裏見の滝

裏見の滝
裏見の滝

裏見の滝は、大谷川の支流「荒沢川(あらさわがわ)」の上流にあります。国道120号線から脇道に入って標識通りに進んでいくと駐車場があります。
1689年(元禄2年)奥の細道に出発した松尾芭蕉が、日光に立ち寄った際に、この滝を見て
「暫くは滝に籠るや夏の初め」という句を詠んでいます。

裏見の滝

滝の裏には不動明王が祀られています。以前は滝の裏側からみれる通路があったそうです。

日光三名爆

華厳の滝
霧降の滝
裏見の滝

荒澤不動尊護摩供養

滝の裏側に、不動明王が祀られていることから、5月28日、10月28日には護摩供養が行われます。

裏見の滝は修験者僧の修行場です。

裏見の滝は滝修行に向いている場所(水量、足元の石の状態)ということで、早朝などは滝修行を行っている修験者僧がいます。

明治以前

明治以前は、寂光の滝と同じように多くの修験者僧などが大勢、修業していたので、茶屋などもあり、にぎわっていたそうです。
今では、滝や周辺の自然を楽しむ観光客がいます。駐車場にはトイレもあります。

裏見の滝 地蔵

明治以前

明治以前の賑わいを取り戻すために日光修験者僧で、毎年5月28日、10月28日荒澤不動尊護摩供養が施されてきました。そこで師の遺徳をたたえ、地蔵尊を建立しました。

裏見の滝
紅葉狩りでにぎわう裏見の滝

関連記事

  1. 赤沼(あかぬま)は男体山の蛇と赤城山のムカデが中禅寺湖を取り合って戦いを繰り広げた中でも、赤城山のムカデの血で真っ赤になったという場所です。現在では、駐車場になっています。また、中禅寺湖の千手ヶ浜に行く「低公害バス」の発着点にもなっています。日光のハイシーズンの時は暗いうちから駐車場が混雑することでも有名です。

    赤沼

    赤沼(あかぬま)赤沼 とは呼んで字のごとく赤っぽい水をした沼だったそうです。神話的にいうと、…

  2. 「華厳の滝(けごんのたき)」は日本の3大名瀑に数えられているだけでなく、日光と奥日光の3大名瀑にも数えられている滝です。落差97メートルを一気に落ちる様は豪快な景色です。日光開山の祖「勝道上人」が発見したといわれていますが、勝道上人も初めて見たときは神の住む山だと確信したことでしょう。

    華厳の滝

    華厳の滝(けごんのたき)華厳の滝 は「日本の三大名瀑」の一つです。残り二つのうち一つは同じく…

  3. 日光の低公害バスは一般車両の通行が禁止されている道を走ります。国道以外はどこでも手を挙げると乗り降りできます。奥日光の自然を自動車の排気ガスから守るために1993年から始まりました。赤沼から千手ヶ浜までを結ぶ道路を歩いていると、使われない駐車場などがあり、一瞬「千と千尋」の世界に行ったような錯覚を覚えます。

    低公害バス

    低公害バス国道120号線から小田代が原へはマイカーで行ける道路がありました。ですが、奥日光の紅葉…

  4. 8月の霧降の滝は緑がいっぱいです。やはり、紅葉の色がたくさんある時期の方が写真としてきれいです。

    霧降の滝

    霧降の滝霧降の滝 は日光の3大名瀑に数えられている有名な滝で、秋には紅葉と一緒に写真を撮るた…

  5. 泉門池の水はとてもきれいです。ベンチもあるので、ちょっと休憩できます。

    泉門池

    泉門池(いずみかどいけ)湯川をさかのぼって、戦場ヶ原探究路をどんどん歩いていくと、泉門池にぶつか…

  6. 男体山から噴出した溶岩によって大谷川の流れが堰き止められたり、流れが急に早くなったりしている場所です。昔は「不動明王」が現れる場所とも言われていました。川の流れが不動明王の真言の最後の句「カンマン」と響くことから「憾満が淵」と名付けられました。

    憾満が淵

    憾満が淵憾満が淵は大谷川の見事は景勝と川の流れる音の素晴らしさとが楽しめる場所です。東照宮や…

  7. 竜頭の滝(りゅうずのたき)は中禅寺湖畔で一番早く紅葉して、その美しさも一番有名です。湯川の出発地点が湯滝(ゆだき)そして終点がこの 竜頭の滝 (りゅうずのたき)と言われています。

    竜頭の滝

    竜頭の滝 (りゅうずのたき)龍頭の滝 は奥日光でも最も早く紅葉する場所としても有名です。湯の…

  8. 大日橋

    大日橋 のおかげで便利になりました。2000年(平成12年)、ウォーキングトレイル事業の一環…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP