春の戦場ヶ原を歩く

6月の戦場ヶ原

奥日光の短い春に焦点をあわせてくるのは、子供の休みの都合で日程が変わる私にとっては難しい事です。この写真は初めて6月に来た時の「青木橋」です。ゴールデンウィークの頃はまだ、全体的にグレーが多く、湯元温泉は残雪が残っていたりもします。5月の半ば過ぎると「アカヤシオ」が見ごろになり、だんだんと日光の花たちが彩りを増していきます。6月になるとズミ、ワタスゲなど咲いてきて、朝もやともに、幻想的な風景を醸し出します。
奥日光は「梅雨がない」とも言われています。日光市街が雨でも、いろは坂を昇って中禅寺湖までくると晴れていることが多いそうです。雨雲はいろは坂を登って来れないのでしょう。

関連記事

  1. 神仏分離と廃仏毀釈運動のあおりで日光の貴重な文化財(特に仏教的施設)は壊滅的被害を受けていました。そこで、日光の貴重な財産を守るために明治天皇に直訴した人が落合源七と巴快寛です。二人の功績をたたえて日光総合会館の玄関に石碑が立っています。

    落合源七の碑

    神仏習合から神仏分離へ明治政府は1868年4月5日、日本の宗教は「神道」だとして、今までのよ…

  2. 寂光の滝の近くには、覚源上人のいらした「寂光寺」がありました。今では「若子神社」になっています。寂光の滝では多くの僧が修業をしたそうです。

    覚源上人 (かくげんしょうにん)

    覚源上人(かくげんしょうにん)覚源上人 (かくげんしょうにん)は日光の歴史に中でも抱えない人物の…

  3. 紅葉と竜頭の滝

    「竜頭の滝」と「 水五則 」

    竜頭の滝と「水五則」今日(10月26日放送)の「軍師官兵衛」でいよいよ、黒田如水の登場ですね。竜…

  4. 晩秋の奥日光にはぴったりの風景です。

    朽ちた桟橋

    「もう一つの日光」と呼ばれる滝尾神社のコースや寂光寺のコースを歩いていると、時間がタイプスリップした…

  5. 自然探究路

    秋の奥日光

    下界はいつまでもいつまでも夏がさらず、熱いですが、奥日光はあっという間に秋がおとづれます。…

  6. 日光を題材したブログやホームページはたくさんあります。「大好き!日光!」もその一つですが、まだまだ、できたばかりの赤ちゃんサイトです。日光「ふぃふぁ山荘」元単身赴任日記さんはバックナンバーを見ると2005年から日光の事を書いていらっしゃる老舗のブログです。

    日光「ふぃふぁ山荘」元単身赴任日記

    日光「ふぃふぁ山荘」元単身赴任日記 2005年から運営されている老舗のブログです。日光の事が細…

  7. 大正天皇は日光でご静養されることが多かったそうです。日光は多くの外国の大使館の方が秘書として夏を過ごしたりと華やかな土地だったのですね。

    田母沢御用邸 イベント案内

    田母沢御用邸田母沢御用邸 は大正天皇のご静養御所として使われていました。今では修理・再現が終了し…

  8. 「奥日光そぞろ歩き」さんは、奥日光でガイドをしていらっしゃる方のブログです。いつも戦場ヶ原や小田代が原の旬な情報が書いてあります。ガイドをなさっているだけあって、私では行かれない、奥の方の滝や湖、そして登山の事も書いてあります。

    奥日光そぞろ歩き

    奥日光に行く前にチェックするブログ「 奥日光そぞろ歩き 」「 奥日光そぞろ歩き 」さんのブログは…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP