大国殿

七福神のひとり大黒天を祀る

七福神 のお一人がなんと、二荒山神社にいらっしゃいました。

日光二荒山神社のご祭神は 大己貴命(おおなちむのみこと)ですが、別名は「大国主命(おおくにぬしのみこと)とです。

そして、インドの神様「マハーカーラ」と一緒になって 「大国天(だいこくてん)」になったそうです。

ご祭神「大己貴命(おおなむちのみこと)」は別名「大国主命(おおくにぬしのみこと)」といって、幸福を招く福の神といわれています。小槌を振って福の神を招きましょう。

ご祭神「大己貴命(おおなむちのみこと)」は別名「大国主命(おおくにぬしのみこと)」といって、幸福を招く福の神といわれています。小槌を振って福の神を招きましょう。

日光二荒山神社に関する他の記事

関連記事

  1. 2代将軍徳川秀忠公の頃から、2時間ごとに鐘を鳴らして時刻を告げていたそうです。

    鐘楼(日光山輪王寺)、黒門(くろもん)

    鐘楼(しょうろう)鐘の音 は日光山内に響き渡ることでしょう。輪王寺の鐘楼は三仏堂の左側にあ…

  2. 立木観音と同じように有名な仏像に「 波之利大黒天堂 (はしりだいこくてんどう)」があります。

    波之利大黒天(はしりだいこくてん)

    大黒天(だいこくてん)とは大黒天(だいこくてん)は、仏教的には戦闘の守り神、守護神的な発達を…

  3. 唐門の昼の警備担当

    唐門

    唐門 (からもん)「唐門 とは屋根に唐破風(からはふ)を持つ門のことです。唐破風(からはふ)…

  4. 家光公の墓所に通じる門です。家康公の霊廟に通じる門は一般公開されています。家光公は2000年に公開されました。また、開けてくれるとうれしいです。

    皇嘉門 (こうかもん)

    皇嘉門 (こうかもん)皇嘉門(こうかもん)は東照宮でいえば、「坂下門」にあたります。家光公のお墓…

  5. 日光二荒山神社はもともとは大谷川近くにありましたが大谷川の氾濫によりこの地にうつりました。

    日光二荒山神社

    二荒山神社日光というと「東照宮」を思い浮かべる人がほとんどだと思います。ですが、東照宮が立て…

  6. 岩裂神社を後にして石畳の道を歩いていくと浄光寺(じょうこうじ)に突き当たります。浄光寺は天台宗のお寺としては日光では一番古いです。勝道上人のお墓があるあたりの「仏岩」がまだ、その名の通りの仏様の姿をしていたころまで遡れるそうです。

    浄光寺

    浄光寺 (じょうこうじ)浄光寺 の歴史は非常に古く8世紀頃(日光開山の祖、勝道上人が稲荷川沿…

  7. 大谷川で立ち往生している勝道上人の一向に対岸に神様が表れて蛇を投げて渡らせてくれたという神様を祀っています。

    深沙王堂

    深沙王堂 (じんじゃおうどう)「神橋」の北側に 深沙王堂 (じんじゃおうどう)と呼ばれる小さ…

  8. 祠の奥の石に梅鉢紋(うめばちもん)が彫られています。

    北野神社

    北野神社北野神社は学問の神様である菅原道真公(天神様)を祀っています。石の鳥居がありますが、…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP