手水舎

手水舎 (てみずしゃ)

手水舎 とは手を洗う場所の事です。神社やお寺に参拝すると、必ず門をくぐったあたりに手を洗う場所があります。それが 手水舎 (てみずしゃ)です。水盤舎(すいばんしゃ)とも言うそうです。昔は川や湧水でした。二荒山神社は神門をくぐって左手「親子杉」のそばにあります。清めるには作法があります。

手水舎 で清める方法

一応、順番としては

  1. 左手をあらう。
  2. 右手をあらう。
  3. 左手で水をうけて、その水で口をすすぐ。
  4. 左手をもう一度あらう。
  5. 柄杓に水をくんで、柄杓の柄に水が伝わるような感じに柄杓をまっすぐにたてて柄杓を洗う。
  6. その前後に一礼をする。

手水舎 で手を洗う意味

「身を清める」という言葉がありますが、 手水舎 というのは「身を清める」ことの簡易版です。
日頃、えらい人に会うときなど「身を清めていかなきゃ」なんて言うことありますよね。
まさに、神様にお会いするわけですから、神社に入る前は身を清めなければならないのです。
昔、神様は山の奥深くにいらっしゃいました。だから、聖域に入る前に泉や川で身を清めてから入りました。今でも、皇室の方々は、「かしこどころ」に訪れるまえに身を清めて装束も改めているそうです。

日光二荒山神社に関する他の記事

関連記事

  1. 春と秋の例大祭の時に、徳川家康公のお神輿は「 御旅所 」まできます。

    御旅所

    御旅所(おたびしょ)御旅所(おたびしょ)とは、お祭りなどでお神輿を求刑させたり、宿泊させたりする…

  2. 日光には面白い風習がたくさんあります。「福銭貸」と言ってお正月に外山毘沙門天にお詣りをして事業の軍資金をお借りして翌年には借りたお金の倍を返して、また1年間の商売のお金を借りてくるというものです。証文などは取らずに「信用貸し」だそうです。一度、行ってみたいと思っていました。実際に行ってみるとやっぱり、ただじゃお金は借りられません。すごい山道を登ってやっと頂上につきます。

    外山毘沙門天 (とやまびしゃもんてん)堂

    外山毘沙門天 ―行ってみるとすごいところだった外山(とやま)は日光東照宮の鬼門にあたります。…

  3. 日光東照宮の神與舎(しんよしゃ)には神様の乗り物「お神輿」を保管してあります。天井に天女の絵が書いてあって「ささやき」が聞こえるそうです。一度、聞いてみたいです。

    神與舎

    神輿舎陽明門を入ると左側に「神輿舎(しんよしゃ)」という3基の御神輿(おみこし)が納められて…

  4. 江戸時代までは将軍しかいくことができなかった奥宮に通じる門なので、「開かずの門」とも言われていました。

    坂下門

    坂下門日光東照宮東回廊にある眠り猫と通り過ぎると正面に「 坂下門 」があります。その 坂下…

  5. 日光開山の祖「勝道上人」が一番最初に建てたという「四本龍寺」ですが、今では「観音堂」「三重塔」が残るだけです。

    四本龍寺

    四本龍字(しほんりゅうじ)「 四本龍寺 (しほんりゅうじ)」は日光開山の祖「勝道上人」が大谷…

  6. 日光二荒山神社の社務所。ご祈祷の受付、御朱印の受付などはこちらの入り口から入れます。

    社務所

    社務所 (しゃむしょ)社務所とは神社の事務所にあたります。神社における様々な事務作業を行う場…

  7. 唐門の昼の警備担当

    唐門

    唐門 (からもん)「唐門 とは屋根に唐破風(からはふ)を持つ門のことです。唐破風(からはふ)…

  8. 日光東照宮の中でも、「眠り猫」と同じくらい有名な「龍」が薬師堂の「鳴き竜」です。薬師堂も仏教的建物なので、日光東照宮の中にありますが、管轄は輪王寺です。

    鳴き竜 の音色

    鳴き竜(なきりゅう)薬師堂(本地堂)の天井には有名な「 鳴き竜 」がいます。龍のお顔の下で…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP