鐘楼(日光山輪王寺)、黒門(くろもん)

鐘楼(しょうろう)

鐘の音 は日光山内に響き渡ることでしょう。
輪王寺の鐘楼は三仏堂の左側にあります。以前は東照宮御仮御殿の場所にありましたが「神仏分離令」で現在の位置に引っ越してきました。
鐘の音 は山内に時刻を知らせるためのものです。お寺の鐘の音は心が洗われるようで大好きです。

輪王寺の 鐘楼

時間を告げるだけでなく大晦日の除夜の鐘としても使われているそうです。
大晦日の、午前零時の時報に合わせて、約時間かけて108回「百八煩悩が清められ、今年一年幸多かれ」と祈りながら、鐘をついて下さるそうです。やはり、電動の鐘つき機よりも、ご住職が心をこめて、祈りながらついていただく 鐘の音 は心が洗われ、新年の初めには気持ちも引き締まっていいですね。

鐘の音を合図に、新年の読経が一斉に始まるそうです。荘厳な景色でしょうね。一度、参加してみたいと思います。

鐘の音 は時間をつげる

鐘の音 を時計のように用いるようになったのは2代将軍秀忠の頃でした。
それまでは太鼓をたたいて時間を知らせていたそうです。
江戸時代は2時間を一区切りとして2時間ごとに鐘をたたいて時刻を知らせていたそうです。

黒門(くろもん)

輪王寺は一つのお寺ではなくて日光にあるお寺、お堂、支院の総称です。

輪王寺は一つのお寺ではなくて日光にあるお寺、お堂、支院の総称です。

三仏堂、逍遥園の西側にあるの門です。「日光山輪王寺」の石碑が立っているので、三仏堂が輪王寺だと勘違いしがちです。
[talk words="実は私も最初、そう思っていました。" avatarimg="http://my-nikko.com/wp-content/uploads/2017/08/IMG_3681.jpg"] 黒門は柱も瓦もすべて黒いので黒門というそうです。黒門の反対側に輪王寺の寺務所(本坊)があります。

日光東照宮の石鳥居に通じる表参道の途中、石鳥居に向かって左側の位置に輪王寺参坊があります。とても、大きな立派な門ですね。

日光東照宮の石鳥居に通じる表参道の途中、石鳥居に向かって左側の位置に輪王寺参坊があります。とても、大きな立派な門ですね。

日光山輪王寺に関する他の記事

関連記事

  1. 五重塔(ごじゅうのとう)は仏教の建物ですが「神仏習合」だった日光では東照宮の敷地内に五重の塔があります。

    五重塔

  2. 現在、慈眼堂(じげんどう)は一般公開されていないので、これより先は入ることができません。

    慈眼堂(じげんどう)

    慈眼堂 (じげんどう)常行堂と法華堂の間に道があります。上り坂になっていて「延命坂(えんめい…

  3. 眠り猫 は徳川家康公の霊廟を守っています。

    眠り猫

    眠り猫眠り猫 の先には徳川家康公が眠る霊廟「奥宮」があります。とすると、 眠り猫 は徳川家康…

  4. 春と秋の例大祭の時に、徳川家康公のお神輿は「 御旅所 」まできます。

    御旅所

    御旅所(おたびしょ)御旅所(おたびしょ)とは、お祭りなどでお神輿を求刑させたり、宿泊させたりする…

  5. 根っこは一つで日本の杉の木なので、「夫婦杉(めおとすぎ)」

    夫婦杉

    夫婦杉(めおとすぎ)日光二荒山神社は「恒例山」という山の南麓にあり神社にふさわしい杉の巨木が…

  6. 日光山中禅寺の山門をくぐり境内を進みます。左手に手を洗うところがあるので、手を洗って鐘を突きます。鐘をついたらさらに奥に進みましょう。そうすると右手に愛染明王(あいぜんみょうおう)を祀った 愛染堂 があります。ここは、映画「愛染かつら」のロケ地としても有名です。

    愛染堂

    愛染明王愛染明王(あいぜんみょうおう)は人間につきものの煩悩、すなわち欲望・執着心を悟りに変…

  7. 徳川家光公の後と追って、自殺した家臣や、徳川幕府の忠臣だった人のお墓が並んでいます。

    殉死の墓

    殉死の墓殉死の墓 は徳川家康公の後を追った家臣や徳川家光公の後を追った家臣の墓です。江戸時代…

  8. 逍遥園は京都からいらした宮様の為に作られました。逍遥園のお庭を散策されて京都を思い出していたでしょうか。

    逍遥園

    逍遥園 (しょうようえん逍遥園 (しょうようえん)は江戸時代に作られた庭園です。池が真ん中にあっ…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP