日光の湿原

Tagged
神話の時代に男体山の蛇と赤城山のムカデが中禅寺湖を取り合って戦いを繰り広げた「古戦場」が戦場ヶ原です。今では湿原の植物の宝庫となっています。珍しい植物や野鳥がやってきます。また「ツキノワグマ」も戦場ヶ原の「ズミ」の実が大好きで食べに来るそうです。小田代が原と同様に木道も整備されて歩きやすいです。
小田代が原(おだしろがはら)の「田代」というのは「湿原」という意味で、「小」と合わせて「小さい湿原」という意味です。戦場ヶ原よりも小さいという意味でしょう。
光徳牧場の牛の放牧場のそばに光徳沼があります。泉門池と同じように湧き水なので冷たくてとてもきれいです。
自然探究路
泉門池の水はとてもきれいです。ベンチもあるので、ちょっと休憩できます。