温泉神社

温泉神社

日光湯元温泉の 温泉神社 は勝道上人が湯元温泉を見渡せる場所に作ったので高台にあります。

日光湯元温泉の 温泉神社 は勝道上人が湯元温泉を見渡せる場所に作ったので高台にあります。

温泉神社は温泉を祀る神社で、日本は火山があちこちにあり、全国各地に温泉があるので、温泉のあるところには温泉神社があります。
日光開山の祖「勝道上人」は782年に男体山登頂に成功しました。その4年後に勝道上人は湯元温泉を発見しました。そこで、勝道上人は湯元温泉の見渡せる高台に温泉神社を建立して湯元温泉の守り神としたそうです。

温泉神社のご祭神

温泉神社のご祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)です。別名大国主命(おおくにぬしのみこと)とも言います。
大国主命(おおくにぬしのみこと)は因幡の白兎(しろうさぎ)を助けた神様です。
大己貴命(おおなむちのみこと)の役割
大己貴命(おおなむちのみこと)は、農業・医薬・温泉の神様だったそうです。また、縁結びの神様としてしても有名です。二荒山神社も縁結びの神社として威力を発揮しているそうです。
温泉神社は1962年(昭和37年)に新しく建立されました。以前の古い銅祠(どうほこら)は二荒山神社中宮祠の宝物館に保管されていそうです。
例祭は毎年、9月の中旬です。

温泉神社の御朱印

日光湯元温泉、温泉神社の御朱印です。温泉神社だから健康機関の文字があります。

日光湯元温泉、温泉神社の御朱印です。温泉神社だから健康機関の文字があります。

温泉神社は神職さんが常駐していないので御朱印を頂くところがありません。温泉神社は二荒山神社中宮祠の管轄なので、中宮祠でお詣りをする日付を言って御朱印を頂くことができます。

関連記事

  1. 上神庫の前にも多くの灯篭が並んでいます。石灯籠には苔が生えているものが多く、年月の長さを感じます。

    灯籠 (とうろう)

    日光東照宮の石 灯籠日光東照宮の境内にはあちこちに「灯籠(とうろう)」があります。 灯籠 の…

  2. 浄光寺のお地蔵様

    導き地蔵尊

    導き地蔵の意味は、仏の道への導きだということです。日光だけなく全国各地に導き地蔵尊はいらっしゃ…

  3. 八幡神社は国道120号線にあります。道路より高い位置にあるので階段を上って「鳥居」をくぐります。ご祭神は誉田別命(ほんだわけのみこと)で「応神天皇」と同一視されています。

    八幡神社

    八幡神社八幡神社 は日光開山の祖「勝道上人」が作りました。別名、「飛石八幡(とびいしはちまん…

  4. 外側は黒が基調なので地味な感じですが、中は金箔の柱、極彩色の鳳凰など派手な装飾となっています。

    奥社拝殿

    奥社拝殿奥社拝殿 とは神君家康公の宝塔の前の建物で、江戸時代は将軍だけがその建物で家康公…

  5. 日光二荒山神社は パワーのある神社 です。

    縁結びの神様「日光二荒山神社」日光二荒山神社はとてもパワーのある神社です。なぜならご神体がご家族…

  6. 日光東照宮の神與舎(しんよしゃ)には神様の乗り物「お神輿」を保管してあります。天井に天女の絵が書いてあって「ささやき」が聞こえるそうです。一度、聞いてみたいです。

    神與舎

    神輿舎陽明門を入ると左側に「神輿舎(しんよしゃ)」という3基の御神輿(おみこし)が納められて…

  7. 慈雲寺(じうんじ)は1654年に晃海僧正によって建立されました。ちょうど、4代将軍家綱の治世になってしばらくしたころです。

    慈雲寺 (じうんじ)

    慈雲寺慈雲寺 (じうんじ)は1654年に天海僧正の4人の弟子の一人、晃海僧正によって建立され…

  8. 三神庫 の中でも最も重要な上神庫には「ご神宝」を補完しています。

    三神庫

    三神庫(さんしんこ)は神様のお道具箱です。三神庫 は表門(仁王門)を抜けるとすぐ目の前に…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP