逍遥園

逍遥園

逍遥園 (しょうようえん

逍遥園 (しょうようえん)は江戸時代に作られた庭園です。池が真ん中にあって、池のそばにお茶室があったり、その周囲を散策しながら楽しめる様々な樹木が植えてあるので、秋の日光の紅葉シーズンになると 逍遥園 (しょうようえん)はライトアップされて絶好の紅葉スポットになります。

逍遥園 (しょうようえん)は何のため?

逍遥園の庭園の中には東屋(あずまや)があったり、築山があったり、京都からいらした宮様がさみしがらないような工夫がされています。

逍遥園の庭園の中には東屋(あずまや)があったり、築山があったり、京都からいらした宮様がさみしがらないような工夫がされています。

逍遥園(しょうようえん)は歴代の門跡のためのものでした。というものも、輪王寺では朝廷から門跡を迎えていたので、宮様が故郷を思い出す、よすがにという事で作られたお庭です。

逍遥園 (しょうようえん)のライトアップ

逍遥園 (しょうようえん)のライトアップは毎年10月下旬~11月上旬にかけて、日光の紅葉のハイシーズンと時に行われます。庭園と紅葉、そしてお茶室とそれだけでも美しいですが、それに紅葉が入ったら、もっともっと、きれいだと思います。

逍遥園 (しょうようえん)と輪王寺宝物殿

1983年に 逍遥園 (しょうようえん)のすぐ隣に輪王寺宝物殿は作られました。1000年以上にわたって輪王寺に保管、所有されてきた様々な美術品などを一般公開しています。「神仏習合」で成長してきた日光の歴史の宝物が数多く展示されています。

*
*
* (公開されません)