスケジュールに合わせることは難しいです。私も、たいていは8月のお盆の時になってしまいます。

夏の戦場ヶ原 は標高1400メートルの気持ちよさ!

標高1400メートルの気持ち良さってどんなのでしょうか?それは、歩いたり、走ったりすると汗をかきますが、木陰に入ると涼しいし、涼しくてとっても気持ちがいいです。都心の蒸し暑さとは全くの別物です。
朝早くから、戦場ヶ原や小田代が原には奥日光のかわいいお花や、野鳥の姿を求めて多くの人が歩いて行きます。

夏の戦場ヶ原 に行く時は

やはり、長そでは必ず持って行きましょう。
早朝の気温はさすがに奥日光です。10度以下になるので、日光に来るときは夏でも長そでは必要です。
ズボンも長いものがいいです。できれば、カバーもした方がいいと思います。朝露がいっぱい降りるので、草が生い茂った所などはかあり濡れてしまいます。

関連記事

  1. 赤城の山の神様と日光の山の神様が中禅寺湖をめぐって戦ったそうです。

    赤城山と日光の戦い

    中禅寺湖をめぐる神話日本昔話に中禅寺湖の神話が載っていました。赤城山の神様は中禅寺湖のお水…

  2. 2011年10月半ばの日光湯元温泉。赤と黄色と空の青さがとてもきれいでした。帰るのが嫌だったけど、写真を撮ったあと帰りました。

    紅葉の真っ盛りですが、

    毎年、秋になると毎日のように紅葉の番組が放送されます。奥日光の紅葉も、あちこちのテレビ番組で見…

  3. 日光二荒山神社の楼門は勝道上人の男体山登頂記念事業です。

    神社について

    運気向上 につながる神社(じんじゃ)とは運気向上 につながる神社とは神々を祀るために建てられた建…

  4. やっぱり、今年の秋は早そうです!昨日の夜、川崎でもずいぶんと涼しいので、これはもしかしたら?って思ったら、やっぱり奥日光、戦場ヶ原では 初霜、初氷 だったそうです。

    戦場ヶ原で 初霜、初氷

    奥日光戦場ヶ原で 初霜、初氷NHKのニュースで、9月21日の朝奥日光戦場ヶ原で初霜、初氷が観測さ…

  5. 浄光寺の参道に通じる道を歩いていると、石升がある家が出てきます。自然の水が豊富な日光ならでは風景です。「石升の道」と呼ぶそうです。

    石升 の道

    石升の道浄光寺を目指して歩いている、玄関先に「 石升 」をおいてある家が出てきました。自然の水が…

  6. 徳川家康公没後400年を迎える400年忌

    徳川家康公 400年回忌

    徳川家康公 400年回忌徳川家康 公は1616年4月17日に亡くなりました。2015年(平成27…

  7. 日光を題材したブログやホームページはたくさんあります。「大好き!日光!」もその一つですが、まだまだ、できたばかりの赤ちゃんサイトです。日光「ふぃふぁ山荘」元単身赴任日記さんはバックナンバーを見ると2005年から日光の事を書いていらっしゃる老舗のブログです。

    日光「ふぃふぁ山荘」元単身赴任日記

    日光「ふぃふぁ山荘」元単身赴任日記 2005年から運営されている老舗のブログです。日光の事が細…

  8. 紅葉と竜頭の滝

    「竜頭の滝」と「 水五則 」

    竜頭の滝と「水五則」今日(10月26日放送)の「軍師官兵衛」でいよいよ、黒田如水の登場ですね。竜…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP