滝尾神社

滝尾神社

滝尾神社は820年に弘法大師空海が作ったといわれています。ご神体は大己貴命(おおなむちのみこと)の妃で、田心姫命(たごりひめのみこと)です。

滝尾神社の楼門

明治4年の神仏分離までは「楼門」に弘法大師空海の手で「女体中宮」と書かれた額がかかり、「楼門」の左右には能増が置かれていたそうです。
江戸時代は左右に仁王像が置かれていました。

田心姫命(たごりひめのみこと)

宗像三女神の一柱で名前やフリガナは古事記や日本書紀で微妙に違います。天照大神の息から生まれたとも言われていて、天照の勅命をうけて、その皇孫を助けるために地上に降りてきたそうです。
古事記の大国主命の系譜では、田心姫命(たごりひめのみこと)と大国主命との間に阿遅鉏高日子根神(あぢすきたかひこね・味耜高彦根神)と下照姫(したてるひめ)というお子様をもうけているそうです。

  • 父なる男体山→大国主命(おおくにぬしのみこと)
  • 母なる女峰山→田心姫命(たごりひめのみこと)
  • お子様の太郎山→阿遅鉏高日子根神(あぢすきたかひこね・味耜高彦根神)

滝尾神社は縁結びの神社です。

このように、家族の神様をご祭神として祀っているだけあって、境内には「縁結びの笹」や「子種石」があり、縁結びのご利益は非常に期待できそうです。

本殿は只今修理中です。

滝尾神社

只今修理中です。

2013年7月8日~2014年3月28日に予定で滝尾神社の本殿は修理をしています。木部の破損と漆塗りの劣化が激しくなったからだそうです。きっと、今頃はすべて修理が終わって朱塗りの色も鮮やかにお目見えしていることでしょう。

日光二荒山神社に関する他の記事

関連記事

  1. 日光二荒山神社の手水舎で手を洗います。神様の領域に入るためには身を清めることから始めます。

    手水舎

    手水舎 (てみずしゃ)手水舎 とは手を洗う場所の事です。神社やお寺に参拝すると、必ず門をくぐ…

  2. 日光真光教会は日光で初めての洋式建築です。現在のような石造りになったのは1914年の事です。

    日光真光教会

    日光真光教会日光真光教会 は1899年に建てられました。1899年は明治32年にあたり、日本…

  3. 日光山中禅寺の山門をくぐり境内を進みます。左手に手を洗うところがあるので、手を洗って鐘を突きます。鐘をついたらさらに奥に進みましょう。そうすると右手に愛染明王(あいぜんみょうおう)を祀った 愛染堂 があります。ここは、映画「愛染かつら」のロケ地としても有名です。

    愛染堂

    愛染明王愛染明王(あいぜんみょうおう)は人間につきものの煩悩、すなわち欲望・執着心を悟りに変…

  4. 家光公の墓所に通じる門です。家康公の霊廟に通じる門は一般公開されています。家光公は2000年に公開されました。また、開けてくれるとうれしいです。

    皇嘉門 (こうかもん)

    皇嘉門 (こうかもん)皇嘉門(こうかもん)は東照宮でいえば、「坂下門」にあたります。家光公のお墓…

  5. 二荒山神社中宮祠の境内の中に7人の神様がいらっしゃいます。

    七福神めぐり ー日本で一番高地にある七福神めぐり

    日本で一番高地にある七福神めぐり中禅寺湖畔の二荒山神社で 七福神めぐり ができます。日…

  6. 地獄めぐりのしたという覚源上人の墓は寂光川を渡ったところにあります。1950年代(昭和30年代)発見されました。

    覚源上人 の墓

    地獄めぐりをした「覚源上人」覚源上人 のお話は日本昔話にのっています。日本昔話によると、 …

  7. 神様のいらっしゃる場所なので、きちんと挨拶をします。

    本殿・拝殿・神楽殿

    二荒山神社中宮祠のご祭神二荒山神社中宮祠のご祭神は日光市内にある新宮(日光東照宮の隣)と同じ…

  8. お祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)です。別名大国主命(おおくにぬしのみこと)で縁結びの神様として有名で、そして福の神とも言われています。

    大国殿

    七福神のひとり大黒天を祀る七福神 のお一人がなんと、二荒山神社にいらっしゃいました。日光…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP