大猷院殿 とは

slider
画像が見つかりません。

大猷院殿

徳川 家光 公は1651年4月20日、江戸城で亡くなりました。遺言で徳川 家光 公は「死してなお、権現様に使えまつらん」と言い残しました。そこで、4代将軍、徳川家綱公は御年11歳ですが、お父様である徳川 家光 公の遺言通りのお墓をつくりました。それが、「日光廟大猷院(にっこうびょうたいゆういん」です。
大猷院の建物はすべて、東照宮の方角に向って建てられています。

家光 好みの霊廟、「大猷院」

家光 がどれだけ、神君家康公を大事にしていたかを家臣のものは熟知しているので、神君家康公の霊廟である東照宮をベースに、そっくりにはならないような配慮がされていて、 家光 が生きていたら「良くできました」とほめてくれそうな出来栄えです。

大猷院 はお寺です。

大猷院 と東照宮はよく似ていますが、決定的に違う点は、東照宮は神社で、 大猷院 はお寺です。 大猷院 を入口から入ってくると、仁王門があったり、唐門があったりと似ている部分が多いのですが、 大猷院 の拝殿に上がって、天井を見ると「天蓋」があります。「天蓋」は神社にはありません。

大猷院の主な施設

仁王門大猷院 の最初の門、2体の仁王像が守っている
御水舎12本の御影石に支えられた御水舎
二天門日光山内で一番大きい門。風神・雷神や四天王などが門を守る
夜叉門牡丹の模様で飾られているので牡丹門とも言います。
唐 門家光公の干支の竜の彫刻がたくさんあります。
拝殿と本殿拝殿の天井には140の竜の絵が描かれています。
皇嘉門家光公のお墓の入口の門で、竜宮門とも言われています。

関連記事

  1. 拝殿は一般の方が儀式や参拝の為に上がる場所です。その奥に神様がいらっしゃる「本殿」が続きます。

    拝殿

    日光二荒山神社の 拝殿二荒山神社の拝殿は神門をくぐると正面にあります。「 拝殿 (はいでん)…

  2. 日光開山の祖「勝道上人」が湯元温泉を発見し、 薬師如来 を祀る堂を建てました。

    温泉寺

    日光湯元温泉日光開山の祖「勝道上人」が男体山登頂を成功させ、その後次々と神社・寺院を建ててい…

  3. 神さま専用のトイレなので、一般の方は使用できません。内部公開もされていません。

    神様のトイレ

    神様のトイレは神様がお使いになるトイレです。「トイレにはきれいな女神様が住んでいる」という歌…

  4. 日光二荒山神社の本殿は2代将軍徳川秀忠公の寄進したもんで、現存する日光の建物の中では一番古いです。

    本殿・渡殿

    日光二荒山神社本殿二荒山神社の本殿 は1619年に完成し、現在もまだ大規模な修復の手を入れる…

  5. 慈雲寺(じうんじ)は「化け地蔵」としても有名です。

    化け地蔵

    慈雲寺 の「 化け地蔵 」慈雲 寺の護摩壇「霊庇閣(れいひかく)」をさらに進むと「化け地蔵」…

  6. 弘法大師空海が高野山から苗を運んできた槇の木も今では「老木」になっています。

    高野槇

    弘法大師空海が植えた「高野槇(こうやまき)」「 高野槇 」とは樹齢1200年を超える槇の老木…

  7. 勝道上人

    勝道上人の銅像

  8. 相の間(あいのま)とは拝殿と本殿をつなぐ部屋の事です。東照宮の石の間にあたります。

    相の間

    相の間(あいのま)相の間(あいのま) は大猷院の「拝殿」と「本殿」をつなぐお部屋です。その三…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP