立木観音(たちきかんのん)

立木観音(たちきかんのん)の由来

なぜ、立木観音というのかというと、最初に作られたときに根っこのある、立っている木に彫ったから「立木観音」というそうです。(日光山中禅寺だけではないそうです。)
左右の手は寄木細工になっているそうです。立木観音は日光では現存する仏像の中でも最も古い仏像になります。

日光山中禅寺の本堂に祀られています。

日光山中禅寺では本堂でお寺や立木観音さまについて説明を受けることができます。私が行った時はすいていたので、5分くらい待つと順番が回ってきて本堂に入ることができました。

午歳特別結縁巡礼

2014年は坂東観音様の「午歳特別結縁」の年にあたっているので、御開帳や結縁ができる特別な年にあたります。
ご本尊様をしまっているお寺では12年に一度の御開帳を行い、間近に観音様とご対面ができます。

立木観音様と直接、手を結ぶことができます。

日光山中禅寺では観音様はいつでもお会いできるありがたい観音様ですが、2014年は12年に1度の特別な年なので、観音様に5色の紐が結ばれています。観音様と直接手を結んでお願いすることができます。
綱の色は、赤・青・黄いろ・紫色・緑色の5色です。お寺のお坊さんに色の違いを尋ねましたが、別段なく、「すべての紐に触って、観音様にお願いしてください」という事でした。
観音様と手を握ることによって、良いエネルギーを最大限いただけるそうです。

12年に1度の特別な年を記念して作られたお守りです。観音様と直接手を結んだ5色の紐にちなんで作れれています。

12年に1度の特別な年を記念して作られたお守りです。観音様と直接手を結んだ5色の紐にちなんで作れれています。

2014年はぜひとも、日光山中禅寺を含め、観音様にお詣りしてください。きっと、運気が開けます。
また、12年に一度という事で特別にお守りが用意されていました。願いを込めて、触っていると、文字の色が青から緑、緑から黄色に変化するものや、5色の紐を意味するミサンガのようなものもあります。

立木観音も1902年の大洪水で流されました。

1902年の大洪水で中禅寺湖に沈んだ立木観音1902年の大洪水で一度は中禅寺湖に沈みましたが、なんと不思議なことに奇跡的に浮き上がったそうです。そして浮いてきた場所が「歌が浜」だったことから、日光山中禅寺は最初の男体山ふもとの二荒山神社と同じ場所から、現在の歌が浜の地にうつりました。

関連記事

  1. 「運試しの鳥居」は石鳥居の穴の中に小石を3回投げて、その日の運勢を占います。

    運試しの鳥居

    運試しの鳥居 (うんだめしのとりい)滝尾神社の楼門の手前に石の鳥居があります。鳥居の真ん中に…

  2. 2代将軍徳川秀忠公の頃から、2時間ごとに鐘を鳴らして時刻を告げていたそうです。

    鐘楼(日光山輪王寺)、黒門(くろもん)

    鐘楼(しょうろう)鐘の音 は日光山内に響き渡ることでしょう。輪王寺の鐘楼は三仏堂の左側にあ…

  3. 江戸時代までは将軍しかいくことができなかった奥宮に通じる門なので、「開かずの門」とも言われていました。

    坂下門

    坂下門日光東照宮東回廊にある眠り猫と通り過ぎると正面に「 坂下門 」があります。その 坂下…

  4. 日光開山の祖「勝道上人」のお墓は、この開山堂の裏手にあるものだけでなく、中禅寺湖にある上野島こうづけじまと、竜頭りゅうずの滝近くの瑠璃ガ壺(るりがつぼ)の3か所に分骨してあるそうです。

    勝道上人のお墓

    勝道上人のお墓日光山を開いたといわれている勝道上人は817年3月1日に亡くなりました。男体山…

  5. 花石神社

    花石神社

    花石神社由来 日光開山の祖「勝道上人」が蓮華石に座って日光連山を遥拝して18神を祀ったそうです。…

  6. 日光東照宮の神厩舎(しんきゅうしゃ)は神馬のいる場所です。猿は馬の守り神だそうです。

    神厩舎

    神厩舎(しんきゅうしゃ)神厩舎(しんきゅうしゃ)と言っても、ほとんどの人はピンときませんが、…

  7. 滝尾神社が多くの修験者僧でにぎわっていたころ、このあたりには僧侶の庵や修行場が建てられていました。今では看板が残っているだけです。

    別所跡

    別所跡東照宮より前の日光の時代は山岳信仰の聖地として、特に滝尾神社のあたりが賑わっていました…

  8. どこの神社にも「運試し」があります。二荒山神社の神苑の中にあるのが「運試しの輪投げ」です。

    運だめし の輪投げ

    運試しの輪投げ「 運だめし の輪投げ」は日光二荒山神社の大国殿のそばの「輪投げ」の事です。誰…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP