大猷院殿 とは

大猷院殿 とは
slider
画像が見つかりません。

大猷院殿

徳川 家光 公は1651年4月20日、江戸城で亡くなりました。遺言で徳川 家光 公は「死してなお、権現様に使えまつらん」と言い残しました。そこで、4代将軍、徳川家綱公は御年11歳ですが、お父様である徳川 家光 公の遺言通りのお墓をつくりました。それが、「日光廟大猷院(にっこうびょうたいゆういん」です。
大猷院の建物はすべて、東照宮の方角に向って建てられています。

家光 好みの霊廟、「大猷院」

家光 がどれだけ、神君家康公を大事にしていたかを家臣のものは熟知しているので、神君家康公の霊廟である東照宮をベースに、そっくりにはならないような配慮がされていて、 家光 が生きていたら「良くできました」とほめてくれそうな出来栄えです。

大猷院 はお寺です。

大猷院 と東照宮はよく似ていますが、決定的に違う点は、東照宮は神社で、 大猷院 はお寺です。 大猷院 を入口から入ってくると、仁王門があったり、唐門があったりと似ている部分が多いのですが、 大猷院 の拝殿に上がって、天井を見ると「天蓋」があります。「天蓋」は神社にはありません。

大猷院の主な施設

仁王門 大猷院 の最初の門、2体の仁王像が守っている
御水舎 12本の御影石に支えられた御水舎
二天門 日光山内で一番大きい門。風神・雷神や四天王などが門を守る
夜叉門 牡丹の模様で飾られているので牡丹門とも言います。
唐 門 家光公の干支の竜の彫刻がたくさんあります。
拝殿と本殿 拝殿の天井には140の竜の絵が描かれています。
皇嘉門 家光公のお墓の入口の門で、竜宮門とも言われています。

*
*
* (公開されません)