四本龍寺観音堂

観音堂

本宮神社の向こう側に観音堂と三重塔があります。勝道上人が千手観音を祀った観音堂です。観音堂は何度が火災で焼失という災難にあっています。現在の建物も1684年に焼失した後に再建されたものです。日光山内のきらびやかな建物に比べたら、何の装飾もなく非常に地味な存在です。観音堂と三重塔の間には「護摩壇」があります。

観音巡り(御朱印の頂く場所)

四本龍寺観音堂は下野三十三観音巡りの第3番札所になります。いつも人が常駐していないので、輪王寺の大護摩所でいただくことができます。

護摩壇と不動明王

こちらは四角に結界してあるだけで屋根はないですが、奥に不動明王が設置しています。

こちらは四角に結界してあるだけで屋根はないですが、奥に不動明王が設置しています。

不動明王

不動明王

その観音堂と三重塔と挟まれた場所に護摩壇があり不動明王が祀られています。
護摩というのは密教の祈祷方法です。護摩は室内で行われるものと屋内と行われるものとがあり、日光には屋外で行われた時の護摩壇が日光修験の遺跡として存在しています。不動明王を真ん中において、手前に長方形の石枠を作り、中央に円形の炉をおく。ここで、火を焚いて祈祷をします。
亡くなった父がこのような「荒行(あらぎょう)」や「祈祷」を信じていたので、私がまだ小さい頃、幼稚園くらいの時だったと思います。家の中で祈祷をしてもらっていました。なんと、火のついた蝋燭の蝋を自分の腕にたらしてお経をあげていたのにびっくりして幼稚園という幼い時の記憶ですが鮮明に覚えています。

 

関連記事

  1. 三神庫 の中でも最も重要な上神庫には「ご神宝」を補完しています。

    三神庫

    三神庫(さんしんこ)は神様のお道具箱です。三神庫 は表門(仁王門)を抜けるとすぐ目の前に…

  2. 日光には面白い風習がたくさんあります。「福銭貸」と言ってお正月に外山毘沙門天にお詣りをして事業の軍資金をお借りして翌年には借りたお金の倍を返して、また1年間の商売のお金を借りてくるというものです。証文などは取らずに「信用貸し」だそうです。一度、行ってみたいと思っていました。実際に行ってみるとやっぱり、ただじゃお金は借りられません。すごい山道を登ってやっと頂上につきます。

    外山毘沙門天 (とやまびしゃもんてん)堂

    外山毘沙門天 ―行ってみるとすごいところだった外山(とやま)は日光東照宮の鬼門にあたります。…

  3. 神楽殿(かぐらでん)のわきには親子杉があります。

    神楽殿

    神楽殿 (かぐらでん)神社の境内にあって神様に神楽を奉納するための場所を「 神楽殿 (かぐら…

  4. 釈迦堂はたびたびお引越しをしている建物です。最初は東照宮のお仮殿の場所にありましたが、1621年に仏岩に移されて、その20年後に現在の田母沢御用邸の前に移されました。7月15日には輪王寺僧侶によるお施餓鬼法要が行われます。

    釈迦堂

    釈迦堂殉死の墓を目指して歩いて行くと、正面に「釈迦堂」があります。その奥に、「殉死の墓」があ…

  5. しめ縄がしてある、滝尾神社のご神木。このあたりは木々はパワースポットとして有名です。

    無念橋

    滝尾神社ご神木滝尾神社の後ろに3本の杉の木があり、しめ縄がしてあり、正面には石の鳥居と塀で結…

  6. 日光東照宮の本社とは、拝殿 、石の間、本殿の3つの建物を本社と言います。

    本社

    本社(ほんしゃ)拝殿 、石の間、本殿の3つの建物を本社と言います。東照宮本社は 拝殿 (はい…

  7. 八幡神社は国道120号線にあります。道路より高い位置にあるので階段を上って「鳥居」をくぐります。ご祭神は誉田別命(ほんだわけのみこと)で「応神天皇」と同一視されています。

    八幡神社

    八幡神社八幡神社 は日光開山の祖「勝道上人」が作りました。別名、「飛石八幡(とびいしはちまん…

  8. 浄光寺の境内の中に、石の笠をかぶったお地蔵さまがいらっしゃいます。そのお地蔵さまに期限を切ってお願いするとその願いがかなうので、「菅笠日限地蔵(すげがさひぎりじぞう)」といいます。

    菅笠日限地蔵

    菅笠日限地蔵(すげがさひぎりじぞう)縁日は24日菅笠日限地蔵(すげがさひぎりじぞう)の縁日は…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP