縁結び ーよい縁まつり

良い縁まつり

縁結び の神様として有名な「二荒山神社」では、毎年夏から秋にかけて、「良い縁まつり」が開催されます。
短冊がたくさんかかった、大きな輪の中を3回くぐり、「良い縁」を得るとともに、嫌なことは書いて流すのだそうです。
以前、2011年に秋に日光に行った時は悪い事は水に流すという場所が「二荒霊泉」のそばにあって我が家の娘は嫌なことがあったみたいで水に流していました。

縁結び神様 「二荒山神社」のご祭神は

縁結び の神様として有名な二荒山神社の 縁結び の笹はあらゆる縁を結んでくれます。[/

縁結び の神様として有名な二荒山神社の 縁結び の笹はあらゆる縁を結んでくれます。

  • 父なる大己貴命(おおなむちのみこと)
  • 母なる田心姫命(たごりひめのみこと)
  • そして、お子様の味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)

という、家族の神様です。

ですから、 縁結び 、恋愛祈願、家庭円満などのご利益がとても大きな神社です。

また、境内には「縁結びの笹」といって、あらゆる縁を結ぶ笹があります。
「あらゆる縁」を結んでくれるので、商売の縁も結んでくれますので、結婚や恋愛だけでなく商売繁盛を願う方も縁結びの神様「二荒山神社」の良い縁まつりで大きな輪をくぐるそうです。

私も今度行った時はぜひとも、輪を3回くぐり、悪い事は紙に書いて、「悪縁を断ち切って」よい縁を結びたいと思います。

悪縁流し

良縁を得るためには先ず、悪縁を流します。

良縁を得るためには先ず、悪縁を流します。

良い縁を得ようと思ったら、まずは「悪縁」を流すことから始めるとよいそうです。二荒山神社神苑で悪縁を流す場所がありました。面白い発想ですね。でも、確かに悪いものを断ち切らないと良いものが入ってくる余地がありません。毎日の悪い習慣を少し、改めることで良いことってすっと入ってくると思います。

関連記事

  1. 唐門の昼の警備担当

    唐門

    唐門 (からもん)「唐門 とは屋根に唐破風(からはふ)を持つ門のことです。唐破風(からはふ)…

  2. 日光二荒山神社の深淵には八百万(やおよろず)の神々が降りてくる場所があります。

    高天原(神々がおいでになる場所)

    高天原高天原(たかまがはら)とは古事記に記されている神様たちが住んでいらっしゃる場所のことで…

  3. 八幡神社は国道120号線にあります。道路より高い位置にあるので階段を上って「鳥居」をくぐります。ご祭神は誉田別命(ほんだわけのみこと)で「応神天皇」と同一視されています。

    八幡神社

    八幡神社八幡神社 は日光開山の祖「勝道上人」が作りました。別名、「飛石八幡(とびいしはちまん…

  4. 江戸時代までは将軍しかいくことができなかった奥宮に通じる門なので、「開かずの門」とも言われていました。

    坂下門

    坂下門日光東照宮東回廊にある眠り猫と通り過ぎると正面に「 坂下門 」があります。その 坂下…

  5. 中禅寺の秘仏。日光開山1250年で初めて公開される。

    中禅寺の秘仏「吉祥天(きっしょうてん)」

    歌が浜の伝説784年に男体山登頂を成功した勝道上人が中禅寺湖に小舟を浮かべと、天女が舞い降り…

  6. この下に徳川家康公が眠っているそうです。徳川埋蔵金も一緒に埋まっているのでしょうか。

    宝塔 (ほうとう)

    宝塔宝塔 には神君家康公の神柩(しんきゅう)が納められています。 宝塔 は最初は木造、後に石…

  7. 現在、慈眼堂(じげんどう)は一般公開されていないので、これより先は入ることができません。

    慈眼堂(じげんどう)

    慈眼堂 (じげんどう)常行堂と法華堂の間に道があります。上り坂になっていて「延命坂(えんめい…

  8. 街灯もあまりない時代でユラユラ灯籠の光が光っていたら切り付けられますよね。

    化け灯籠

    化け灯籠(ばけどうろう)「 化け灯籠 (ばけどうろう)」と呼ばれる灯篭は、唐銅製の灯篭で、日…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP