手水舎

手水舎 (てみずしゃ)

手水舎 とは手を洗う場所の事です。神社やお寺に参拝すると、必ず門をくぐったあたりに手を洗う場所があります。それが 手水舎 (てみずしゃ)です。水盤舎(すいばんしゃ)とも言うそうです。昔は川や湧水でした。二荒山神社は神門をくぐって左手「親子杉」のそばにあります。清めるには作法があります。

手水舎 で清める方法

一応、順番としては

  1. 左手をあらう。
  2. 右手をあらう。
  3. 左手で水をうけて、その水で口をすすぐ。
  4. 左手をもう一度あらう。
  5. 柄杓に水をくんで、柄杓の柄に水が伝わるような感じに柄杓をまっすぐにたてて柄杓を洗う。
  6. その前後に一礼をする。

手水舎 で手を洗う意味

「身を清める」という言葉がありますが、 手水舎 というのは「身を清める」ことの簡易版です。
日頃、えらい人に会うときなど「身を清めていかなきゃ」なんて言うことありますよね。
まさに、神様にお会いするわけですから、神社に入る前は身を清めなければならないのです。
昔、神様は山の奥深くにいらっしゃいました。だから、聖域に入る前に泉や川で身を清めてから入りました。今でも、皇室の方々は、「かしこどころ」に訪れるまえに身を清めて装束も改めているそうです。

日光二荒山神社に関する他の記事

関連記事

  1. 日光二荒山神社中宮祠、唐門のところのおみくじが一番当たるといつも子供たちが引いています。

    中宮祠唐門

    二荒山神社 中宮祠唐門中禅寺湖湖畔、男体山のふもとに位置する神社です。日光開山の祖「勝道上人」が…

  2. 源泉の奥に温泉寺の建物が見えます。温泉寺ではその名の通り、温泉に入ることのできるお寺です。

    温泉寺で温泉

    温泉寺(おんせんじ)「日光山 湯元・ 温泉寺 」(おんせんじ)は、世界遺産「日光山 輪王寺」(に…

  3. 片手で笹を結ぶことができると思っている人と結婚できるという言い伝えがあるので、縁結びというと恋人どおしを連想しますが、「良縁」とは恋人に限らず、様々な場面の縁を結んでくれるのが二荒山神社、滝尾神社のパワーだそうです。

    縁結びの笹

    縁結びの笹「縁結びの笹」は神社の建物の間に植わっています。石の塀に囲まれて「縁結びの笹」の看…

  4. ナナと温泉神社へ

    温泉神社

    温泉神社温泉神社は温泉を祀る神社で、日本は火山があちこちにあり、全国各地に温泉があるので…

  5. 恒例山(こうれいさん)から湧き出る泉と滝尾神社近くの天狗沢から湧き出る泉が一緒になった「二荒霊水」

    二荒霊水

    二荒霊泉(ふたられいすい)「 二荒霊水 」は滝尾神社境内に湧く「酒の泉」と恒霊山から湧く「薬…

  6. 徳川家光公の後と追って、自殺した家臣や、徳川幕府の忠臣だった人のお墓が並んでいます。

    殉死の墓

    殉死の墓殉死の墓 は徳川家康公の後を追った家臣や徳川家光公の後を追った家臣の墓です。江戸時代…

  7. 湯の湖湖畔の紅葉

    清滝神社

    清滝神社(きよたきじんじゃ) 820年、弘法大師が日光に来た際に、この地に小さな祠を建てて「金毘…

  8. 日光東照宮は神社なので、本来は表門はないのですが、江戸時代までは神仏習合だったので神社にも、お寺にも「表門」がありました。

    表門

    日光東照宮の石鳥居を過ぎると「表門」があります。 表門は左右に「阿吽」の 仁王像 を安置しているので…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP