四本龍寺

四本龍字(しほんりゅうじ)

「 四本龍寺 (しほんりゅうじ)」は日光開山の祖「勝道上人」が大谷川を渡った後に、千手観音を祀るお寺として建立しました。そして拝んでいると四本の紫の煙が龍の形になって天に昇っていったことから「 四本龍寺 」という名前がつけられました。勝道上人が日光にこのお寺を建てたことから日光の歴史は始まりました。

四本龍寺紫雲石

勝道上人が祈りをささげていると4本の紫色の煙が男体山の方角に上って行ったそうです。

勝道上人が祈りをささげていると4本の紫色の煙が男体山の方角に上って行ったそうです。

深沙王堂(じんじゃおうどう)の神様のご加護を受けて無事に大谷川を渡った勝道上人は766年に四本龍寺を建立しました。四本龍寺は勝道上人が男体山の方角に祈りをささげていると紫雲石から紫色の4本の煙がたなびいて男体山の方向に向かったので、四本龍寺というそうです。別名「紫雲龍寺」ともいうそうです。

四本龍寺の後に二荒山神社を建立

日光開山の祖、勝道上人は日光山の神様を祀る神社として 四本龍寺 のそばに二荒山神社を建立しました。

四本龍寺の窓は男体山の方角を向いている

四本龍寺にも、本宮神社と同じように男体山を遥拝できるように小窓が開いていたそうです。

四本龍寺にも、本宮神社と同じように男体山を遥拝できるように小窓が開いていたそうです。

父なる男体山をいつでも遥拝するために 四本龍寺 もそばに建立した本宮神社も男体山の方角に窓が開いていたそうです。

関連記事

  1. 日光二荒山神社の手水舎で手を洗います。神様の領域に入るためには身を清めることから始めます。

    手水舎

    手水舎 (てみずしゃ)手水舎 とは手を洗う場所の事です。神社やお寺に参拝すると、必ず門をくぐ…

  2. 三神庫 の中でも最も重要な上神庫には「ご神宝」を補完しています。

    三神庫

    三神庫(さんしんこ)は神様のお道具箱です。三神庫 は表門(仁王門)を抜けるとすぐ目の前に…

  3. 日光二荒山神社の楼門は勝道上人の男体山登頂記念事業です。

    楼門 と神門

    楼門 と神門日光二荒山神社の「 楼門 」は東照宮から「上新道(かみしんみち)」という参道を歩…

  4. 神様のいらっしゃる場所なので、きちんと挨拶をします。

    本殿・拝殿・神楽殿

    二荒山神社中宮祠のご祭神二荒山神社中宮祠のご祭神は日光市内にある新宮(日光東照宮の隣)と同じ…

  5. 日光二荒山神社の社務所。ご祈祷の受付、御朱印の受付などはこちらの入り口から入れます。

    社務所

    社務所 (しゃむしょ)社務所とは神社の事務所にあたります。神社における様々な事務作業を行う場…

  6. 大猷院殿の仁王門(いちばん外側にあるもんです。)寺院には仁王像が置かれた「仁王門」があることが多いです。

    仁王門

    大猷院の仁王門仁王門 は大猷院の受付の向こう側にあります。東照宮の「表門」にあたります。仁…

  7. 日光二荒山神社中宮祠、唐門のところのおみくじが一番当たるといつも子供たちが引いています。

    中宮祠唐門

    二荒山神社 中宮祠唐門中禅寺湖湖畔、男体山のふもとに位置する神社です。日光開山の祖「勝道上人」が…

  8. 奥社の中にある宝塔

    奥社

    奥社(おくしゃ)奥社 とは、神君徳川家康公の霊廟です。徳川家康は1616年に亡くなると、遺言…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP