日光山中禅寺一覧

日光二荒山神社摂社・末社

784年に男体山登頂を成功した勝道上人は、中禅寺を建立し修業の場としました。本堂には「十一面千手観世音菩薩(じゅういちめんせんじゅかんのんぼさつ)」が祀られています。勝道上人が西の湖(さいのこ)に行ったときに千手観音が現れたことから、勝道上人自らが菩薩像を彫ったそうです。
中禅寺は最初は、今の二荒山神社中宮祠の方にありましたが、明治35年の大山津波で、現在の歌が浜の場所に移転しました。
境内には、愛染堂、波之利大国天堂(はしりだいこくてんどう)、五大堂などがあります。また、奥日光にある温泉寺も中禅寺の管轄です。

立木観音波之利大黒天(はしりだいこくてん)愛染堂身代わりの瘤温泉寺
立木観音 は重要文化財に指定されていて、正面入り口の左手にある本堂に設置されています。正式名称は「十一面千手観音菩薩像」です。日光開山の祖、「勝道上人」がお作りになったと言われています。勝道上人が西の湖に行ったときに金色の千手観音があわれたそうです。中禅寺湖湖畔には「千手ヶ浜」という地名があります。

立木観音 は重要文化財に指定されていて、正面入り口の左手にある本堂に設置されています。正式名称は「十一面千手観音菩薩像」です。日光開山の祖、「勝道上人」がお作りになったと言われています。勝道上人が西の湖に行ったときに金色の千手観音があわれたそうです。中禅寺湖湖畔には「千手ヶ浜」という地名があります。

続きはこちら
紅葉の中禅寺

紅葉の中禅寺

続きはこちら

愛染明王に願かけるために訪れた人が 愛染堂 の前にたくさんの旗を奉納しています。

愛染明王に願かけるために訪れた人が 愛染堂 の前にたくさんの旗を奉納しています。

続きはこちら
日光山中禅寺の身代わりの瘤には毎日、多くの人がご自分の痛いところ、つらいところをお願いしに来ます。

日光山中禅寺の身代わりの瘤には毎日、多くの人がご自分の痛いところ、つらいところをお願いしに来ます。

続きはこちら
源泉の奥に温泉寺の建物が見えます。温泉寺ではその名の通り、温泉に入ることのできるお寺です。

源泉の奥に温泉寺の建物が見えます。温泉寺ではその名の通り、温泉に入ることのできるお寺です。

続きはこちら
PAGE TOP