神馬の碑

神馬の碑

神馬の碑 (しんめのひ)

神馬の碑 (しんめのひ)というのは、徳川家康公が関ヶ原の戦いで乗った名馬の碑だそうです。家康公の死後も1617年から1630年の14年間、東照宮の神馬としてご奉公していたそうです。

神馬

東照宮の神馬
日光東照宮の神馬は毎日午前10時から正午までご奉公しています。

神馬(しんめ)というのは、神社に奉納された馬のことで、神社の祭事の際に使用される馬のことです。馬は神様がお乗りになるそうです。日光東照宮の神馬は毎日午前10時から正午まで「見ざる・言わざる・聞かざる」で有名な神厩(しんきゅう)で神馬としてご奉公しています。

神馬は祈願のために奉納される

古の昔から人々は祈願のために神社に様々な品物を奉納したが、馬もその一つでした。馬はかなり高価なものだったので、馬は今でも高価ですが、昔も非常に高価なものだったので、馬を奉納して祈願するような願い事はきっと、ちょっとやそっとでは叶わない大変なことだったのでしょう。

木像の神馬

生きている馬の代わりに木像の神馬を置いている神社もたくさんあります。
生きている馬の代わりに木像の神馬を置いている神社もたくさんあります。

贈る方にとっても高価な馬ですが、奉納される側の神社も規模によっては生きている馬を奉納されるのは困る場合もありました。そんな場合は等身大の馬の像だったりしました。

絵馬は神馬の代わり

そして、今でも神社で願い事があると、絵馬に書いて神社の指定する場所にかけてきたりしますが、実は神馬の代わりに絵馬がだんだんとかわっていったのです。

おすすめ新着記事