灯籠 (とうろう)

日光東照宮の石 灯籠

日光東照宮の境内にはあちこちに「灯籠(とうろう)」があります。 灯籠 の数は全部で121もあるそうです。
すべて、当時の諸大名の奉納によるものだそうです。しかも、奉納者の身分によって奉納する灯籠の場所が決まっていたそうです。今でも、そのような事はありますよね。

陽明門に上がる階段の右横の鉄灯籠

伊達政宗はポルトガルから鉄を輸入して作った「南蛮鉄灯籠」

伊達政宗はポルトガルから鉄を輸入して作った「南蛮鉄灯籠」

陽明門に上がる階段に右横にある鉄製の灯籠は「伊達政宗」が奉納したものです。「南蛮鉄灯篭」と呼ばれています。
伊達政宗は戦国時代最後の武将という感じの人物ですが、徳川の時代になってしまっては伊達家を守ることに専念したのでしょう。伊達家は外様大名の中でも将軍家降嫁のある特別扱いされています。

回転灯篭と釣灯篭

オランダから奉納された回転灯籠。

オランダから奉納された回転灯籠。

陽明門のすぐ前には回転灯篭があります。こちらはオランダから奉納されたものです。オランダからの奉納だったせいか、葵の紋が逆さになっています。戦国時代が終わっていてよかったという感じです。豊臣秀頼は、京都の方広寺に釣鐘を奉納した時に「国家安康」の文字を刻んだら、「家康」を呪っている難癖をつけられて「大阪夏の陣」が始まりました。オランダからの回転灯籠は葵の紋が逆さになっているにも関わらず、無事に受け取ってもらっています。
回転灯篭のそばには八角形の建物の中に「釣灯籠」があります。

黒田長政夫人、奉納の 石灯籠

左側、二つの石灯籠が黒田長政夫人、栄姫奉納の石灯籠。

左側、二つの石灯籠が黒田長政夫人、栄姫奉納の石灯籠。

上神庫の前に黒田長政夫人が奉納した石灯籠があります。黒田長政は2014年のNHK大河ドラマ「軍師 官兵衛」のお子さんです。東照宮の石鳥居の奉納した時と同じときに奉納したそうです。ご婦人で 石灯籠 を奉納した方は他にはいないそうです。黒田長政夫人「栄姫」は黒田家には徳川家康の養女という身分で嫁いでいるので東照宮の 石灯籠 の奉納も許されたのでしょう。

日光東照宮に関する他の記事

関連記事

  1. 大猷院殿の拝殿に上がると係の僧侶が大猷院殿の文化的・歴史的なレクチャーをしてくれます。

    大猷院の拝殿

    大猷院殿の拝殿大猷院の拝殿と本殿は相の間でつながっていて「工」の字型に三つの建物が並んでし…

  2. 逍遥園は京都からいらした宮様の為に作られました。逍遥園のお庭を散策されて京都を思い出していたでしょうか。

    逍遥園

    逍遥園 (しょうようえん逍遥園 (しょうようえん)は江戸時代に作られた庭園です。池が真ん中にあっ…

  3. 若子神社(じゃっこじんじゃ)は、もともとは寂光寺というお寺でした。江戸時代まではとても賑わっていました。ですが、明治政府の出した神仏分離令で廃寺となり、その代わりに「若子神社」となりました。寂光の滝がすぐそばにあります。

    若子神社

    寂光寺について寂光寺は弘法大師空海が開いたといわれています。弘法大師空海が滝尾神社を開いた後…

  4. 日光開山の祖「勝道上人」が一番最初に建てたという「四本龍寺」ですが、今では「観音堂」「三重塔」が残るだけです。

    四本龍寺

    四本龍字(しほんりゅうじ)「 四本龍寺 (しほんりゅうじ)」は日光開山の祖「勝道上人」が大谷…

  5. 正式名称は「観音堂」といいます。また、「香車堂(ぎょうしゃどう)」とも言います。鳥居がありますが、これも神仏習合の流れで輪王寺の管轄です。10月18日の観音様の縁日には輪王寺の僧侶による法要があります。

    産の宮

    産の宮(さんのみや)観音堂とも呼ばれています。開山堂の左に位置しています。朱塗りの建物で、石…

  6. 日光東照宮の本社とは、拝殿 、石の間、本殿の3つの建物を本社と言います。

    本社

    本社(ほんしゃ)拝殿 、石の間、本殿の3つの建物を本社と言います。東照宮本社は 拝殿 (はい…

  7. 大猷院殿の仁王門(いちばん外側にあるもんです。)寺院には仁王像が置かれた「仁王門」があることが多いです。

    仁王門

    大猷院の仁王門仁王門 は大猷院の受付の向こう側にあります。東照宮の「表門」にあたります。仁…

  8. 江戸時代までは将軍しかいくことができなかった奥宮に通じる門なので、「開かずの門」とも言われていました。

    坂下門

    坂下門日光東照宮東回廊にある眠り猫と通り過ぎると正面に「 坂下門 」があります。その 坂下…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP