馬返し (うまかえし)

「 馬返し (うまかえし)」とはいろは坂の入口付近

「 馬返し (うまかえし)」とはいろは坂の入口付近の事で、そこで乗ってきた馬・牛を降りて馬を返した場所なので「 馬返し 」というそうです。「 馬返し 」は日光だけのことでなくて、高い山々のふもとの地名には「 馬返し 」というところはあちこちにあります。
昭和の中ころまで明智平までケーブルカーがありました。

馬返し のケーブルカー

馬返し から明智平まで昔はケーブルカーがあったそうです。いよいよスイスなどの山岳地帯みたいな感じがします。利用者が少なかったのでしょうか、廃止になってしまっています。廃線になった後をハイキングしている方のサイトがありました。

馬返し の旅館

明治の初めのころは 馬返し のところに「旅館」があったそうです。明治天皇が明治9年に中宮祠に行った時も馬返しで休憩して上ったそうで「明治天皇馬返し御小休」という石碑があるそうです。当時はどうやって上ったのでしょうか?急過ぎて馬も牛も登れないので、徒歩でしょうか?
明治の初めに日本に滞在していた「ジョルジュ・ビゴー」の絵に当時の 馬返し の様子が描かれています。

関連記事

  1. 湯滝(ゆだき)から始まって竜頭の滝(りゅうずのたき)で終わる湯川沿いをハイキングする。

    湯川

    湯川(ゆかわ)湯川 は戦場ヶ原の西側を流れています。湯滝から中禅寺湖湖畔、菖蒲が浜まで全長12.…

  2. 日光白根山ロープウェーに乗って、一気に標高2000メートルの地点まで上がるといろいろなことができます。そのまま、白根山に行くことも、周辺を散策することもできます。白根山散策にはコースが2種類あります。史跡散策コースと自然散策コースです。どちらも白根山登山よりは気軽にできます。

    白根山散策

    白根山散策丸沼高原スキー場のホームページには山頂駅から白根山まで登山する動画、丸沼高原スキー…

  3. 日光市霧降高原キスゲ平園地

    キスゲ平は赤薙山の中腹、標高1,300m~1,600mにかけて広がる高原です。昭和40年に日光市…

  4. 神話の時代に男体山の蛇と赤城山のムカデが中禅寺湖を取り合って戦いを繰り広げた「古戦場」が戦場ヶ原です。今では湿原の植物の宝庫となっています。珍しい植物や野鳥がやってきます。また「ツキノワグマ」も戦場ヶ原の「ズミ」の実が大好きで食べに来るそうです。小田代が原と同様に木道も整備されて歩きやすいです。

    戦場ヶ原

    戦場ヶ原(せんじょうがはら)戦場ヶ原 は男体山の西側にある湿原です。関東でも有数の湿原で、湿原特…

  5. 小田代が原(おだしろがはら)の「田代」というのは「湿原」という意味で、「小」と合わせて「小さい湿原」という意味です。戦場ヶ原よりも小さいという意味でしょう。

    小田代が原

    小田代が原(おだしろがはら)小田代が原 は戦場ヶ原の西に広がる湿原で、広さ的には戦場ヶ原の4分の…

  6. 男体山から噴出した溶岩によって大谷川の流れが堰き止められたり、流れが急に早くなったりしている場所です。昔は「不動明王」が現れる場所とも言われていました。川の流れが不動明王の真言の最後の句「カンマン」と響くことから「憾満が淵」と名付けられました。

    憾満が淵

    憾満が淵憾満が淵は大谷川の見事は景勝と川の流れる音の素晴らしさとが楽しめる場所です。東照宮や…

  7. 日光の低公害バスは一般車両の通行が禁止されている道を走ります。国道以外はどこでも手を挙げると乗り降りできます。奥日光の自然を自動車の排気ガスから守るために1993年から始まりました。赤沼から千手ヶ浜までを結ぶ道路を歩いていると、使われない駐車場などがあり、一瞬「千と千尋」の世界に行ったような錯覚を覚えます。

    低公害バス

    低公害バス国道120号線から小田代が原へはマイカーで行ける道路がありました。ですが、奥日光の紅葉…

  8. 7月になるとあたり一面にニッコウキスゲが咲き乱れます。一時期野生のシカの被害を受けましたが、最近復活してきました。

    キスゲ平

    キスゲ平標高1600メートルの キスゲ平 は遮るもの何もない絶景が広がり、初日の出を見るのには最…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP