大猷院 はお寺です。

大猷院殿(たいゆういんでん)

東照宮と 大猷院 と両方、行ってみるととても似ていることがわかります。東照宮の作りを少し小ぶりにして装飾も少し地味にした感じが大猷院です。ですが、大きく違うところは日光東照宮が「神社」で、大猷院は「お寺」だという事です。大猷院は「日光山輪王寺」の管轄です。

大猷院 は東照宮とそっくりです。

入口にも同じような仁王門があり、鼓楼・鐘楼があり、唐門があって「拝殿」「本殿」があり、その奥にお墓があります。
多少規模が小さいだけで、ほとんど東照宮と同じような作りです。

大猷院の拝殿には「天蓋」があります。

「拝殿」に上がると住職さんが「大猷院はお寺なんですよ。なぜかというと、天蓋があるからです。」そして、もし神社か、お寺かわからない建物に入ったら、天井を見て「天蓋」があったらお寺だと思って、お焼香してください。なかったら、神社なので、二礼・二拍手・一礼してくださいって、教えてくれました。
神君家康公は遺言で神になった
徳川家康公は遺言で自分を神として祀るようにと残しました。当時の覇者は皆、自分を神にしていました。豊臣秀吉も「豊国神社」があり、自分を神にしていきました。徳川家康公はその様子を見ていたので、晩年、天海僧正と相談して自分を神として祀るのに一番良い土地を探させ、日光が選ばれたのです。

歴代将軍家のお墓は東京にあります。

家光公はその遺言で日光にお墓を作るようにしましたが、その後の将軍たちのお墓は上野寛永寺と芝増上寺に交代で作られました。家光は遺言で「死後も魂は日光山中に鎮まり、東照公おそば近く侍り、使えまつらん」ということなので、日光山の中にお寺を建ててお墓を作ったというわけです。
だから、大猷院は東照宮の方向を向いていて、建物もほとんど東照宮を同じような作りになっているわけです
ですが、神様ではなかったので、お寺なんです。

大猷院 拝殿の「天蓋」

ちなみにその「天蓋」ですが、家光公のお姉さんにあたる加賀の前田家に嫁いだ「珠姫様」の献上品だそうです。そして、その天蓋の真下に座られる方がお部屋で一番偉い方だそうです。

関連記事

  1. 花石神社

    花石神社

    花石神社由来 日光開山の祖「勝道上人」が蓮華石に座って日光連山を遥拝して18神を祀ったそうです。…

  2. 大猷院のお水舎の天井は墨絵の竜があります。墨絵なのと、外にあるため、あまり鮮明な写真が撮れませんでした。

    大猷院の御水舎

    大猷院の御水舎大猷院の御水舎 は仁王門をくぐり、まっすぐ進むと右手にあります。御水舎というの…

  3. 上神庫の前にも多くの灯篭が並んでいます。石灯籠には苔が生えているものが多く、年月の長さを感じます。

    灯籠 (とうろう)

    日光東照宮の石 灯籠日光東照宮の境内にはあちこちに「灯籠(とうろう)」があります。 灯籠 の…

  4. 大猷院殿の拝殿に上がると係の僧侶が大猷院殿の文化的・歴史的なレクチャーをしてくれます。

    大猷院の拝殿

    大猷院殿の拝殿大猷院の拝殿と本殿は相の間でつながっていて「工」の字型に三つの建物が並んでし…

  5. 日光東照宮は神社なので、本来は表門はないのですが、江戸時代までは神仏習合だったので神社にも、お寺にも「表門」がありました。

    表門

    日光東照宮の石鳥居を過ぎると「表門」があります。 表門は左右に「阿吽」の 仁王像 を安置しているので…

  6. 日光真光教会は日光で初めての洋式建築です。現在のような石造りになったのは1914年の事です。

    日光真光教会

    日光真光教会日光真光教会 は1899年に建てられました。1899年は明治32年にあたり、日本…

  7. 唐門の昼の警備担当

    唐門

    唐門 (からもん)「唐門 とは屋根に唐破風(からはふ)を持つ門のことです。唐破風(からはふ)…

  8. 若子神社(じゃっこじんじゃ)は、もともとは寂光寺というお寺でした。江戸時代まではとても賑わっていました。ですが、明治政府の出した神仏分離令で廃寺となり、その代わりに「若子神社」となりました。寂光の滝がすぐそばにあります。

    若子神社

    寂光寺について寂光寺は弘法大師空海が開いたといわれています。弘法大師空海が滝尾神社を開いた後…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP