夏の戦場ヶ原を歩く

戦場ヶ原の夏

奥日光ハイキングは1年を通して楽しむことができます。ですが、 夏の戦場ヶ原 、小田代が原は花盛りで歩いていてもとても気持ちのいいシーズンです。木々のむせかえるような香りやミツバチがブンブン言う中を歩いていると、標高1400メートルの気持ち良い暑さを味わうことができます。奥日光の夏はみじかいので花たちは日々変化しています。

夏の戦場ヶ原 はいつ?

夏の戦場ヶ原 ですがとても短いです。ピークは7月後半から8月のほんの前半、10日より前くらいが一番華やかです。とはいってもお休みを 夏の戦場ヶ原 のスケジュールに合わせることは難しいです。私も、たいていは8月のお盆の時になってしまいます。

夏の戦場ヶ原 は標高1400メートルの気持ちよさ!

標高1400メートルの気持ち良さってどんなのでしょうか?それは、歩いたり、走ったりすると汗をかきますが、木陰に入ると涼しいし、涼しくてとっても気持ちがいいです。都心の蒸し暑さとは全くの別物です。
朝早くから、戦場ヶ原や小田代が原には奥日光のかわいいお花や、野鳥の姿を求めて多くの人が歩いて行きます。

夏の戦場ヶ原 に行く時は

やはり、長そでは必ず持って行きましょう。
早朝の気温はさすがに奥日光です。10度以下になるので、日光に来るときは夏でも長そでは必要です。
ズボンも長いものがいいです。できれば、カバーもした方がいいと思います。朝露がいっぱい降りるので、草が生い茂った所などはかあり濡れてしまいます。

関連記事

  1. 日光は山間地なので、しばしば山津波などの自然災害に見舞われていました。また、八王子千人同心などのように専門の火消隊が設置されるように、火事災害にも神経を配っていました。1902年の足尾台風の雨による山津波は非常に大きな被害を日光の文化財に与えました。

    明治35年の 山津波

    広島の土砂災害2014年8月20日に起きた広島の土砂災害の報道が毎日、あります。しかも、当初は…

  2. 徳川家康公没後400年を迎える400年忌

    徳川家康公 400年回忌

    徳川家康公 400年回忌徳川家康 公は1616年4月17日に亡くなりました。2015年(平成27…

  3. 世界遺産の施設を使っての結婚式はきっと思い出に残ると思います。

    神橋は結婚式の時に渡れます。

    結婚式で神橋を渡る神橋は観光で渡ることができますが、途中までなんです。結婚式の時は渡ることが…

  4. 日光の渋滞に「コリゴリ」なんて、ならないように日光が大好きな管理人が日光の 渋滞を回避 する方法を押します。

    日光の紅葉2014そして 渋滞を回避 する方法

    渋滞を回避 しよう!日光の紅葉と同じくらい有名ですごい日光の渋滞!!初めて行った日光で渋滞に…

  5. 神仏分離と廃仏毀釈運動のあおりで日光の貴重な文化財(特に仏教的施設)は壊滅的被害を受けていました。そこで、日光の貴重な財産を守るために明治天皇に直訴した人が落合源七と巴快寛です。二人の功績をたたえて日光総合会館の玄関に石碑が立っています。

    落合源七の碑

    神仏習合から神仏分離へ明治政府は1868年4月5日、日本の宗教は「神道」だとして、今までのよ…

  6. 毎年、夏を日光で過ごされた大正天皇は、「田母沢御用邸」の近所の大谷川付近を散策しながら読んだ歌です。大正天皇歌碑は慈雲寺の門の手前にあります。

    大正天皇歌碑

    大正天皇歌碑大谷川沿いの道を「慈雲寺」を目指して歩いていくと「憾満が淵」入り口にあるおそば屋…

  7. 見ざる、言わざる、聞かざる の三猿の彫刻が壁面を飾る神厩舎

    日光東照宮の 神馬

    神馬とは 神社には「馬」はつきものだそうです。今でも神社にお酒、お米などを奉納するように、む…

  8. しめ縄がしてある、滝尾神社のご神木。このあたりは木々はパワースポットとして有名です。

    日光のパワースポット

    日光のパワースポット は強力ですパワースポット研究 といえば、神道の研究、陰陽道、五行説、風水な…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP