日光二荒山神社

日光二荒山神社

[tabs class=”]
[tab title=’日光二荒山神社本社’ class=” icon=”]

日光二荒山神社の拝殿は2代将軍徳川秀忠が建立した建物です。
日光二荒山神社の拝殿は2代将軍徳川秀忠が建立した建物です。

[/tab]
[tab title=’日光二荒山神社別宮’ class=” icon=”]

日光開山の祖「勝道上人」が大谷川沿いに790年、本宮神社を立てました。
日光開山の祖「勝道上人」が大谷川沿いに790年、本宮神社を立てました。
大谷川と稲荷川の合流点近くにあって、祭神は大国主命の御子神の味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)です。
大谷川と稲荷川の合流点近くにあって、祭神は大国主命の御子神の味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)です。

[/tab]
[tab title=’日光二荒山神社摂末社(せつまつしゃ)’ class=” icon=”]

若子神社(じゃっこじんじゃ)は境内の外にある摂社・末社「境外社」です。
若子神社(じゃっこじんじゃ)は境内の外にある摂社・末社「境外社」です。

[/tab]

[tab title=’二荒山神社中宮祠(ふたらさんじんじゃちゅうぐうじ)’ class=” icon=”]

二荒山神社中宮祠は男体山山頂の奥宮と、日光山内にある二荒山神社の中間にあるので、中宮祠と呼ばれています。
二荒山神社中宮祠は男体山山頂の奥宮と、日光山内にある二荒山神社の中間にあるので、中宮祠と呼ばれています。

[/tab]

[/tabs]