杉並木寄進の碑

神橋付近の杉の木

日光には杉の木がたくさんありますが、神橋のそばには太郎杉と呼ばれる杉の巨木と杉並木寄進の碑があります。
太郎杉は東照宮付近では最も大きい杉だそうです。

杉並木寄進の碑

松平正綱が杉を植えて杉並木を作ったことが記念して建てられた碑。そばには杉の巨木「太郎杉」が植わっています。

松平正綱が杉を植えて杉並木を作ったことが記念して建てられた碑。そばには杉の巨木「太郎杉」が植わっています。

杉並木寄進の碑というのは松平正綱(才能あふれる人だったので徳川家康にとても重要視されていたそうです。)1616年から1617年に杉並木を植えたことをたたえる碑で、各街道の入り口と神橋のそばに植わっている太郎杉の巨木の脇に建てられました。
日光の杉並木は国の特別天然記念物にも指定されていて、並木道として世界最長だそうです。

松平正綱

松平正綱(1576年~1648年)は秀忠とは3歳年上です。徳川家康にもとても大事にされて側室、お八の方を与えたりもします。2代将軍秀忠の息女、和子姫の入内にも同行しています。

太郎杉

栃木名木100選にもしている日光「太郎杉」

栃木名木100選にもしている日光「太郎杉」

神橋の目の前にある杉の巨木です。神橋付近では最大だそうです。樹齢500年以上といわれていて、根っこは完全に国道120号線にしたでしょうし、巨木の幹も斜めに国道にせり出している感じです。
1964年(昭和39年)に神橋付近の渋滞緩和の為に太郎杉を含む杉の巨木を伐採しようとして建設省と栃木県対日光東照宮との裁判が起きたそうです。結果は今も「太郎杉」がそこに立っていることから日光東照宮側の勝訴だったのでしょう。
確かに、渋滞している道路なので、杉の巨木は邪魔かもしれませんが、「太郎杉」は日光の象徴だと思うので、今のままでいいのではないでしょうか。「太郎杉」としては自分を切り倒すより、渋滞は排気ガスを何とかしてもらいたいと思っているのでは…?

日光の自然の中を歩く

関連記事

  1. 鳥居は神様の領域と人間の領域との結界です。中央を神様が通られる場所です。

    神社の正しい 参拝方法

    神社の正しい参拝の仕方運気アップ や、運気向上、縁結び、商売繁盛などなど、さまざまな理由で神社に…

  2. 三仏堂の前に輪王寺と書いた門があるので、三仏堂と輪王寺と混同しますが、三仏堂や大猷院など日光山のお寺の総称が輪王寺です。

    寺院

    寺院 とは寺院 、お寺、仏閣など、いろいろな呼び名はありますが、仏教の宗教的儀式を行う建物の事で…

  3. 日光の渋滞に「コリゴリ」なんて、ならないように日光が大好きな管理人が日光の 渋滞を回避 する方法を押します。

    日光の紅葉2014そして 渋滞を回避 する方法

    渋滞を回避 しよう!日光の紅葉と同じくらい有名ですごい日光の渋滞!!初めて行った日光で渋滞に…

  4. 自然探究路

    秋の奥日光

    下界はいつまでもいつまでも夏がさらず、熱いですが、奥日光はあっという間に秋がおとづれます。…

  5. 日光パーフェクトガイド

    日光パーフェクトガイド日光パーフェクトガイドは日光観光協会が監修しています。日光の歴史的な観光地…

  6. 常行三昧を行うためのお堂。ご本尊は阿弥陀如来像です。

    常行堂 阿弥陀如来像修理記念行事

    勝道上人が日光に四本竜寺という小さなお堂を開いてから1250年の月日が経ちました。現在、日光で…

  7. 奥日光の澄んだ空気の中をどこまでも歩きます。

    奥日光を歩こう!

    奥日光を歩こう!戦場ヶ原は中禅寺湖の北側に広がる湿原です。もともとは湖だったのが、男体山の噴火で…

  8. 日光の観光ガイドですが、英語と日本語で書かれています。

    日光ガイドブック ー英語と日本語で楽しむ日光

    英語と日本語で楽しむ日光世界遺産に指定されている日光山内にある神社仏閣から奥日光の自然まで日光の…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP