大正天皇歌碑

大正天皇歌碑

大正天皇歌碑

大谷川沿いの道を「慈雲寺」を目指して歩いていくと「憾満が淵」入り口にあるおそば屋さんが出てきます。「投げ筆ゆばそば 憾満の茶屋」という名称です。ここまでは車で来ることもできます。以前、子供たちがもっと小さいときに来た時は車でここまで来たのを覚えています。
今回は歩いてもっと、先まで行ってみましょう。左手に聖徳太子を祀っている「西町太子堂」が出てきます。そして、その真正面に慈雲寺の門があり、手前に「 大正天皇歌碑 」があります。

大正天皇と日光

日光をこよなく愛された大正天皇が大谷川を散策中に読まれたお歌です。
日光をこよなく愛された大正天皇が大谷川を散策中に読まれたお歌です。

大正天皇は日光をこよなく愛され1896年(明治29年)から1925年(大正14年)まで毎年、日光に秘書に来ていたそうです。
慈雲寺の門の手前に大正天皇のお読みになった和歌の碑があります。大正天皇が日光に滞在する際に使用された「田母沢御用邸」が近くにあったので散策をしながら読んだお歌だそうです。

日光田母沢御用邸

大正天皇の日光の御所として整備された田母沢御用邸。
大正天皇の日光の御所として整備された田母沢御用邸。

日光田母沢御用邸は1899年(明治32年)に、大正天皇(当時は皇太子)の避暑地して明治時代の銀行家の別荘をもとに、紀州徳川家江戸屋敷の一部を移転して作られました。
その後、増改築を重ねて現在のような田母沢御用邸の姿になったのは1921年(大正10年)ころだったそうです。
大正天皇は日光の自然をこよなく愛し、よく大谷川付近を散策されたという事です。
日光田母沢御用邸は1947年(昭和22年)に廃止されるまで三代にわたる大正天皇、昭和天皇そして現在の天皇陛下の皇太子時代というように、3代にわたる天皇・皇太子がご利用になられました。
その後、現在のような「田母沢御用邸記念公園」として利用できるように栃木県が3年かけて修復しました。
日光田母沢御用邸の中に入ると大正天皇が使われたお部屋や女官のお部屋、遊戯室やお風呂、トイレなども見学できて当時の様子を垣間見ることできます。お時間がある時にはぜひ、お立ち寄りください。

田母沢御用邸内部1田母沢御用邸内部2
ビリヤード台
謁見の間

おすすめ新着記事

Comment on Facebook