手掛け石

手掛け石(てがけいし)

手掛け石 (てがけいし)とは、昔、滝尾神社のご祭神の田心姫命(たごりひめのみこと)がお手をかけた石なので、手掛け石というそうです。北野神社をお参りした後に、この石をなでると字が上手になるといわれています。また、その石を少し、かいて神棚に飾ると学問ができるようになるとも言われています。

田心姫命(たごりひめのみこと)

北野神社のお参りの後になでると字がきれいになるといわれています。

北野神社のお参りの後になでると字がきれいになるといわれています。

田心姫命(たごりひめのみこと)は二山神社のご祭神、大己貴命(おおなむちのみこと)つまり、大国主命(おおくにぬしのみこと)の妃です。
滝尾神社は弘法大師空海がこの滝尾のあたりで修業していた時に竜穴のあたりから女神が現れたそうです。そこでその地にお堂を立てて、田心姫命(たごりひめのみこと)を祀ったそうです。それが、滝尾神社の始まりです。

パワーがたくさん

樹齢も何百年もあり、人も少ないので、「気」が乱れることなく体の奥深く入ってきます。

樹齢も何百年もあり、人も少ないので、「気」が乱れることなく体の奥深く入ってきます。

このあたりの杉の木は樹齢も何百年のものがたくさんあり、根もとは苔むしています。このような木のそばには「良い気」がたくさん出ているので、ゆっくり歩きながら、「よい気」を体の中に取り込むようにゆっくり歩きましょう。

関連記事

  1. 日光奉行所は3代将軍徳川家光公の側近「梶定良」の屋敷を奉行所にしていました。江戸幕府が終わり、明治政府になった時に建物も取り壊されてしまったそうですが、金谷ホテルの武家屋敷のように残っていれば一般公開できたのに残念です。

    日光奉行所

    日光奉行所日光奉行所 は3代将軍徳川家光の家臣「梶定良」のお屋敷だったそうです。梶定良は滝尾…

  2. この先は滝尾神社という、神様の領域に入っていくので不浄はいけませんという石碑です。

    大小便きんぜい

    大小便きんぜいの碑滝尾神社へ向かう石畳を歩いていくと「大小便きんぜいの碑」という文字が刻まれ…

  3. 松尾芭蕉は1689年(5代将軍綱吉の時代)江戸を出発し、日光を通って東北、北陸を回って江戸にもどってきて、「奥の細道」という旅行記を書きました。日光には松尾場所が読んだ俳句の句碑がいくつか残されています。

    松尾芭蕉 句碑

    大日堂跡の句碑「あらたうと青葉若葉の日の光」 『日光山はなんと、尊いことだろう。日の光があん…

  4. 男体山登頂を目指していた勝道上人が道に迷っていたらお地蔵さまがでてきて導いてくれたという場所です。

    空烟地蔵

    空烟地蔵行者堂から坂道を下っていくと、3代将軍徳川家光公の霊廟、大猷院に到着します。その手間…

  5. 日光の七不思議に数えていいかと思いますが、こちらは勝道上人のお弟子さんのお墓ですが、移転しようとすると事故が起きることが何度も起きたので移転はあきらめてここにおいてあるそうです。

    教旻僧都の墓

    教旻僧都の墓(きょうびんそうずのはか)日光東照宮新社務所のすぐそばに勝道上人十大弟子のひ…

  6. 日光植物園の近く、国道120号線上を挟んで日光植物園の反対側あたりに「夜泣き石」はあります。日光の「夜泣き石」は夜泣きする赤ちゃんを連れて行ってお願いすると赤ちゃんの夜泣きが泊まるというものです。

    夜泣き石

    夜泣き石 (よなきいし)「夜泣き石」という検索キーワードで検索すると、全国各地の「夜泣き石」…

  7. 牛石 は石に変えれれてしまった「牛」の事です。

    牛石

    女人近世(にょにんきんせい)神社・寺院・霊場・修行場などで、女性の出入りを禁じたものです。日光では山…

  8. 徳川家康公の側室、お六の方のお墓と水戸頼房の母、英勝院のお墓があります。もとは水戸藩の僧坊があり、松尾芭蕉も日光に来た時に宿泊しています。

    養源院 跡

    養源院跡(ようげんいんあと)養源院 跡というのは、徳川家康公の側室「お六の方」( 陽源院…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP