馬返し (うまかえし)

「 馬返し (うまかえし)」とはいろは坂の入口付近

「 馬返し (うまかえし)」とはいろは坂の入口付近の事で、そこで乗ってきた馬・牛を降りて馬を返した場所なので「 馬返し 」というそうです。「 馬返し 」は日光だけのことでなくて、高い山々のふもとの地名には「 馬返し 」というところはあちこちにあります。
昭和の中ころまで明智平までケーブルカーがありました。

馬返し のケーブルカー

馬返し から明智平まで昔はケーブルカーがあったそうです。いよいよスイスなどの山岳地帯みたいな感じがします。利用者が少なかったのでしょうか、廃止になってしまっています。廃線になった後をハイキングしている方のサイトがありました。

馬返し の旅館

明治の初めのころは 馬返し のところに「旅館」があったそうです。明治天皇が明治9年に中宮祠に行った時も馬返しで休憩して上ったそうで「明治天皇馬返し御小休」という石碑があるそうです。当時はどうやって上ったのでしょうか?急過ぎて馬も牛も登れないので、徒歩でしょうか?
明治の初めに日本に滞在していた「ジョルジュ・ビゴー」の絵に当時の 馬返し の様子が描かれています。

関連記事

  1. 男体山登頂を成功させた後に日光開山の祖「勝道上人」は日光湯元温泉を発見しました。そして薬師如来を祀りました。温泉としての効果も絶大で、その後多くの人が日光湯元温泉に湯治にきました。現在では湯の湖での釣りをはじめ、スキー場もあり、温泉だけでなく奥日光の観光地として人気があります。

    日光湯元温泉

    日光湯元温泉湯元温泉 は日光開山の祖「勝道上人(しょうどうしょうにん)」が男体山登頂に成功し…

  2. 私たちのほかは誰もいない静かな西の湖。ここでは鳥のさえずり、風が湖を渡る音など自然の音しか聞こえてきません。

    西の湖

    西の湖(さいのこ)西の湖が干上がっているのでいつもは行かれないところまで行かれました。…

  3. 湯の湖は水も綺麗ですが、水面があまり波立たないので山が紅葉すると鏡のように映ります。

    湯の湖

    湯の湖(ゆのこ)湯の湖 は三岳が噴火して、その三岳溶岩が湯川を堰き止めてことで出来上がっ…

  4. 裏見の滝

    裏見の滝

    裏見の滝は、大谷川の支流「荒沢川(あらさわがわ)」の上流にあります。国道120号線から脇道に入…

  5. 小田代が原展望台 からは「貴婦人」が真正面に見えるので、大勢のカメラマンが押し寄せます。「貴婦人」は日光では有名な白樺の木です。多くのカメラマンが「貴婦人」と日光の風景の写真を撮りに小田代が原展望に訪れます。

    小田代が原展望台

    小田代が原展望台小田代が原展望台へはハイブリッドバスで行くこともできますし、もちろん歩いていくこ…

  6. 男体山から噴出した溶岩によって大谷川の流れが堰き止められたり、流れが急に早くなったりしている場所です。昔は「不動明王」が現れる場所とも言われていました。川の流れが不動明王の真言の最後の句「カンマン」と響くことから「憾満が淵」と名付けられました。

    憾満が淵

    憾満が淵憾満が淵は大谷川の見事は景勝と川の流れる音の素晴らしさとが楽しめる場所です。東照宮や…

  7. 湯滝の落ちる様子が上から見れます。

    湯滝2015

    http://youtu.be/pnjN6djtgag参照 : 日光観光ライブ情報局…

  8. あっという間に中禅寺湖と華厳の滝の雄大な景色に到着します。

    明智平ロープウェー

    明智平ロープウェー明智平ロープウェー はあと少しで中禅寺湖に到着するところにあります。レストハウ…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP