田母沢御用邸 イベント案内

田母沢御用邸

田母沢御用邸 は大正天皇のご静養御所として使われていました。今では修理・再現が終了して2000年(平成12年)から日光田母沢御用邸記念公園として一般公開されているほか、施設を利用することができます。また、さまざまなイベントが開催されています。 田母沢御用邸 のガイド付き見学や、宮中の装束の着付け鑑賞もあります。

田母沢御用邸 ガイドサービス

田母沢御用邸 電気の配線

電気の配線ということはわかりますがこれもガイドさんに説明していただいたらもっといいのにと思いました。

4月から11月の毎週土曜日、田母沢御用邸の中をガイドさんに説明してもらって見学することができます。 田母沢御用邸 の中は当時の皇室のお部屋を忠実に再現しているのでガイドさんに説明してもらった方が本当にわかりやすいと思います。ちょっとしたエピソードも交えながら説明してくださるのでお勧めです。
時間は午前10時半~と午後は2時半からです。

田母沢御用邸 ~皇后御学問所特別公開

田母沢御用邸 に大正天皇とご一緒にご静養された亭明皇后は赤坂御所で花梨を植えられました。

亭明皇后が植えられた赤坂御所の花梨は見上げるほど、大きく育っていて秋になると山のような実をつけます。

大正天皇のお后様の「貞明皇后」の御学問所が4月15日(火)から5月6日(火)まで特別公開されます。この建物は現在の天皇陛下が第2次世界大戦のときに日光に疎開された時にご使用になられた建物です。
貞明皇后はとても家庭的なお方で赤坂の御所にいらしたときに「花梨」の木をお植えになり、花梨のシロップなどをお作りになられたそうです。今でもその花梨の木は赤坂の御所にあり、秋になると大きな実をたわわに実られています。

田母沢御用邸 で宮中の衣装の再現

5月10日(土)、 田母沢御用邸 で「平安宮中の雅な世界~十二一重着付け実演」が行われます。午前十時からです。

田母沢御用邸 で宮中の衣装の展示会

田母沢御用邸 邸内の様子。ガイドツアーに行けばもう少し詳しくわかるので、ガイドツアーはお勧めです。

十二単を着た女官たちがいらっしゃったらタイムスリップしたかとびっくりしますよね。

5月10日(土)から6月1日(日)まで 田母沢御用邸 で「十二一重・東宮束帯展示」があります。華やかな平安時代の皇族や貴族の方のお衣装を見学することができます。

関連記事

  1. 徳川家康公没後400年を迎える400年忌

    徳川家康公 400年回忌

    徳川家康公 400年回忌徳川家康 公は1616年4月17日に亡くなりました。2015年(平成27…

  2. 日光の観光ガイドですが、英語と日本語で書かれています。

    日光ガイドブック ー英語と日本語で楽しむ日光

    英語と日本語で楽しむ日光世界遺産に指定されている日光山内にある神社仏閣から奥日光の自然まで日光の…

  3. 日光二荒山神社の楼門は勝道上人の男体山登頂記念事業です。

    神社について

    運気向上 につながる神社(じんじゃ)とは運気向上 につながる神社とは神々を祀るために建てられた建…

  4. 神仏分離と廃仏毀釈運動のあおりで日光の貴重な文化財(特に仏教的施設)は壊滅的被害を受けていました。そこで、日光の貴重な財産を守るために明治天皇に直訴した人が落合源七と巴快寛です。二人の功績をたたえて日光総合会館の玄関に石碑が立っています。

    落合源七の碑

    神仏習合から神仏分離へ明治政府は1868年4月5日、日本の宗教は「神道」だとして、今までのよ…

  5. 世界遺産の施設を使っての結婚式はきっと思い出に残ると思います。

    神橋は結婚式の時に渡れます。

    結婚式で神橋を渡る神橋は観光で渡ることができますが、途中までなんです。結婚式の時は渡ることが…

  6. 金剛桜

    金剛桜金剛桜 は三仏堂(さんぶつどう)の前に咲いている桜の木です。樹齢500年以上という老木です…

  7. 紅葉シーズンになると、どうしても渋滞してします「いろは坂」です。混んでない時は日光市まで20分くらいで到着できますが、ひどいときは2時間くらいかかる時もあるそうです。

    渋滞を避けて関越道

    奥日光は冬支度の真っ最中!昨日、玄関のポストに電気料金のお知らせが入っていました。昨年の9月に比…

  8. 400年式年例大祭 3日目

    日光観光ライブ情報局さんの動画です。…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP