大正天皇歌碑

大正天皇歌碑

大谷川沿いの道を「慈雲寺」を目指して歩いていくと「憾満が淵」入り口にあるおそば屋さんが出てきます。「投げ筆ゆばそば 憾満の茶屋」という名称です。ここまでは車で来ることもできます。以前、子供たちがもっと小さいときに来た時は車でここまで来たのを覚えています。
今回は歩いてもっと、先まで行ってみましょう。左手に聖徳太子を祀っている「西町太子堂」が出てきます。そして、その真正面に慈雲寺の門があり、手前に「 大正天皇歌碑 」があります。

大正天皇と日光

日光をこよなく愛された大正天皇が大谷川を散策中に読まれたお歌です。

日光をこよなく愛された大正天皇が大谷川を散策中に読まれたお歌です。

大正天皇は日光をこよなく愛され1896年(明治29年)から1925年(大正14年)まで毎年、日光に秘書に来ていたそうです。
慈雲寺の門の手前に大正天皇のお読みになった和歌の碑があります。大正天皇が日光に滞在する際に使用された「田母沢御用邸」が近くにあったので散策をしながら読んだお歌だそうです。

日光田母沢御用邸

大正天皇の日光の御所として整備された田母沢御用邸。

大正天皇の日光の御所として整備された田母沢御用邸。

日光田母沢御用邸は1899年(明治32年)に、大正天皇(当時は皇太子)の避暑地して明治時代の銀行家の別荘をもとに、紀州徳川家江戸屋敷の一部を移転して作られました。
その後、増改築を重ねて現在のような田母沢御用邸の姿になったのは1921年(大正10年)ころだったそうです。
大正天皇は日光の自然をこよなく愛し、よく大谷川付近を散策されたという事です。
日光田母沢御用邸は1947年(昭和22年)に廃止されるまで三代にわたる大正天皇、昭和天皇そして現在の天皇陛下の皇太子時代というように、3代にわたる天皇・皇太子がご利用になられました。
その後、現在のような「田母沢御用邸記念公園」として利用できるように栃木県が3年かけて修復しました。
日光田母沢御用邸の中に入ると大正天皇が使われたお部屋や女官のお部屋、遊戯室やお風呂、トイレなども見学できて当時の様子を垣間見ることできます。お時間がある時にはぜひ、お立ち寄りください。

田母沢御用邸内部1田母沢御用邸内部2
ビリヤード台
謁見の間

日光の自然の中を歩く

関連記事

  1. 日光は山岳信仰の聖地でした。行者堂のあるあたりから山の中に入って厳しい修業に出かけました。

    山岳信仰

    山岳信仰(さんがくしんこう)とは山岳信仰 というのは人間が生きているうちに自然と発生した信仰です…

  2. 日光の観光ガイドですが、英語と日本語で書かれています。

    日光ガイドブック ー英語と日本語で楽しむ日光

    英語と日本語で楽しむ日光世界遺産に指定されている日光山内にある神社仏閣から奥日光の自然まで日光の…

  3. 松平正綱が日光に杉並木を植えたことを記念して4つの街道入口と神橋のわきに記念碑がたっています。

    杉並木寄進の碑

    神橋付近の杉の木日光には杉の木がたくさんありますが、神橋のそばには太郎杉と呼ばれる杉の巨木と…

  4. 初重には3人の将軍の干支の彫刻が施されています。

    日光東照宮五重塔初重内部 公開レポート

    日光東照宮五重塔初重内部特別公開日光東照宮の400年祭(2015年・平成27年)のプレ企画として…

  5. 三仏堂の前に輪王寺と書いた門があるので、三仏堂と輪王寺と混同しますが、三仏堂や大猷院など日光山のお寺の総称が輪王寺です。

    寺院

    寺院 とは寺院 、お寺、仏閣など、いろいろな呼び名はありますが、仏教の宗教的儀式を行う建物の事で…

  6. 日光の気候 は冬は「関東の冷蔵庫」いうくらい寒いですが、夏は湿度なく快適です。

    日光の気候

    日光の気候の特徴日光の気候の特徴は「関東の冷蔵庫」と呼ばれるだけあって、冬の寒さがとてもきびしい…

  7. 日光の歴史 に大きくかかわった、勝道上人のお墓がここにあります。

    日光の歴史

    日光の歴史日光の歴史 を学ぶことは日本の宗教の歴史を学ぶようなものです。日光の歴史 はだいた…

  8. 奥日光の澄んだ空気の中をどこまでも歩きます。

    奥日光を歩こう!

    奥日光を歩こう!戦場ヶ原は中禅寺湖の北側に広がる湿原です。もともとは湖だったのが、男体山の噴火で…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP