菅笠日限地蔵

菅笠日限地蔵(すげがさひぎりじぞう)縁日は24日

菅笠日限地蔵(すげがさひぎりじぞう)の縁日は毎月24日で、大縁日が4月24日です。毎月24日は、病気平癒や学業成就、安産祈願などで多くの人が菅笠日限地蔵(すげがさひぎりじぞう)様をお詣りします。

菅笠を被っているわけ

必ず願いがかなうという事なので、二人は一生懸命、お願いしています。

必ず願いがかなうという事なので、二人は一生懸命、お願いしています。

菅笠日限地蔵(すげがさひぎりじぞう)にはとても面白いお話があります。やはり、「英語と日本語で楽しむ日光」に書いてありました。
《年をとった一人暮らしの老人が奉行所に田植えの手伝いを命じられました。その老人はとても信心深くて毎日、菅笠日限地蔵(すげがさひぎりじぞう)にお詣りしていたそうです。ですが、とても田植えのような重労働はできないので、困っていました。いつ、奉行所の役人に引っ立てられるかとびくびくしていました。ですが、何も起こらないのでいつものようにお地蔵さまにお詣りに行ってみると、お地蔵さまの足には田んぼの土がたくさんついていました。老人の代わりにお地蔵さまが田植えに行ってくれたようです。》
だから、菅笠をかぶっているのでしょう。

日光の自然の中を歩く

関連記事

  1. 護摩壇

    護法天堂(ごほうてんどう)

  2. 日光開山の祖「勝道上人」のお墓は、この開山堂の裏手にあるものだけでなく、中禅寺湖にある上野島こうづけじまと、竜頭りゅうずの滝近くの瑠璃ガ壺(るりがつぼ)の3か所に分骨してあるそうです。

    勝道上人のお墓

    勝道上人のお墓日光山を開いたといわれている勝道上人は817年3月1日に亡くなりました。男体山…

  3. 日光二荒山神社の深淵には八百万(やおよろず)の神々が降りてくる場所があります。

    高天原(神々がおいでになる場所)

    高天原高天原(たかまがはら)とは古事記に記されている神様たちが住んでいらっしゃる場所のことで…

  4. 輪王寺手前の二つ堂。

    二つ堂(ふたつどう)

    大猷院殿の手前に渡り廊下でつながったお堂があります。常行堂(じょうぎょうどう)と法華堂(ほっけ…

  5. 日光開山の祖「勝道上人」が大谷川を渡るために神様が投げてくれた蛇の橋が「神橋」です。正面に勝道上人たちを渡らせてくれた神様を祀るお堂があります。

    神橋

    神橋(しんきょう)日光に来てまず目に入るのが「 神橋 」です。ちょうど、日光山の入口にあり、…

  6. 奥社の中にある宝塔

    奥社

    奥社(おくしゃ)奥社 とは、神君徳川家康公の霊廟です。徳川家康は1616年に亡くなると、遺言…

  7. 地獄めぐりのしたという覚源上人の墓は寂光川を渡ったところにあります。1950年代(昭和30年代)発見されました。

    覚源上人 の墓

    地獄めぐりをした「覚源上人」覚源上人 のお話は日本昔話にのっています。日本昔話によると、 …

  8. 滝尾神社が多くの修験者僧でにぎわっていたころ、このあたりには僧侶の庵や修行場が建てられていました。今では看板が残っているだけです。

    別所跡

    別所跡東照宮より前の日光の時代は山岳信仰の聖地として、特に滝尾神社のあたりが賑わっていました…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP