天空の足湯

足湯(あしゆ)

足湯とは、足だけ温泉につかることです。靴下だけ抜けば温泉に入れるので、温泉街などに設置されていることが多いです。日光湯元温泉にも「あんよの湯」という足湯があります。「天空の足湯」は日光白根山ロープウェーの山頂駅にあるので、標高2000メートルもあります。標高の高い足湯ベスト10とか探してみたら、きっとベスト3には入るのでは思います。

「天空の足湯」

天空の足湯につかる3人。ここは、電波の環境がとても良くて、Wi-Fiが繋がりやすいです。

天空の足湯につかる3人。ここは、電波の環境がとても良くて、Wi-Fiが繋がりやすいです。

日光白根山ロープウェーで山頂につくと、さらに坂道を上って一段と高い場所に「天空の足湯」があります。温泉は「座禅温泉」だそうです。丸沼高原スキー場の源泉から湧き出している温泉をくみ上げて足湯にしているそうです。泉質は透明なナトリウム・カルシウム座禅温泉です。
「天空の足湯」にはタオルなどはないので、ご自分でご用意するか、「山頂喫茶しらね」でお買い求めください。

天気が変わりやすい

この日は下は暖かかったのですが、山頂駅は風が強くて寒くて寒くて、なかなか出られませんでした。

この日は下は暖かかったのですが、山頂駅は風が強くて寒くて寒くて、なかなか出られませんでした。

標高2000メートルは天気が変わりやすいです。ロープウェーのふもとでは晴れていても「天空の足湯」がある山頂駅では風がビュービュー吹いて、曇っているなんてことはよくあります。
特に午後から天気が変わりやすいのでしょうか?しかも、標高が高いので気温差もとってもあって、10月の初めごろに行ったときは寒くて足湯から、なかなか出られませんでした。

関連記事

  1. 明治の後半から昭和初期まで夏になると大使館の業務は中禅寺湖畔に移動するといわれるほど、各国の大使館別荘が並んでいました。

    イタリア大使館別荘

    イタリア大使館別荘明治になって外国の方大勢、日本に訪れるようになると、中禅寺湖湖畔はその風景…

  2. アーネストサトウの別荘だったものをその後イギリス大使館別荘として使用しています。

    英国大使館別荘記念公園

    国際避暑地日光明治の幕開けとともに、日光は大きく変わりました。特に明治の半ばからは多くの外国…

  3. 中禅寺湖畔のあるボートハウス。中禅寺湖は昭和の初めまで外国の避暑地として賑わっていました。中禅寺湖畔の別荘にはボートがつきものです。

    ボートハウス

    ボートハウス「日光好き」を自慢している私ですが、ひとつだけ残念に思うものがあります。それは…

  4. 中禅寺湖には明治になるまで魚は住んでいませんでいた。さかなと森の観察園では中禅寺湖に魚がすむようになった過程がわかります。

    さかなと森の観察園

    さかなと森の観察園龍頭の滝のそばに「 さかなと森の観察園 」という公共施設があります。中禅寺湖…

  5. 日光湯元ビジターセンターでは、奥日光の自然を触れ合えるようなイベントがたくさんあります

    日光湯元ビジターセンター

    日光湯元ビジターセンター日光湯元ビジターセンター は1994年に奥日光の情報を発信す…

  6. 日光湯元温泉にある足湯は「あんよの湯」という可愛いネーミングです。子供たちが小さい頃にできました。「あんよの湯」の底の石がデコボコになっているところがあって、歩くと足裏マッサージのような効果があります。泉質は日光湯元温泉なので、白く白濁した単純硫黄泉です。

    あんよの湯

    あんよの湯「 あんよの湯 」も「天空の足湯」と同じように無料です。ですが…

  7. 大正天皇の為に日光田母沢御用邸は作られました。1899年(明治32年)から3代にわたる天皇・皇太子が利用しました。現在は公園とともに、建物も一般公開されています。

    日光田母沢御用邸

    日光田母沢御用邸(にっこうたもざわごようてい)日光田母沢御用邸記念公園 は1899年(明治3…

  8. 日光自然博物館では自然に触れあえるイベントの他、管内では夏休みの宿題に役立ちそうな展示物がたくさんあります。

    日光自然博物館

    日光自然博物館日光自然博物館 は中禅寺湖のすぐそばにあります。明智平を過ぎて更にまっすぐに進…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP