鐘楼(日光山輪王寺)、黒門(くろもん)

鐘楼(しょうろう)

鐘の音 は日光山内に響き渡ることでしょう。
輪王寺の鐘楼は三仏堂の左側にあります。以前は東照宮御仮御殿の場所にありましたが「神仏分離令」で現在の位置に引っ越してきました。
鐘の音 は山内に時刻を知らせるためのものです。お寺の鐘の音は心が洗われるようで大好きです。

輪王寺の 鐘楼

時間を告げるだけでなく大晦日の除夜の鐘としても使われているそうです。
大晦日の、午前零時の時報に合わせて、約時間かけて108回「百八煩悩が清められ、今年一年幸多かれ」と祈りながら、鐘をついて下さるそうです。やはり、電動の鐘つき機よりも、ご住職が心をこめて、祈りながらついていただく 鐘の音 は心が洗われ、新年の初めには気持ちも引き締まっていいですね。

鐘の音を合図に、新年の読経が一斉に始まるそうです。荘厳な景色でしょうね。一度、参加してみたいと思います。

鐘の音 は時間をつげる

鐘の音 を時計のように用いるようになったのは2代将軍秀忠の頃でした。
それまでは太鼓をたたいて時間を知らせていたそうです。
江戸時代は2時間を一区切りとして2時間ごとに鐘をたたいて時刻を知らせていたそうです。

黒門(くろもん)

輪王寺は一つのお寺ではなくて日光にあるお寺、お堂、支院の総称です。

輪王寺は一つのお寺ではなくて日光にあるお寺、お堂、支院の総称です。

三仏堂、逍遥園の西側にあるの門です。「日光山輪王寺」の石碑が立っているので、三仏堂が輪王寺だと勘違いしがちです。
[talk words="実は私も最初、そう思っていました。" avatarimg="http://my-nikko.com/wp-content/uploads/2017/08/IMG_3681.jpg"] 黒門は柱も瓦もすべて黒いので黒門というそうです。黒門の反対側に輪王寺の寺務所(本坊)があります。

日光東照宮の石鳥居に通じる表参道の途中、石鳥居に向かって左側の位置に輪王寺参坊があります。とても、大きな立派な門ですね。

日光東照宮の石鳥居に通じる表参道の途中、石鳥居に向かって左側の位置に輪王寺参坊があります。とても、大きな立派な門ですね。

日光山輪王寺に関する他の記事

関連記事

  1. 日光二荒山神社の手水舎で手を洗います。神様の領域に入るためには身を清めることから始めます。

    手水舎

    手水舎 (てみずしゃ)手水舎 とは手を洗う場所の事です。神社やお寺に参拝すると、必ず門をくぐ…

  2. 奥社の中にある宝塔

    奥社

    奥社(おくしゃ)奥社 とは、神君徳川家康公の霊廟です。徳川家康は1616年に亡くなると、遺言…

  3. 日光開山の祖「勝道上人」のお墓は、この開山堂の裏手にあるものだけでなく、中禅寺湖にある上野島こうづけじまと、竜頭りゅうずの滝近くの瑠璃ガ壺(るりがつぼ)の3か所に分骨してあるそうです。

    勝道上人のお墓

    勝道上人のお墓日光山を開いたといわれている勝道上人は817年3月1日に亡くなりました。男体山…

  4. 大猷院殿の拝殿に上がると係の僧侶が大猷院殿の文化的・歴史的なレクチャーをしてくれます。

    大猷院の拝殿

    大猷院殿の拝殿大猷院の拝殿と本殿は相の間でつながっていて「工」の字型に三つの建物が並んでし…

  5. 日光開山の祖「勝道上人」が建立した四本龍寺の観音堂。白木作りです。

    四本龍寺観音堂

    観音堂本宮神社の向こう側に観音堂と三重塔があります。勝道上人が千手観音を祀った観音堂です。観…

  6. 浄光寺のお地蔵様

    導き地蔵尊

    導き地蔵の意味は、仏の道への導きだということです。日光だけなく全国各地に導き地蔵尊はいらっしゃ…

  7. 釈迦堂はたびたびお引越しをしている建物です。最初は東照宮のお仮殿の場所にありましたが、1621年に仏岩に移されて、その20年後に現在の田母沢御用邸の前に移されました。7月15日には輪王寺僧侶によるお施餓鬼法要が行われます。

    釈迦堂

    釈迦堂殉死の墓を目指して歩いて行くと、正面に「釈迦堂」があります。その奥に、「殉死の墓」があ…

  8. 徳川家光公の後と追って、自殺した家臣や、徳川幕府の忠臣だった人のお墓が並んでいます。

    殉死の墓

    殉死の墓殉死の墓 は徳川家康公の後を追った家臣や徳川家光公の後を追った家臣の墓です。江戸時代…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP