日光東照宮美術館

日光東照宮美術館 は旧社務所でした。

日光東照宮美術館は以前は東照宮の社務所でしたが、1995年に新社務所が建設された後、1997年に旧社務所と朝陽閣(ちょうようかく)を美術館として公開しました。日光東照宮美術館の入口は唐門作りの重厚な構えです。中には旧社務所の杉と、襖、掛け軸など東照宮の美術品が公開されています。

日光東照宮美術館の情報

日光東照宮美術館は年中無休で朝8時から夕方17時まで開園しています。詳しい事は日光東照宮美術館にお問い合わせください

日光東照宮美術館アクセス

表門の右横に入る道があって、まっすぐに進むと東照宮美術館に行かれます。

表門の右横に入る道があって、まっすぐに進むと東照宮美術館に行かれます。

日光東照宮美術館の行き方ですが、境内の中の大きな駐車場の奥の道から入ると正面玄関に到着します。また、日光東照宮の表門、右手に奥に入っていく小道がありますので、その道を入ると突き当りに日光東照宮美術館の入り口があります。正面玄関ではありませんが、この行き方は意外とわかりやすいかもしれません。

日光東照宮に関する他の記事

関連記事

  1. 親地蔵御首(おやじぞうおんくび)というのは1902年(明治35年)の大洪水で流されてしまったお地蔵さまの首です。大谷川の川底に沈んでいるのを地元の人が見つけて助け出しました。今では浄光寺の境内に祀られています。

    親地蔵御首

    憾満が淵の地蔵群憾満が淵の地蔵群、「化け地蔵」、「並び地蔵」、「百地蔵」などの名前がついてい…

  2. 釈迦堂の近くに、赤い建物(お堂)があります。延命地蔵尊と呼ばれる像が収められています。一般的に「延命地蔵尊」とは新しく生まれた命を守り、その寿命を延ばしてくれる地蔵尊です。短命・若死を免れるために信仰されています。

    延命地蔵堂

    延命地蔵堂釈迦堂近くにある赤いお堂は「延命地蔵堂」と呼ばれています。中には「延命地蔵尊」とい…

  3. 日光二荒山神社の手水舎で手を洗います。神様の領域に入るためには身を清めることから始めます。

    手水舎

    手水舎 (てみずしゃ)手水舎 とは手を洗う場所の事です。神社やお寺に参拝すると、必ず門をくぐ…

  4. 慈雲寺(じうんじ)は1654年に晃海僧正によって建立されました。ちょうど、4代将軍家綱の治世になってしばらくしたころです。

    慈雲寺 (じうんじ)

    慈雲寺慈雲寺 (じうんじ)は1654年に天海僧正の4人の弟子の一人、晃海僧正によって建立され…

  5. 陽明門を出て、右に曲がると「鳴き竜」で有名は薬師堂の建物があります。

    薬師堂

    薬師堂 は薬師如来を祀っているので「 薬師堂 」陽明門を出て、右に進むと鼓楼の先に 薬師堂 …

  6. 御水屋 は聖域に入る前に身を清める為に、昔は川や湧水を利用していました。

    御水屋

    御水屋(おみずや)参拝者が手と口を清める場所を御手洗(みたらし)、手水所(ちょうずどころ)、…

  7. 四天王のうち、「持国天」と「広目天」を配置している「二天門」と呼ばれています。入り口は強い神様で守る必要があるんですね。

    二天門(にてんもん)

    二天門(にてんもん)二天門 (にてんもん)とは、四天王のなかで「持国天(じこくてん)」と「広…

  8. 弘法大師空海が修業していたら、女神が現れたという「影向石(ようごうせき)」

    影向石

    影向石 (ようごうせき)「影向石」とは820年に空海がこの地で祈っていたら、美しい女神が現れ…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP