大猷院 はお寺です。

大猷院殿(たいゆういんでん)

東照宮と 大猷院 と両方、行ってみるととても似ていることがわかります。東照宮の作りを少し小ぶりにして装飾も少し地味にした感じが大猷院です。ですが、大きく違うところは日光東照宮が「神社」で、大猷院は「お寺」だという事です。大猷院は「日光山輪王寺」の管轄です。

大猷院 は東照宮とそっくりです。

入口にも同じような仁王門があり、鼓楼・鐘楼があり、唐門があって「拝殿」「本殿」があり、その奥にお墓があります。
多少規模が小さいだけで、ほとんど東照宮と同じような作りです。

大猷院の拝殿には「天蓋」があります。

「拝殿」に上がると住職さんが「大猷院はお寺なんですよ。なぜかというと、天蓋があるからです。」そして、もし神社か、お寺かわからない建物に入ったら、天井を見て「天蓋」があったらお寺だと思って、お焼香してください。なかったら、神社なので、二礼・二拍手・一礼してくださいって、教えてくれました。
神君家康公は遺言で神になった
徳川家康公は遺言で自分を神として祀るようにと残しました。当時の覇者は皆、自分を神にしていました。豊臣秀吉も「豊国神社」があり、自分を神にしていきました。徳川家康公はその様子を見ていたので、晩年、天海僧正と相談して自分を神として祀るのに一番良い土地を探させ、日光が選ばれたのです。

歴代将軍家のお墓は東京にあります。

家光公はその遺言で日光にお墓を作るようにしましたが、その後の将軍たちのお墓は上野寛永寺と芝増上寺に交代で作られました。家光は遺言で「死後も魂は日光山中に鎮まり、東照公おそば近く侍り、使えまつらん」ということなので、日光山の中にお寺を建ててお墓を作ったというわけです。
だから、大猷院は東照宮の方向を向いていて、建物もほとんど東照宮を同じような作りになっているわけです
ですが、神様ではなかったので、お寺なんです。

大猷院 拝殿の「天蓋」

ちなみにその「天蓋」ですが、家光公のお姉さんにあたる加賀の前田家に嫁いだ「珠姫様」の献上品だそうです。そして、その天蓋の真下に座られる方がお部屋で一番偉い方だそうです。

関連記事

  1. 日光東照宮の神與舎(しんよしゃ)には神様の乗り物「お神輿」を保管してあります。天井に天女の絵が書いてあって「ささやき」が聞こえるそうです。一度、聞いてみたいです。

    神與舎

    神輿舎陽明門を入ると左側に「神輿舎(しんよしゃ)」という3基の御神輿(おみこし)が納められて…

  2. 中禅寺の秘仏。日光開山1250年で初めて公開される。

    中禅寺の秘仏「吉祥天(きっしょうてん)」

    歌が浜の伝説784年に男体山登頂を成功した勝道上人が中禅寺湖に小舟を浮かべと、天女が舞い降り…

  3. 登拝門とは登山口にあたります。神社の中にあって、神社の境内からその山にのぼることができる門です。

    登拝門

    二荒山神社の境内「境内(けいだい)」と聞いて、どんな場所を想像しますか?たいていの場合、神社…

  4. 神楽殿ー例大祭の時にここで胡蝶の舞が舞われます。

    神楽殿

    神楽殿 (かぐらでん)とは神楽殿 (かぐらでん)とは神社の境内で神楽を奏するために設置された…

  5. 参拝者のご祈祷に使われるほか、結婚式も執り行われます。

    祈祷殿

    祈祷殿では護摩焚きがありました祈祷殿 は日光東照宮の眠り猫の左側にあります。江戸時代までは…

  6. 江戸時代までは神仏習合だったので、左右に仁王像が置かれていました。

    滝尾神社

    滝尾神社滝尾神社は820年に弘法大師空海が作ったといわれています。ご神体は大己貴命(おおなむ…

  7. 日光開山の祖「勝道上人」が大谷川を渡るために神様が投げてくれた蛇の橋が「神橋」です。正面に勝道上人たちを渡らせてくれた神様を祀るお堂があります。

    神橋

    神橋(しんきょう)日光に来てまず目に入るのが「 神橋 」です。ちょうど、日光山の入口にあり、…

  8. 徳川家光公は「辰年」生まれだったことと風水的に「白竜」が随所に用いられています。

    大猷院の唐門

    大猷院の唐門大猷院の唐門 は東照宮の唐門と違って一般公開されているので誰でも通行することがで…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP