夏の戦場ヶ原を歩く

夏の戦場ヶ原を歩く

戦場ヶ原の夏

奥日光ハイキングは1年を通して楽しむことができます。ですが、 夏の戦場ヶ原 、小田代が原は花盛りで歩いていてもとても気持ちのいいシーズンです。木々のむせかえるような香りやミツバチがブンブン言う中を歩いていると、標高1400メートルの気持ち良い暑さを味わうことができます。奥日光の夏はみじかいので花たちは日々変化しています。

夏の戦場ヶ原 はいつ?

夏の戦場ヶ原 ですがとても短いです。ピークは7月後半から8月のほんの前半、10日より前くらいが一番華やかです。とはいってもお休みを 夏の戦場ヶ原 のスケジュールに合わせることは難しいです。私も、たいていは8月のお盆の時になってしまいます。

夏の戦場ヶ原 は標高1400メートルの気持ちよさ!

標高1400メートルの気持ち良さってどんなのでしょうか?それは、歩いたり、走ったりすると汗をかきますが、木陰に入ると涼しいし、涼しくてとっても気持ちがいいです。都心の蒸し暑さとは全くの別物です。
朝早くから、戦場ヶ原や小田代が原には奥日光のかわいいお花や、野鳥の姿を求めて多くの人が歩いて行きます。

夏の戦場ヶ原 に行く時は

やはり、長そでは必ず持って行きましょう。
早朝の気温はさすがに奥日光です。10度以下になるので、日光に来るときは夏でも長そでは必要です。
ズボンも長いものがいいです。できれば、カバーもした方がいいと思います。朝露がいっぱい降りるので、草が生い茂った所などはかあり濡れてしまいます。

おすすめ新着記事