四本龍寺観音堂

観音堂

本宮神社の向こう側に観音堂と三重塔があります。勝道上人が千手観音を祀った観音堂です。観音堂は何度が火災で焼失という災難にあっています。現在の建物も1684年に焼失した後に再建されたものです。日光山内のきらびやかな建物に比べたら、何の装飾もなく非常に地味な存在です。観音堂と三重塔の間には「護摩壇」があります。

観音巡り(御朱印の頂く場所)

四本龍寺観音堂は下野三十三観音巡りの第3番札所になります。いつも人が常駐していないので、輪王寺の大護摩所でいただくことができます。

護摩壇と不動明王

こちらは四角に結界してあるだけで屋根はないですが、奥に不動明王が設置しています。

こちらは四角に結界してあるだけで屋根はないですが、奥に不動明王が設置しています。

不動明王

不動明王

その観音堂と三重塔と挟まれた場所に護摩壇があり不動明王が祀られています。
護摩というのは密教の祈祷方法です。護摩は室内で行われるものと屋内と行われるものとがあり、日光には屋外で行われた時の護摩壇が日光修験の遺跡として存在しています。不動明王を真ん中において、手前に長方形の石枠を作り、中央に円形の炉をおく。ここで、火を焚いて祈祷をします。
亡くなった父がこのような「荒行(あらぎょう)」や「祈祷」を信じていたので、私がまだ小さい頃、幼稚園くらいの時だったと思います。家の中で祈祷をしてもらっていました。なんと、火のついた蝋燭の蝋を自分の腕にたらしてお経をあげていたのにびっくりして幼稚園という幼い時の記憶ですが鮮明に覚えています。

 

関連記事

  1. 日光開山の祖「勝道上人」が湯元温泉を発見し、 薬師如来 を祀る堂を建てました。

    温泉寺

    日光湯元温泉日光開山の祖「勝道上人」が男体山登頂を成功させ、その後次々と神社・寺院を建ててい…

  2. 神楽殿(かぐらでん)のわきには親子杉があります。

    神楽殿

    神楽殿 (かぐらでん)神社の境内にあって神様に神楽を奉納するための場所を「 神楽殿 (かぐら…

  3. 御仮殿は本社の修理等の間、ご神体を一時御移しする建物です。

    御仮殿

    御仮殿 (おかりでん)御仮殿 (おかりでん)は本社を修理するときに、一時的に神霊をお移しする建物…

  4. 日光山中禅寺 は山伏達たちの修業の場として784年に勝道上人が建立したものです。

    日光山中禅寺

    坂東観音霊場33か所坂東観音霊場33か所とは、関東地方(神奈川県・埼玉県・東京都・群馬県・栃…

  5. 日光真光教会は日光で初めての洋式建築です。現在のような石造りになったのは1914年の事です。

    日光真光教会

    日光真光教会日光真光教会 は1899年に建てられました。1899年は明治32年にあたり、日本…

  6. 日光山中禅寺の山門をくぐり境内を進みます。左手に手を洗うところがあるので、手を洗って鐘を突きます。鐘をついたらさらに奥に進みましょう。そうすると右手に愛染明王(あいぜんみょうおう)を祀った 愛染堂 があります。ここは、映画「愛染かつら」のロケ地としても有名です。

    愛染堂

    愛染明王愛染明王(あいぜんみょうおう)は人間につきものの煩悩、すなわち欲望・執着心を悟りに変…

  7. 湯の湖湖畔の紅葉

    清滝神社

    清滝神社(きよたきじんじゃ) 820年、弘法大師が日光に来た際に、この地に小さな祠を建てて「金毘…

  8. 立木観音と同じように有名な仏像に「 波之利大黒天堂 (はしりだいこくてんどう)」があります。

    波之利大黒天(はしりだいこくてん)

    大黒天(だいこくてん)とは大黒天(だいこくてん)は、仏教的には戦闘の守り神、守護神的な発達を…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP