逍遥園

逍遥園 (しょうようえん

逍遥園 (しょうようえん)は江戸時代に作られた庭園です。池が真ん中にあって、池のそばにお茶室があったり、その周囲を散策しながら楽しめる様々な樹木が植えてあるので、秋の日光の紅葉シーズンになると 逍遥園 (しょうようえん)はライトアップされて絶好の紅葉スポットになります。

逍遥園 (しょうようえん)は何のため?

逍遥園の庭園の中には東屋(あずまや)があったり、築山があったり、京都からいらした宮様がさみしがらないような工夫がされています。

逍遥園の庭園の中には東屋(あずまや)があったり、築山があったり、京都からいらした宮様がさみしがらないような工夫がされています。

逍遥園(しょうようえん)は歴代の門跡のためのものでした。というものも、輪王寺では朝廷から門跡を迎えていたので、宮様が故郷を思い出す、よすがにという事で作られたお庭です。

逍遥園 (しょうようえん)のライトアップ

逍遥園 (しょうようえん)のライトアップは毎年10月下旬~11月上旬にかけて、日光の紅葉のハイシーズンと時に行われます。庭園と紅葉、そしてお茶室とそれだけでも美しいですが、それに紅葉が入ったら、もっともっと、きれいだと思います。

逍遥園 (しょうようえん)と輪王寺宝物殿

1983年に 逍遥園 (しょうようえん)のすぐ隣に輪王寺宝物殿は作られました。1000年以上にわたって輪王寺に保管、所有されてきた様々な美術品などを一般公開しています。「神仏習合」で成長してきた日光の歴史の宝物が数多く展示されています。

日光開山1250年記念行事

日光開山は、天平神護2年(766)に、勝道上人が男体山を千手観音の浄土【補陀洛山】とし大谷川を渡った日光山麓に草庵【四本龍寺】を創建した時に始まります。

平成29年は開山1250年を記念して様々な特別展示があります。
詳しいことは輪王寺のホームページをご覧ください。

輪王寺の御朱印は護摩堂でもらえます。
輪王寺管轄のお寺やお堂の御朱印はこちらでいただくことができます。

輪王寺管轄のお寺やお堂の御朱印はこちらでいただくことができます。

関連記事

  1. 日光二荒山神社の神輿舎の左隣にある小さな朱塗りの本殿が日枝神社の本殿です

    日枝神社

    日枝神社日枝神社 は848年慈覚大師(794~864)によってつくられました。慈覚大師という…

  2. 根もとが一つで3本の木がが生えているので親子杉といいます。

    親子杉

    「夫婦杉」は一つの根から2本の杉が生えていますが、「親子杉」は根を一つにした三本の杉の木で…

  3. 大猷院殿の仁王門(いちばん外側にあるもんです。)寺院には仁王像が置かれた「仁王門」があることが多いです。

    仁王門

    大猷院の仁王門仁王門 は大猷院の受付の向こう側にあります。東照宮の「表門」にあたります。仁…

  4. 日光二荒山神社の手水舎で手を洗います。神様の領域に入るためには身を清めることから始めます。

    手水舎

    手水舎 (てみずしゃ)手水舎 とは手を洗う場所の事です。神社やお寺に参拝すると、必ず門をくぐ…

  5. 祠の奥の石に梅鉢紋(うめばちもん)が彫られています。

    北野神社

    北野神社北野神社は学問の神様である菅原道真公(天神様)を祀っています。石の鳥居がありますが、…

  6. 神さま専用のトイレなので、一般の方は使用できません。内部公開もされていません。

    神様のトイレ

    神様のトイレは神様がお使いになるトイレです。「トイレにはきれいな女神様が住んでいる」という歌…

  7. 二荒山神社にも「縁結びの笹」があり、夏には良い縁まつりも行われます。

    縁結び ーよい縁まつり

    良い縁まつり縁結び の神様として有名な「二荒山神社」では、毎年夏から秋にかけて、「良い縁まつ…

  8. 正式名称は「観音堂」といいます。また、「香車堂(ぎょうしゃどう)」とも言います。鳥居がありますが、これも神仏習合の流れで輪王寺の管轄です。10月18日の観音様の縁日には輪王寺の僧侶による法要があります。

    産の宮

    産の宮(さんのみや)観音堂とも呼ばれています。開山堂の左に位置しています。朱塗りの建物で、石…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP