白糸の滝

白糸の滝

白糸の滝

樹齢数百年の杉並木の間の石畳を歩いてやっと滝尾神社の入り口に到着しました。ここに、白糸の滝があります。白糸の滝は高さ10メートルです。日光が山岳信仰の聖地として多くの修験者僧が日光を訪れていたころ、白糸の滝周辺も修業をする人が大勢いたそうです。実際に滝壺で修業をした人もいたそうですが、今では滝壺がどこなのかわからなくなってしまっています。

大正天皇行幸

高さ10メートルの白糸の滝。山岳信仰の聖地として人気が高い。
高さ10メートルの白糸の滝。山岳信仰の聖地として人気が高い。

1916年(大正5年)大正天皇がこの地を訪問されています。大正天皇は皇太子の時代からご静養のため田母沢御用邸に毎年、夏になると滞在していらしたそうなので、きっと滝尾神社にもいらっしゃる機会があったのでしょう。

白糸の滝は全国各地にあります。

「白糸の滝」という名称の滝は全国各地にあります。特に有名なのは日本の3台名瀑(日光の華厳の滝、那智の滝、そして富士の白糸の滝)に挙げられることもある、富士の白糸の滝は誰でも一度は聞いたことがあると思います。

おすすめ新着記事