手水舎

手水舎

手水舎 (てみずしゃ)


手水舎 とは手を洗う場所の事です。神社やお寺に参拝すると、必ず門をくぐったあたりに手を洗う場所があります。それが 手水舎 (てみずしゃ)です。水盤舎(すいばんしゃ)とも言うそうです。昔は川や湧水でした。二荒山神社は神門をくぐって左手「親子杉」のそばにあります。清めるには作法があります。

手水舎 で清める方法


一応、順番としては

  1. 左手をあらう。

  2. 右手をあらう。

  3. 左手で水をうけて、その水で口をすすぐ。

  4. 左手をもう一度あらう。

  5. 柄杓に水をくんで、柄杓の柄に水が伝わるような感じに柄杓をまっすぐにたてて柄杓を洗う。

  6. その前後に一礼をする。


手水舎 で手を洗う意味


「身を清める」という言葉がありますが、 手水舎 というのは「身を清める」ことの簡易版です。
日頃、えらい人に会うときなど「身を清めていかなきゃ」なんて言うことありますよね。
まさに、神様にお会いするわけですから、神社に入る前は身を清めなければならないのです。
昔、神様は山の奥深くにいらっしゃいました。だから、聖域に入る前に泉や川で身を清めてから入りました。今でも、皇室の方々は、「かしこどころ」に訪れるまえに身を清めて装束も改めているそうです。